<< ヨリきってエツの山、悦の山。 せっせとヨリヨリ、しこしこと湯... >>
Rさまご注文の『お柱織り』は、秋の風情です。
昨年からご依頼いただいておりまして、6月にお納めした『あかい八寸帯地』に引き続き・・・。
Rさまからのリクエストの格子は、健やかで真っ直ぐ。
古き良き時代の自家織物そのままの、iwasaki的にはどストレートな格子でもあります。

『あかい八寸帯地』のときもとても悩んだのですが。
平織りで無地であったり、今回のようなたった2色だけで構成する格子というのは・・・。
すっぴんで、洗い髪のままブローもせずにいても「美しい人」をつくるみたいに(!?)
素を問われるような難題でもありまして。

f0177373_18363433.jpg
こういったシンプルな格子でも。
もし、iwasakiのシンプルシリーズとして作るならばきっと・・・私ならもう1色、おそらく
白茶を入れて・・遠目に見ても少し変化をつけたくなるだろうなぁ・・とか。
いや、タテの縞に一本違う色を添えるかも・・・とか。
要は、健やかな自家織物好きなiwasaki夫婦でも、自分たちが商品として作ろうとすると・・・。
あれやこれやと考えて(笑)、ここまで潔い格子をつくる勇気(!?)はないかなぁ・・と。

織物制作は、気長でないと出来ないコトだらけ。
それでいて、「新しい」と思ったコトでも必ず過去に似たようなモノは存在しまして。
ならば古今東西、手織物にあるあるな「心地イイ感じ」の縞、格子を目指して日々制作している
iwasaki夫婦なのですが・・それでも今回またひとつ改めて!ここまで潔いのもイイなぁ・・・。

10代で織物づくりに出会ってしまった私たちですが。
何の後ろ盾もなく、これを仕事にしようと思った2,30代が一番キツかった時代で(笑)。
40代は、お陰様で帯着尺をイロイロと制作できるようになりまして。
そして50代に突入の今年。
Rさまのお蔭をもちまして、更に『素』を磨きたいと心から思いました。
カンタンなシンプルではなくて、これまで織物に関わった30年分の(僅かかもしれないけれど)
スキルを詰め込んだシンプルを。
でもこれは性分なので・・・寄せては返す波のようにあれやこれやとやっぱり悩んで(笑)。
あと30年作り続けることがもし出来るとしたら、
今回のような「真っ直ぐ」な『素トレート』ばかりを放れる老夫婦になってると思います!

中3の娘が、大真面目に子ガメを飼う準備を始めておりまして・・・。
我が家の25歳のミドリガメのミドリちゃんを眺めつつ、
娘のカメの成長をどこまで見届けられるのか、カメより自分が心配な私(笑)。









by senshoku-iwasaki | 2019-08-27 23:54 | 着尺・帯
<< ヨリきってエツの山、悦の山。 せっせとヨリヨリ、しこしこと湯... >>