<< クニヒサが取り掛かっているのは... 昨年末の最中納めは意匠系。六花... >>
1月の小さな増孝商店のお知らせ。
昨年の9月以来の、iwasakiの工房shop「小さな増孝商店」。
来週18(金)・19(土)・20(日)の3日間openいたします。

狭い工房内ですので、数人でいっぱいになるようなスペースですが。。。
最新作や、これから取り掛かるためセットしかけているものや、木枠に巻き始めた糸たち・・・。
現在進行形のiwasakiも感じて頂けましたら幸いです。
f0177373_18421709.jpg
写真は、先日機から下したばかりのショール『sunrise』。
昨年末から今年にかけての日の出です。

たくさんの色で作る「大きな色」は複雑な色。
それは目には見えない時間の色であったり、心の色のようにも。
一刻一刻の時の色のように、心の動きのように一越一越少しずつ変化してゆきます。

平成がもうすぐ終わろうとしています。
そういえば昭和から平成に移る頃、私(エツコ)は郡上で織物を勉強していました。
いつか誰かの心を動かすような織物が作りたいと思っていました。
それは「キレイね~!」なのかなぁ?「ステキね~!」なのかなぁ?「スゴイね~!」なのかなぁ・・?
あれから30年。
不器用だからやめることも出来ずに(笑)。バカだからずっと同じコトを繰り返し考えて。
あぁ、なるほど。
最近ようやく気がつきまして。
キレイだけでもステキだけでもスゴイだけでも違うのかも・・・。
ジョンレノンの「LOVE」が急に聴きたくなりました。

30年かかって少しずつ変化するiwasakiの色。
小さな増孝商店でチョットだけ感じて頂けたら嬉しいです。





by senshoku-iwasaki | 2019-01-11 23:20 | 展示会・お知らせ
<< クニヒサが取り掛かっているのは... 昨年末の最中納めは意匠系。六花... >>