<< 秋風感じてiwa散歩。言問団子... Eさまの『地紋のある着尺』。 >>
織小紋な経吉野着尺『雨音拍子』の新色を織っています。
シルバーグレーとピスタチオの小さな縞に、
ヨコ糸はターコイズグリーン。

タテ糸が密に出てくる組成なので、シルバーグレー
が出てくる部分と、ピスタチオが出てくる部分で
ギラっと見え方が変わります。。。
織小紋な経吉野着尺『雨音拍子』の新色を織っています。_f0177373_17574082.jpg
6月に制作した『雨音拍子』はチャコールグレー
とシルバーグレーの組み合わせで。渋い江戸小紋
のような風情でしたが、それは今回も。

シボ感と、独特の光沢は、絹量によるもので。
贅沢な絹織物ならではの垂れ感がたまりません。。。

「織小紋」シリーズとして
今年産声をあげた、この新シリーズ。
iwasakiらしい、どうってない無地ライクな着尺
でありながらしっかりと(!?)織りならではの
質感と色味を出せているのでは・・・?と。
着尺の新シリーズは久しぶりです♡
平織り、綾織り、緯吉野、吉野格子に、経吉野。

それにしても。
手織りは時間がかかりまして。
今日はとても捗って5尺。
おぉぉ、よくやった(笑)。つもりだけれど。
一反約12メートルのうち、一日2メートル織れない
現実(涙)。この、じれったさも愛おしくて。

いくらこの仕事に定年がないといっても。
いつまでこの細い糸の仕事が続けられるかは・・
分からないので。作れるうちは出来るだけ細かい
仕事を進めたいと思っております!



by senshoku-iwasaki | 2020-09-09 22:07 | 着尺・帯
<< 秋風感じてiwa散歩。言問団子... Eさまの『地紋のある着尺』。 >>