<< 表も裏も無い、王子・狸家の『狸... 春風と小弁慶。 >>
新しいhands,hands,handsも、間違いなく(!?)愛おしい系織物です。
iwasaki夫婦の中で、このところ流行っているカラーはグリーン!
それもチョット懐かしい、深い山里のような緑です。。。

冬に、仕事の合間合間に手つむぎしたマーブル糸も程よく貯まりまして。
この着尺に取り掛かれるところまで辿りつけました。

hands,hands,handsのテーマのイメージは、使い込まれて手油でトロトロテカテカになった家具。
古い小さな教会の木製のベンチのような・・華美とは程遠く、簡素なんだけれど美しい。
一年や二年じゃ、到底作り出すことの出来ない美しさがテーマだったりします。
f0177373_18245680.jpg
美しいって、感性のものだから。それは人によって、土地によって、人生経験によっても様々かと。
艶やかでしなやかで端麗な美も。
健やかで丈夫で無骨な美も。
iwasakiはどちらも好きです。あ、でも・・どちらかというと後者寄りが強いかもかも(笑)。

このシリーズは、完全に後者の美を目指しています。
簡素を作り出すって、実は結構面倒臭くて(笑)。
グリーン、金茶、こげ茶に染めたまわたと白のままのもののミックスでつむいだマーブル糸の他に。
白茶、ベージュ、小豆色、グリーンと。ヨコ糸だけでも5色で小さな格子を構成しています。
健康的で、堅牢で、ちょっぴりブサイク(!?)な豆格子は、
クセになる愛おしさで制作中の私(エツコ)をメロメロにしてきます(笑)。

前回のhands,hands,handsもそうでしたが。
このシリーズ、仕立てると全体にぼわーんとマーブルつむぎ糸が浮き出てきます。
その、ぼわーんが今回は金茶でして。
深いグリーンに金茶。
私のアタマの中は、30年前に織りを学びに行った郡上八幡の風景と。
大師匠の作品の数々が・・・。
このグリーン、大師匠が好きな色だったのかもしれません。。。







by senshoku-iwasaki | 2019-03-08 23:46 | 着尺・帯
<< 表も裏も無い、王子・狸家の『狸... 春風と小弁慶。 >>