<< 帯地や着尺の収納桐箱が増えまし... 師走の工房で春色のストールを織... >>
カジュアルな織り半襟を作っています。。。
以前…サンプル的にリネンとシルクで小さな布を
織ったことがありまして。
それを半襟としてお使いくださっているハラマキ&
のお二人からのリクエストで、新しい織り半襟を
制作中です。
カジュアルな織り半襟を作っています。。。_f0177373_17280596.jpg
ざっくりと、ほわんと、使い込むうちにとろんと
してくる、リネンとシルクの平織りです。
タテの縞の部分はシルクでこげ茶とピンクが入って
います。ヨコはシルクが中心でリネンを散らすよう
に段にして。所々にヨコの密度を上げた組織が縞を
かき消すように入っています。。。

ヨーロッパのアンティークの布はリネンのものが
多くありまして。小さな格子だったりストライプだ
ったり。似たような風情といえば、古い対馬麻など
も(素材は亜麻でなく苧麻になりますが)使い込ま
れた生活のための布の美しさは、ちょっぴり歪だっ
たりするものの凛とした…愛おしさと美しさを備え
持つという共通項があるように思います。

古道具好きのiwasakiとしましては、そこを目指さ
ないわけにはいきません(笑)。
半襟として使わないときには小さな敷物にも。

来年2月にハラマキ&さんの企画展『きものものの』
に出品いたします。
作っているうちに楽しくなっちゃって。もう少し
違うバージョンも検討中です。。。



by senshoku-iwasaki | 2022-12-13 21:28 | 着尺・帯
<< 帯地や着尺の収納桐箱が増えまし... 師走の工房で春色のストールを織... >>