カテゴリ:展示会・お知らせ( 262 )
きもの睦月さんでの「手仕事四人展」、お陰様で終了いたしました。
f0177373_20431826.jpg
『手仕事四人展 染・刺繍・織・組』会期中・・・雨の中をお出で頂きましたお客様、
誠にありがとうございました。感謝申し上げます。

名古屋は実に久しぶりでして。
睦月さんでの展示は初めてでしたが、名古屋といえば。
JR名古屋タカシマヤが出来たころお世話になったことがありました。
現在高1の息子がまだ生まれてなかったから・・・
16年は経つのかと思うと、月日の早さに驚きながらそれでも少しずつ。。。
iwasakiの向かいたい方向に織り進んでいるのだと思います。
あの頃は帯、着尺を中心に制作するような40代になっているとは思っていなかったかも。
つくりたいモノを、作ることができるのはユーザーさんあってこそ。
そんなiwasakiと、ユーザーさんを出会わせてくださるお店やギャラリーさんあってこそ。
iwasakiと、iwasaki織物を育ててくださる全ての皆さまに感謝しながら・・・。
また一越一越ですが、前に進みたいと思います。

大好きな西日本の大雨災害の信じられないニュースに、心押しつぶされそうになりながら。
どうかこれ以上被害が拡大しないことを、強く強く祈りながら。
七夕の夜に奇跡を望むばかりの無力な自分にがっかりしながら。
今この瞬間も、困難に直面されている方々にどうしても。生きていて欲しいです。














by senshoku-iwasaki | 2018-07-07 22:38 | 展示会・お知らせ
手仕事四人展「染・刺繍・織・組」
明日2日(月)より6日(金)まで・・・。
名古屋のきもの睦月さんでの『手仕事四人展 染・刺繍・織・組』にiwasakiも出展いたします。

「日本の夏じたく」のリーダー、アトリエ紀波さんを中心に、着物まわりのグループ展です。

iwasakiは、無地ライクの着尺や、定番の『銀河絹の山形斜文八寸帯地』などを出品いたします。
九寸帯地は、写真の吉野格子も。『板チョコに銀紙』のシリーズの色違い。
タイトルは、う~ん『ショコラティエの新作』!クニヒサがショコラティエではありません(笑)。
最近のチョコレート専門店では、スクエアでスタイリッシュでカラフルなチョコレートが。
ちょっとビターで、スパイシー。大人な板チョコ・・じゃなくて九寸帯地は、クニヒサの織りたて
ホヤホヤです!

2日(月)3日(火)は久保紀波さんが。
3日(火)4日(水)はクニヒサも睦月さんに在廊いたします。

お出かけ頂けましたら幸いです。



f0177373_19055985.jpg

手仕事四人展「染・刺繍・織・組」

7月2日(月)〜6日(金)

11:00〜19:00(最終日5時まで)

久保紀波/ アトリエkinami ・・・染色・扇子・日傘・夏の帯と着尺
飯島桃子 日本刺繍・・数奇屋袋・半襟
染織iwasaki・・・帯・着尺
峯史仁/工房野の人 高野野草染め組紐・・帯締め メガネ紐

