<< 彫刻屋 近正 の木彫とコヨミ『... 下町ブルース。 >>
大當祈願。
『ピコタン』と勝手に私(エツコ)が呼んでいるこの子たちは、
タテ糸を経てる「整経」という作業のときの副産物。

iwasakiの織物は、整経は全てクニヒサがしております。
整経を終えて最後、裁ちばさみでチョキンと糸の束を切ると・・最初に糸をかけた部分が残ります。
その最初の部分がピコタン。

うっかりすると。
クニヒサは捨ててしまうので、結成当初から私がせっせとゴミ箱までチェックして拾い集めて。
別に何にするでもないのですが、ムショーにカワイイのです(笑)。

ここにあるのは蔵前工房に越してきてからのピコタン。
今は整経台の隣りに(置いた椅子の上に)ブリキ製の繭皿を置いて、その中に。

私たちがちょうど小学生のころ流行ったピコタンは、ガチャガチャのおもちゃで手をつなぐ人型のもの。
このピコタン手はつなげないし、この成りがカワイイから解いて繋ぐつもりもないけど。。。
たくさん集まるとまるで宇宙のようで。
糸屑が星屑たちのように輝きだします。
ああ、確かにこれらの親分たちを織ったんだわ・・・と。
願わくば、この子たちの親分が大當の人気者になりますように。。。

f0177373_21300124.jpg

by senshoku-iwasaki | 2018-11-28 22:02 | 工程
<< 彫刻屋 近正 の木彫とコヨミ『... 下町ブルース。 >>