<< 深い葡萄色の山形斜文八寸帯地を... HさまとNさまの吉野格子の九寸帯地。 >>
銀鼠色の山形斜文八寸帯地は。。。
染織こうげい・浜松店さんで、Oさまよりのご注文頂きましたもの。
タテ・ヨコともにツルツルの生糸でキッチリピッタリの菱は、まるまなこ。
タテ色はアイボリーで、ヨコ色がシルバーグレーです。
f0177373_19361720.jpg
艶やかな光沢と、立体感。
山形斜文のシリーズはiwasakiの定番として・・・今までにかなり制作してきました。
シンプルなのに。
これほどチカラを感じる織物は、そうは無いんじゃないかと自分で思うくらい(笑)
世界中で作られてきている、ド定番の組成のチカラでしょうか・・・。

このOさまの帯を制作したときに、もう一本同じタテ糸で作りまして。
それはヨコ色に深いグリーンのタイプです。
幾度となく作ってきても。
飽きるコトが無いのも定番ならではのチカラ。
タテ色の濃いタイプも欲しくなりまして、クニヒサ染めた色は・・・。
f0177373_19363625.jpg
紫がかった濃いグレーです。
秋から冬に。
深い奥行きのある菱たちが、豊かな輝きの雫のような帯地にしたいと思います!




by senshoku-iwasaki | 2019-09-24 22:36 | 着尺・帯
<< 深い葡萄色の山形斜文八寸帯地を... HさまとNさまの吉野格子の九寸帯地。 >>