名古屋市東区泉1丁目14-23 ホワイトメイツ3F


by senshoku-iwasaki | 2018-07-01 22:32 | 展示会・お知らせ
染織こうげい・浜松店さんでの展覧会、お陰様で終了いたしました。
今回で5回目となりました、染織こうげい・浜松店さんでの展覧会。
本当に有難いことに・・・毎年楽しみにリピートして下さるお客様が・・・(涙)。
今年もたくさんのお客様にお目にかかることができまして、感謝の思いでいっぱいです。
f0177373_21134297.jpg
22・23・24日の3日間、クニヒサはこうげい・浜松店さんにお邪魔して。
23日は私(エツコ)も行ってきました。
新幹線から懐かしい(!?)新富士周辺の景色を眺めながら、安倍川を越えて天竜川を越えて・・・。
23日はあいにくの雨だったのですが(あれあれ、私の日頃の行いかしら~汗。)
多くのiwasakiユーザーさんにお会いして、お話しができて・・・。
とても楽しく幸せな時間を過ごすことが出来ましたこと、
こうげいさんの温かいスタッフの皆々様のお蔭です!
f0177373_21140941.jpg
お客様のいない時間にスタッフの方々と。。。
一緒にまわたつむぎも体験していただきまして。吉村さんお上手でした!
佐浦店長さんにリクエストされている、『帯揚げにもなるストール』毎回出品させていただいては
いるのですが。。。「お客様を優先するので、いつも私に残らないのです・・。」佐浦さん。
「わかりました!次回は佐浦さんスペシャル仕様でお作りしますっ!この吉村さんのつむがれた糸
もしっかり使わせていただきますねっ!」私。
「いや~!吉村のところは私のには入れないで~!(笑)。」佐浦さん。
こうげいさんはいつも。
お客様とスタッフの皆さんとの楽しい笑いの絶えないお店です。
若い方からご年配の方まで幅広いお客様方に支持されているのは、このスタッフの皆さんだからこそ
なのだと実感しました。

今回も嬉しすぎる・・・お客様の素敵なお召姿のスナップは(iwasakiの宝物!)、これから
ご紹介させていただきたいと思います。。。

雨の中、また遠方よりお出で下さった方・・・お運びいただきました全てのお客様と
染織こうげい・浜松店のスタッフの皆さまに感謝申し上げます。
ありがとうございました。




by senshoku-iwasaki | 2018-06-25 22:49 | 展示会・お知らせ
2018・『日本の夏じたく』お陰様で終了いたしました。
お天気にも恵まれまして・・・
二日半という短い期間でしたが、今年も多くの皆さまにお出でいただきまして。
夏じたく展運営スタッフもさせていただいておりますiwasakiとしましては、
今年も無事に『日本の夏じたく』を終えることが出来まして・・・
安堵と、何より感謝の思いでいっぱいです。

お運び頂きましたお客様、運営に携わって下さったボランティアの皆々様、心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。


f0177373_20353909.jpg
鶴翔閣入ってすぐの扇子展では。。。
iwasakiは近正千広さんに描いて頂きました、『織物工程絵図』。
これまたお陰様で、織物好きの方々に大変喜んで頂けました。
最終日には飯能市から鉄道ファンの息子さんと一緒に、近正千広さんもいらしてくださって!!
差し入れてくださった大福餅、飯能名物「四里餅・しりもち」が物凄く美味しくて(笑)。

f0177373_20382191.jpg
今回は日本刺繍の飯島桃子さんと同室で。
飯島さんと知り合うことが出来たのも、この『日本の夏じたく』展があったから。

ユーザーであるお客様、ジャンルは違っても同じ作り手同士の出展者、さまざまなコミュニケーション
があって生まれる『日本の夏じたく』。
作り手企画でならではの、他ではない特別な展示販売会は・・・これまた多くの方々に支えて頂いて。

一人で生きていくことが出来ないまるで人生のような(!?)、奇跡を感じてしまうのはきっと。
私だけではないんじゃないかなぁ・・・と。
搬出をして荷物を積んだまま・・レンタカーは、夜の横浜から南部町へ。
昨日は南部町の家の草取りとお掃除と、必要なモノを持って蔵前に。

明日からまた、蔵前工房でいつも通りの制作の日々に戻ります。

会場にiwasakiを身につけてお出で下さった・・嬉しいお客様のスナップは、
これから少しずつブログでアップさせてくださ~い!




