<< 新しいhands,hands,... 東京マラソン 2019 >>
春風と小弁慶。
『帯揚げにもなるストール・小弁慶』は、ギンガムチェックのような弁慶格子。

今年はスカッとブルーのストライプに、イエローが添えられて。
あぁ春だなぁ。
南部町のお山のお家からここ、東京蔵前に工房を移してもうすぐ1年です。
今年の春は、爽やかで柔らかで少しシャリ感もあって、そして少し眠たい(!?)こんなストールを。
首元に、はたまた帯揚げとして帯周りのアクセントになったらイイなぁ。。。

f0177373_18241702.jpg
今年で6年目となる、染織こうげい・浜松店さんでの展覧会が4月18日(木)~22日(月)なのですが。
お越し頂くお客様に、毎年新しい発見があるとイイなぁ・・と思いながら(願いながら)制作しています。

iwasakiの織物は夫婦二人っきりで作っているものなので、頑張っても少量生産です。
だけど『一点モノ』と謳うような立派なモノではなくて。
何でもないフツーの日にフツーに愛して頂けるような肩の張らない、でも愛おしいモノを目指しています。

染織こうげいさんのお客様は、普段の着物・・それも織物好きの上級者さんが多くいらっしゃるので。
iwasakiも。
こうげいさんでの展覧会では、今まで色々・・新しい技法だったり、色だったり取り入れてきました。
もちろん。
素材のチカラを信じて。
今年は。
技法は出来るだけシンプルに。光沢だったり、マットなつや消しだったり。
素材の一番良いところを際立たせて。
織物ならではの奥行きは、こんな格子のストールにも。
ぱっと見、じっと見、じわじわとやって来る(ハズの・笑)後味。

今日は啓蟄。
冬ごもりをしていた虫たちが土から出てくるように・・・。
工房の3台の機には全部タテ糸がかかって。iwasaki夫婦もパタパタ手足に羽も(!?)動かして。
春に向かってフル稼働です。






by senshoku-iwasaki | 2019-03-06 22:19 | 纏う布・暮らしの布
<< 新しいhands,hands,... 東京マラソン 2019 >>