<< 春風と小弁慶。 伊勢丹新宿店での『手技を愉しむ... >>
東京マラソン 2019
「東京マラソンの日は江戸通りが通行止めだし、横断も出来ないから買い物は前日中にしとかないと。」
毎日のようにバスを利用する、岩崎の母から幾度となく聞いてはいたけれど・・・(笑)。
不思議と。
あまりにも何回も聞かされると、逆に耳から頭に入ってこないのは残念な私だけ!?
おっとぉ~!それって今日なのね。。。クニヒサと作業中ではあるけれど。
生でマラソン選手なんて見たこと無いし、じゃ、ちょいと様子を見てくるか。
表通りに出てみると、冷たい雨にもかかわらず・・もう沿道には大勢の人が。
ちょうど給水地点の辺りで、ボトルを並べ始めている瞬間を目にするのも初体験でして。
f0177373_18300138.jpg
ちょうど私たちの前のあたりは長テーブルの左端。もうすぐ右方向から男子の先頭集団がやって来る頃。
後で番号をよーく見ると、この真ん中は前田穂南選手のものだったようで。込められたパワーを感じます!
なんと右は本日優勝の、ルティアガ選手のものでした。

f0177373_18301487.jpg
あっという間に男子の先頭集団がやってきまして。速い速い・・・。
あっ!大迫さん跳んでいます。南部町では、走ることを跳ぶと年配の方々は言っていたけど。ホントだ。
凄いなぁ。と、思った瞬間に消え去ってていく選手の人たち。
この時は先頭集団の中にいた大迫選手でしたが。この後、銀座あたりで棄権されたと。このときにも
具合が悪かったのかなぁ。。。

このあとすぐまた仕事場に戻り。
作業の続き、クニヒサは次に掛かる着尺の綜絖通しを。私(エツコ)はその着尺に散らすまわたつむぎを。
はじめたiwasaki夫婦でしたが。
僅か2時間で40キロを駆け抜けるマラソン選手に比べて。あらまぁ。iwasakiの2時間って。
ほとんど景色が変わらない・・・(涙)。
手織りほど『のろまなカメ』を実感するジャンルもないかもだけど。
いやいや、30年近くカメを飼っている私の実感としては・・・カメは動くときは結構素早い(笑)。
そして織物制作も。
あっという間に一日が過ぎ去る、ランナーは私ではなく時間側(笑)。

マラソン選手にとっての2時間の壁のように、iwasakiにとってはあと20年の壁。
70歳までにあとどれくらい作れるかしら。
少しでも織り進めたくて、自分では跳んでるつもりで走行中。







by senshoku-iwasaki | 2019-03-03 23:21 | 工房周辺
<< 春風と小弁慶。 伊勢丹新宿店での『手技を愉しむ... >>