by senshoku-iwasaki | 2018-05-21 22:52 | 展示会・お知らせ
5月といえば、いよいよ『日本の夏じたく』です!
今年は17日(14:00から)18日・19日の木・金・土の2日半!!
iwasakiにとって・・・今年の『日本の夏じたく』展は特別。
何が特別って、iwasaki大好き(!?)な他力本願企画(笑)。
f0177373_20570200.jpg
まずは徳島の森くみ子さんに染めて頂いた、阿波藍の絹糸を使ったシリーズ。
この『阿波藍とアイボリー』は森さんの阿波藍糸無くしては作れないものでして。
穏やかな波しぶきのイメージで。最新作は、このシリーズの半巾も。

そしてもうひとつの『特別』は。
今展のリーダーである、久保紀波さんの呼びかけで扇展が鶴翔閣玄関スペースで開催されます。
日本画家・書家・そして私たち出展者も・・・。他では見られない扇子たちです。
iwasakiは、工房の道具や糸をモチーフに、大好きな近正千広さんに木版で扇面に描いていただきました。
どうしても。千広さんによる、染織工房を描き出して頂きたかったから。
iwasakiが欲しい、そんな『特別』な扇子を今回出品出来る喜びです。

そして何より。
作家企画の『日本の夏じたく』は、個展とは違いまた、単なるグループ展とも違います。
ジャンルも、考え方も、発表の仕方も暮らす場所も。
普段は生き方が全く違う作り手たちが、夏をテーマに集う『日本の夏じたく』。
これは『特別』だと・・・。

そんな『特別』な『日本の夏じたく』を、今年はたっぷりと満喫していただきたく。
鶴翔閣で、『特別』なお弁当ランチをご用意しております。(要予約)
お一人様:3,000円。出展作家による、お持ち帰り頂ける箸置きと、おひざ掛け付きです。
私(エツコ)もお給仕係に立ちます!ぜひご利用くださ~い。

皆さまのお越しを、出展者一同心よりお待ちしております。
iwasakiはまだまだ・・・最後まで制作に励みますっ!!



by senshoku-iwasaki | 2018-05-03 22:57 | 展示会・お知らせ
お世話になっている、染織こうげい・神戸店さんで。
7日(水)からの、こうげいさんセレクトの木綿の着物展に、iwasakiの半巾帯も。。。
数点ですが出品させて頂くことになりました。

私(エツコ)の大好きな半巾帯ですが、あんまり作れないのはその他の織物も同じで・・・(笑)。
手織りのもどかしさをつくづく感じつつも、なればこそ!
いつもより増して・・・タテ糸とヨコ糸の一期一会なキモチで作ってしまうのが半巾帯です。
自由で素朴で健やかに。それがiwasakiらしい、になったらイイなぁ・・・なんて思いながら。
f0177373_19113817.jpg
3月7日(水)~3月12日(月)染織こうげい・神戸店  木綿きものと帯 岩崎訓久 悦子 半巾帯

毎年こうげい・神戸店さんで展覧会をさせていただいている以外は、関西方面で発表させて頂く
機会があまり無いiwasakiでして。
神戸店さんでの展覧会でも半巾帯を出品する(出来る?)ことが少ないので(笑)、関西方面で
ご興味のある方がございましたら・・・。
また、こうげいさんセレクトの木綿の着物!これがまた織物好きにはたまらないです!
ぜひお出かけくださいませ。

by senshoku-iwasaki | 2018-03-03 21:19 | 展示会・お知らせ
糸と糸の交差・色と色の交差 染織iwasaki展、お陰様で終了いたしました。
お出でくださいました皆さま、ありがとうございました。

静岡カントリー浜岡コース&ホテル・カルチャーフロアでの12回目の展覧会も無事終わりまして。
昨日二人で会場に行きまして、搬出をしてきました。

この12年を振り返ると・・・。
思い出すことも出来ないくらい(笑)、毎回いっぱいいっぱいで。
こちらの展示会は期間が長いのと、会場が広いのとで・・。
毎年、その年の仕事の総まとめのような位置づけで。
この12年のうちに、少しずつ。
学生の頃からもっともっと作りたい!と思い続けていたフツーの日の帯、着尺の方向へ・・・。
そうなると。
ショールやマフラーも10年前に作っていた糸使いとは、少し変わってきていまして。
一見ではワカラナイかもですが、なんでか確実に面倒な方角(!?)に進んでおります。(笑)

