<< 菓匠花見の三越限定「雷音最中」。 年に数回のiwasakiのsh... >>
次作のhands,hands,handsの、まわたつむぎもしています。
hands,hands,handsは、iwasakiのラインナップの中でも最も自家織物色の強い着尺のひとつ。

どうってことない?いやいや、実はどうってことある、ぼやーんと感ある・・・
絣では出ない奥行きのある色味は、こうしてまわたを何色かに染めてからミックスして手つむぎして。
独特のマーブル糸には、今年は金茶が光ります。

今年のiwasakiの隠れ(!?)テーマはゴールド。
2020東京オリンピックも近づいて。
ココロにゴールドを。懸命に生きている全ての人に金メダルを。
iwasaki夫婦がこの世に出てくる5年前に行われた1964東京オリンピック。
ちょうどその頃でしょうか。糸味たっぷり、節糸系紬の黄金時代も。

f0177373_18070942.jpg
この半世紀でどれだけ時代が変わっても。
世界中にどれだけ同じモノが溢れてても。
iwasakiは古今東西、妄想の瞬間移動を繰り返しながら・・・今だからこそ作れる、昔っぽい黄金時代
の手織物を彷彿とさせる、できたらそれ以上の唯一無二の手織物を目指して。
もちろん(妄想の中では)首から金メダルをぶら下げて(笑)。

糸つむぎはまだまだこれからも続きます。
今この時この瞬間、地球広しといえども・・・。この原始的な久米島式まわたつむぎ台を使って、こんな
マーブル絹糸を手つむぎしているのは私(エツコ)だけかもしれない・・・とか思いながら。
材料の糸が出来るまでにもえらく時間をかけて、hands,hands,handsはえらくどうってことない(笑)
金メダル級の(!?)地味な紬着尺になる予定です。。。








by senshoku-iwasaki | 2019-01-23 22:12 | 工程
<< 菓匠花見の三越限定「雷音最中」。 年に数回のiwasakiのsh... >>