<< Eさまの『地紋のある着尺』。 京都と長崎の最中・仙太郎の『釣... >>
440、絣が入りました。
先日括った小綛を、ぼわ~んと絣足をぼかしながら
染め上げまして。
絣をほどいて小管に巻き織るのですが。。。

絣の方向、右から?左から?ん?あれ?
織り始めたクニヒサも。
しばらく戸惑いながらオタオタしながら(笑)。
それでも二日ほどかけて浮かび上がったお月様。
440、絣が入りました。_f0177373_18481593.jpg
この丸紋は、影になるところから光をつくります。
一越一越。
四角四面の格子の中に、ぼわんと浮かぶマル。
iwasakiバージョンは、大師匠の丸のメガサイズ。
440、絣が入りました。_f0177373_18495869.jpg
お太鼓部分のマルが浮かんだら、次は前柄まで格子です。
障子越しのまん丸お月様。
中秋の名月の頃までにはKさまの元へ・・・と思いながら
あともう少し頑張ります!


by senshoku-iwasaki | 2020-08-28 22:57 | 着尺・帯
<< Eさまの『地紋のある着尺』。 京都と長崎の最中・仙太郎の『釣... >>