<< 今年も『日本の夏じたく』の季節... 染織こうげい・浜松店さんで、嬉... >>
染織こうげい・浜松店さんで、嬉しすぎる再会・其の2
前回に引き続きまして、染織こうげい・浜松店さんでの嬉しすぎる再会。
織物制作は、地味で地道な日々でして・・・。
やっと出来た織物が、布となって纏われて。
使い手の方に育てて頂きながら、その方の一部になっている晴れ姿を目にすると。
作り手としましては、これ以上の幸せはありませんで。ははぁ~。なぁ~るほどぉ~。
それが出来るまでの工程の全てまで・・愛おしく思われて。

f0177373_19055994.jpg
『patch upシリーズ』はまだ、こうげいさんでしか制作したことが無い、絵羽のキモノ。
そしてこの八寸もまた、こうげいさんでしか制作したことが無い、ほぐしの絞り絣。
どちらも青木間道をモチーフにした組成も入れて。
iwasakiの作品展で、いつもそのときにiwasakiが新しい試みとして取り組んだモノを
面白がってくださるTさま。
着物と帯の制作年は違うのに、こうして合わせて頂くと不思議なくらいにピッタリと。
何より。Tさまに本当にお似合いで。感激です!ありがとうございます。

f0177373_19054526.jpg
こちらはiwasakiの織り半襟と、『帯揚げにもなるストール・小弁慶』をお使いくださって・・・。
格子のブルーが、お着物の絣のブルーとリンクして・・清々しいです!!嬉しいです。

f0177373_19053451.jpg
こうげいさんのスタッフのAさんは、緯吉野の半巾帯を。
くるくるっと巻かれた感じは、八寸では出来ない風情のもので可愛いです!!
半巾好きの私(エツコ)ですが、いつも貝ノ口ばかりなので。
いつかマネしたいと思っております!

f0177373_19064311.jpg
こちらもスタッフのMさん。銀河絹の山形斜文の半巾帯を、青戸先生の美しい絣のお着物に。
ひゃ~。ありがとうございます!!


f0177373_19062221.jpg
そして〆も(!?)佐浦店長さん。(!?)以前にご注文で制作させて頂いた杉綾織りの紬に。
緯吉野であじろのように、一越ずつラピスブルーと濃い茶との組み合わせで織った八寸を。

こうげいさんでは佐浦店長さんをはじめ・・・スタッフの皆さまにも色々と。
iwasaki織物を、本当に素敵に取り入れてくださって。有難く、感謝の思いでいっぱいです。

こうげいさんで作品展をさせていただくようになってから。
もっとこう変化させたいとか、こうすると違う見え方をするんじゃないかとか、まだやってない
コトとか・・・。作りたいキモチがムクムク生まれてしまいまして。
織物はとにかく時間がかかるので、とにかく時間が無くなりました(笑)。
それもこれも。この幸せな再会の日々がそうさせてくれるのです。

今年共に50歳のiwasaki夫婦。いつまで生きられるかはわかりませんが(笑)。
生きている限り織り続けたいと思います!!

ありがとうございました。




by senshoku-iwasaki | 2019-04-24 23:34 | 展示会・お知らせ
<< 今年も『日本の夏じたく』の季節... 染織こうげい・浜松店さんで、嬉... >>