<< 織小紋な経吉野着尺『雨音拍子』... 440、絣が入りました。 >>
Eさまの『地紋のある着尺』。
Eさまは以前、格子に緯吉野を入れた『入り江の波
シリーズの着尺を作らせて頂きまして。

「次回は無地ライクな着尺も」と嬉しいお言葉を。
そしてこの度ご注文頂きましたのは紺色系。。。
地紋のマルのサイズは、やや大きめです。

Eさまの『地紋のある着尺』。_f0177373_18303556.jpg
『地紋のある』シリーズの魅力は、無地でありながら
見る角度によって・・・こうしてゆらゆらと気球のよ
うなマルが浮かび上がったり、タテ糸とヨコ糸の色の
違いから玉虫のように見える色が変わるところです。

Eさまのこちらは、タテがチャコールグレー。ヨコには
赤味のある紺です。写真では紫っぽく見えますが、
グレーのようにも見えるけど、やっぱり紺です(笑)。

こういった深みのある無地は、お召しになる方の
持ち合わせた本来のお色、ピンク系だったり黄色系
だったりを引き出して見せたり。また、合わせる帯
も赤味、青味、反対色それぞれに合ってしまう寛容
さがあると思っております。

何色ともいえない、織りでしか出せない色があると
したらこういった事なのだろうと。

Eさまのこの着尺を織りながらつくづくと。
この不可思議で曖昧で寛容な(!?)織りのチカラ
に突き動かされ続けている幸せを実感した私です。




by senshoku-iwasaki | 2020-09-01 22:25 | 着尺・帯
<< 織小紋な経吉野着尺『雨音拍子』... 440、絣が入りました。 >>