<< 再開発ラッシュ。 『日本の夏じたく』からの山梨か... >>
嫁いでいった『御柱織り』第一号の、嬉し過ぎるその後。
長野の宮坂製糸所さんで、デッドストックの節だらけの玉糸の原糸に出会ってから生まれた
『御柱織り』シリーズ。
イメージは、古き豊かな家内制手工業時代の素朴な太織りです。

この第一号は、糸の太さや密度・・規格を決めるのも、iwasakiの織物はすべてそうなのですが。
今後定番として作り続けたいから、柄だったり色だったり・・・一発目にどうするか?はいつも。
二人であれやこれやと・・・延々悩むところでして。

ざざんざ織りや伊兵衛織りをリスペクトしているからこそ、かつてのそれらには無いであろう
カラーリングの崩しの柄に決まりまして。制作したのが2017年の今頃でした。
f0177373_17444151.jpg
昨年春の、染織こうげい・浜松店さんでの展覧会に出品いたしまして。
それまでにもiwasakiの八寸帯地『青木間道をモチーフにしたメンデストライプ』をお選びくださっ
たり、淡墨桜のような杉綾織りの着尺を制作させて頂いた札幌在住のHさまが浜松店にいらして。
私たちもそのときに初めてHさまにお会いすることが出来たのですが。。。
Hさまがそのとき迷わず手に取られたのが、この『御柱織り』でした。

そして先日。
東京に来られるということで!こうげいさんの社長さんと工房にいらしてくださいまして。
ひとときでしたが、本当に楽しい時間を過ごさせていただきまして・・・。
Hさまが最初にお選びくださった『メンデストライプ』も、実はiwasakiの中では思い入れのある
シリーズのひとつ。「どうってこと無いような・・でもたぶん、同じモノはゼッタイ無いだろうけど、
物凄くクセが強いかっていうと全然そうじゃない」がテーマ(笑)。
それは杉綾織りの着尺もそうでして。どうってない綾織りの無地、なんだけど角度によって日差し
によって・・色味も光沢も驚くほど変化するのが杉綾織りの着尺のシリーズ。
Hさまはiwasakiの冬の定番ブランケットもお気に入りとのことで・・・。

あぁ嬉しい。
何気ない日常の、何気ない織物が、何よりも愛おしい日々の、かけがえのない景色と手触りと
なってくれたなら。。。
iwasakiにとってこれほど幸せはありません。
f0177373_19141280.jpg
後日Hさまから届いた画像を見て、二人でしみじみ嬉しくなってしまって。。。
Hさまらしい、なんとも爽やかなお召し姿で。
思い入れのある第一号の『御柱織り』が、Hさまにこんなに素敵にしていただいて。

Hさま、工房にいらしてくださったときも。
この春、iwasakiが一番チカラを入れて作ってきた・・・『阿波藍とアイボリー』シリーズの
八寸帯地と、楊柳のストールをお選びくださって。

生きるコトとつくるコトが一緒のiwasakiにとって、Hさまのチョイスは何より・・・。
iwasakiの存在理由になりまして、原動力となります!Hさま、ありがとうございました。







by senshoku-iwasaki | 2019-06-07 22:25 | 着尺・帯
<< 再開発ラッシュ。 『日本の夏じたく』からの山梨か... >>