<< 『阿波藍とアイボリー』イワサキ... 『半巾50+』の50本目とうと... >>
梅雨入りとともに『雨音拍子』な経吉野着尺に掛かりました。
『ゼリーのミルフィーユ仕立て』な緯吉野の着尺を
織り上げてすぐに。
クニヒサとあれこれ考えながら、今度は経吉野着尺。

今回は実験的に小さな縞をたてまして、その上に
ちょうど組織がかかるように・・・。
静かな雨音の拍子のような着尺です。
梅雨入りとともに『雨音拍子』な経吉野着尺に掛かりました。_f0177373_17210059.jpg
縦長な楕円が、雨垂れのようにも雫のようにも。
タテ糸が飛ぶ部分と、そうでない部分の光沢が
違うので緯吉野とはまた違う奥行きがあります。

本格的な梅雨入り前日の晴れの日に。
ひと月ぶりに千葉の実家のお掃除に行きまして。
一人暮らしの母は、今年米寿を迎えます。。。
2ヶ月間お休みをしていたリハビリテーション。
出掛けることが面倒臭くなって、このまま
やめようかな・・と言う母に、頼むから週1で
いいから行って欲しいとお願いして。
布団に洗濯もの・・干せるもの全て干して(笑)。
草だらけの庭の草刈りと。

クッタクッタにくたびれて。
コロナの影響で2月から行けていない山梨の、
南部町の家も。草が凄いことになってるのだろ
うなぁ。。。
梅雨入りとともに『雨音拍子』な経吉野着尺に掛かりました。_f0177373_17200943.jpg
実家のあじさいを一枝貰って帰って。
南部町の町の花は、紫陽花だったなぁ。

この『雨音拍子』の着尺が織り上がったら
梅雨の晴れ間をめがけて何としても!
一度、150歳の南部町の家のお掃除にも
行かないと。。。



by senshoku-iwasaki | 2020-06-12 22:51 | 着尺・帯
<< 『阿波藍とアイボリー』イワサキ... 『半巾50+』の50本目とうと... >>