<< 緯吉野八寸帯地『朧雲・三彩』。 福は内。 >>
新しい八寸帯地『朧雲』シリーズ。
iwasasaki冬ごもり中に、春夏に向けた新しいシリーズが生まれました。
タテ糸は麻。ヨコ糸に絹。

一雨ごとに膨らむ蕾。
朝霧残る晴れた朝、開きかけた花を見上げれば春の空に漂う朧雲。
昨年まで過ごした南部町の工房周辺の、坂の途中の桜のカーブを思い出して。

緯吉野で織り出された絹の雲は、無撚りなのでキラキラと光ります。
タテの麻がそれを見せたり隠したり。。。
 
f0177373_18350562.jpg
定番の山形斜文のシリーズではタテの絹がキラキラと光りますが、このシリーズではヨコが光ります。
なんてことはないのだけれど、ただの白っぽい黒っぽいとはチョイと違います(だとイイなぁ・笑)と。

f0177373_18354248.jpg
この『朧雲』シリーズ、クニヒサがせっせと制作いたしまして。
この無地のタイプの他に、段の『三彩』と格子の『彩雲』と三部作です。

iwasaki二人でそれぞれに織りながら、糸を染めながら、糸を巻きながら次の準備を進めながらなので。
制作中は自分たちの見ている景色は、変化があるような無いような・・・?なものだから。
織り上げてタイトルをつけてからやっと、あぁぁ出来たのか。という気になります。二人して(笑)。

これから少しずつ冬ごもりの仕事を解凍(!?)してゆきたいと思います!

by senshoku-iwasaki | 2019-02-11 22:10 | 着尺・帯
<< 緯吉野八寸帯地『朧雲・三彩』。 福は内。 >>