<< 久々に、『増孝商店・梅雨場所』... 嫁いでいった『御柱織り』第一号... >>
再開発ラッシュ。
iwasaki工房のある蔵前周辺は、只今再開発ラッシュでして。
あっちもこっちも。
四方八方ビルの取り壊し、そして建設中・・・。
まるで高度成長期のような、働く車のオンパレード。。。

以前、オールドキリムを取り扱う方から
「絨毯の世界では、50年でオールド。」「100年でアンティーク。」と呼ぶと聞いたけど。
岩崎家と同じくらいの、築50年のオールドなビルが2.3棟まとめて買い取られたらしいとか
私(エツコ)の耳に届いた頃には・・・こんな具合に景色が変わっていまして。
f0177373_18123101.jpg
町会の交通安全運動は、江戸通りの交差点付近だったのですが。
その辺りもちょうどこんな風に、3棟のビルを取り壊し中。
クニヒサ、60代以上の方々から「懐かしいよな~。」と同意を求められたものの。
「いや、ボクが物心ついた頃には、ここにビルありましたよ・・。」
「え!?いくつ?あー。50歳?じゃ、知らねえか・・・。」

岩崎の母は、お話好きで。
毎朝私が母のいる階の、お風呂とトイレ、洗面所をお掃除する間中ずっと。
脱衣所の辺りでおしゃべり(笑)。
私はブラシをかけたり、水を流したり・・よく聞こえないのもあって「ふんふんふん・・・」
と相槌を打つだけの、ほぼ聞き役なのだけど。
ばばちゃん、全くお構いなしに昨日の出来事(もちろん昨日中に2回は聞いてる・笑)
昔の出来事(これについてはたぶん相当回、でも私がほとんど覚えてない・笑)
ついさっきTVでやってた事の話・・・とあっちこっちと飛びまして。
なので。
クニヒサが知らない昔の景色も、実は私は(ぼんやりだけど)知っている。
あそこにラーメン屋さんがあって、あっちに組紐屋さんがあって、あの辻には駄玩具問屋が
あって。少女時代のばばちゃんが、おはじきが弱くて手持ちが無くなる度にお爺さんが箱で
買ってきてくれたのよね。
小さな木造住宅兼お店が、成功して土地を広げて小さなビルが建ち始めた高度成長期。
昭和元年創業の、お爺さんの玩具問屋も。
何度かこのご近所にお店と家を構えてから・・・。
50年前に、現在の場所に娘婿のお父さんと一緒に建てたビルが『増孝ビル』。

絨毯だったら、「オールド」よりも「アンティーク」のもののほうが値が高いものだけど。
ビルはそうはいかない(笑)。だけど周りが新しくなれば「オールド」の魅力も出てくる
かもかも!?京都の町屋のようなビルを目指して(!?)・・・。
雨が降ると、外壁伝いに雨漏りする場所にタオル置くのも手慣れた私(笑)。



by senshoku-iwasaki | 2019-06-11 23:04 | 工房周辺
<< 久々に、『増孝商店・梅雨場所』... 嫁いでいった『御柱織り』第一号... >>