<< 春色のタテ糸の整経。 『半巾50』続々と生まれており... >>
『イワサキ式ドロップス』織っています。
透け感のある、新しい夏向け八寸帯地に取り掛かって
おりまして。
イメージはドロップス。

「サクマ式」ではなくて『イワサキ式』(笑)。
織物なんだけど、いつもとはチョット違う
所々で糸を絡めて。
生まれてくる、小さなしずくたち。
『イワサキ式ドロップス』織っています。_f0177373_18193971.jpg
私(エツコ)が織っているのは
濃い茶のベースにはピスタチオとハッカのしずく。

『イワサキ式ドロップス』織っています。_f0177373_18203657.jpg
クニヒサが織っているのは
グリーン寄りのターコイズブルーのしずく。

このドロップスたちも。
iwasakiおなじみの緯吉野の組成から。

今年は4月に「染織こうげい・浜松店」さんで作品展です。
昨年から今年のテーマは夏帯と思案していまして。
八寸のほかにも
透け感のある九寸もこれからかかる予定なのですが。
なんせ二人して不器用なものだから・・・。
新しい取り組みは、一発で上手くいくはずもなく(涙)。

オヨヨ・・・。
あれよあれよと1月も過ぎて。
間に合うのかなぁ?間に合わせねば。
カランカランとサクマのドロップス。
あれれ!?白いハッカばっかり?
どうやらウチの子供らは、ハッカがハズレらしく。
この新作は
どうかハズレになりませんように(笑)。










by senshoku-iwasaki | 2020-02-01 22:24 | 着尺・帯
<< 春色のタテ糸の整経。 『半巾50』続々と生まれており... >>