<< 緯吉野九寸帯地の『阿波藍とアイ... 悶々と『阿波藍とアイボリー八寸... >>
森くみ子さんのお話会に、嬉しいゲストも加わります!
iwasakiから出した『日本の夏じたく』のご案内がナカナカお客様に配達されず、
まだかまだかと二人でどんよりと、またじりじりともしていたのですが。。。
ようやく皆さまのお手元に届きましたようで・・・安堵しました。「DM届きましたよ!」
なんてお知らせを頂いて、いつもながらお客様の優しさに救われております。。。

お陰様でじわじわと。森くみ子さんの『阿波藍のはなし』お話会のご予約も頂いておりまして。
まだ引き続き受付を募集しております。

そしてこのお話会に、iwasakiと同業の西川晴恵さんがゲスト参加してくださることになりました!
染織家の西川晴恵さんはiwasaki夫婦とも同世代。沖縄で修行されてから独立をされて。
現在は横須賀のアトリエで制作活動をしながら『日本の夏じたく』にも何度か出展されています。
琉球藍を建て、糸を染め織物づくりをされている西川さんも、森さんのこの『阿波藍のはなし』には
大変興味を持たれておりまして。昨年森さんの本が出版された際に、一緒にお話会が出来たら・・。
と話をしていたのですが。ネパールにも拠点があり、お忙しい西川さんのスケジュールに・・・。
ひょっこりと染め織りの神様が(!?)調整をつけてくださったのかも(笑)。
更にマニアック度が増しそうですが、こんな機会はきっとそうはありませんので。
ご興味のある方はぜひ!

5月25日(土)10時~11時 森くみ子『阿波藍のはなし』
お申し込みはコチラ https://n-natsu-s.jimdo.com/阿波藍のはなし-森くみ子/ をご覧ください。


f0177373_13425596.jpg
織物を初めて学んだときに、とにかくビックリしたのは。
工程の一つ一つがこんなに面倒くさいのに、こんなに大したことのないモノしか作れないのかぁ。。。
というギャップでした。なんせ10代でしたから、アタマでっかちにもっと有難い感じのモノが出来る
んじゃないかと思っていたのかもしれません。。。
地味で、厄介で、面倒で、生産性無くて・・・こりゃ、大変なモノに出会ってしまったと後悔もして。
それでも不器用というのはどうしたものか、止めることもできなくて(笑)。気づいたら30年。。。
30年経ってみると。どんだけ手間と時間がかかったものでも、大したモノに見えないモノこそ良品。
みたいな感覚になっておりまして。粋とか無粋みたいな感覚とも似ているのかもかも。。。


f0177373_13392740.jpg
iwasaki夫婦、どこで暮らしても。なんでか望んでいるわけではないのに町会の中におりまして。
昨日今日と、浅草橋『紅白マロニエ祭り』というお祭りがありまして。
クニヒサ、あれよあれよと・・なんでか大川屋形船遊びの実行委員になっておりまして(笑)。
昨日はその本番。私(エツコ)はなんでか婦人部で揃いの浴衣で踊りのパレード・・・。(涙)
お祭り好きではないし、それに実は時間無いし、いや、あの・・・。
今月末は榊神社のお祭りも・・・。いや、あの・・・。
厄介で、面倒で・・・でもそんな中にこそある喜びや悲しみの営みも、きっとあるんだろうなぁ・・・
とも思うから、ハッキリと拒むことも出来ずに(笑)。でもそれだけに見える景色もあったり、
普段は知りえないような面白い人とも出会えたり。。。
来年もきっと慌ただしい5月となりそうです。




by senshoku-iwasaki | 2019-05-12 19:44 | 展示会・お知らせ
<< 緯吉野九寸帯地の『阿波藍とアイ... 悶々と『阿波藍とアイボリー八寸... >>