芸風はナカナカ変えられないのですが。
これからも生きる限り(笑)、作れる限り・・・。
その中で「前回作ったときとは違う」道を選ぶ、変化を楽しめる時間と経験を重ねたいと思っています。

ありがとうございました。

f0177373_19371282.jpg

by senshoku-iwasaki | 2018-02-13 21:12 | 展示会・お知らせ
今年も・・ゆく年くる年で・・展覧会です。
年の瀬も迫った明日28日より・・・。
今年も静岡カントリー浜岡コース&ホテル・カルチャーフロアにて『染織iwasaki展』始まります。

今回は、最新作のこの『平織と綾織のショール』や、シルクバージョンの『模紗のマフラー・ロザ』
など・・・。春を先取りの細番手の絹糸を使ったショールのほかに、勿論ウールのマフラー、ショール
薄手、厚手、とっても厚手(!?)と。纏う布を中心に出品しております。
f0177373_19294230.jpg
こちらの会場での展覧会は、なんと12年目。
毎年での展覧会は、おそらく今回が最後になります。。。

iwasakiの20代は、ナカナカ厳しい時代でした。
織物だけでは食べていけず、二人アルバイトをしながらの制作でしたが。30代は織物だけで!
と、一大奮起して29歳のときに南部町に移住をしてきまして・・・早20年。
強く願うと、夢は叶うものなのかもしれません。。。
南部町に移ってから・・・どれだけの方々に支えられたかしれません。
カルチャーフロアの企画をされている、小林さんとの出会いも。
まだ我が家の子供たちが3歳と1歳だったから、保育所に預けている間に搬入をして。
第2東名も無かったから、御前崎から大急ぎで帰って。
それから毎年。
こちらの会場でiwasakiも育てていただきました。
今日12回目の搬入をさせて頂いて。
来年の春から・・・蔵前の岩崎の母と、一家で一緒に暮らすこととなりましたので。
東京の高校を受験する息子の話になったりして、つくづく月日の早さを感じました。

カルチャーフロアは、長い催事でして。
今回はひと月チョット・・・2月12日までの開催です。

◆糸と糸の交差 色と色の交差  染織iwasaki展
      2017年12月28日(木)~2018年2月12日(月・祝)
 静岡カントリー浜岡コース&ホテル・カルチャーフロア
      静岡県御前崎市門屋2070-2
      TEL 0537-86-2025





by senshoku-iwasaki | 2017-12-27 21:36 | 展示会・お知らせ
雅趣kujiraさんでのストール展、お陰様で終了いたしました。
『秋・優しく包むニットとストール展』、先週末に終了いたしまして。
お運びいただきました皆さま、雅趣kujiraさん、本当にありがとうございました。
f0177373_19422501.jpg
この秋は何かと慌ただしく。。。息子の学校のことやら、蔵前の家のことやら、仕事のことやらで
毎週末のように上京せねばならなかったりして。
今回は会期中にkujiraさんにお伺いすることが出来なかったことが残念でした。

今年は写真の『模紗のマフラー・ロザ』のシリーズは、主にナチュラルカラーで制作しました。
ウールにキラキラと。タテ糸とヨコに散らしたシルクが、ちらほら舞ってきた粉雪のようです。
これを織っていた・・・まだ残暑の頃でしたが、このマフラーが欲しい季節には少し余裕が出来て
いるかもかも!?温泉にでも浸かっているかも!?なんて期待していたものの・・・。
やっぱり今年も大晦日まで・・・。とても終わりそうにない、いつものiwasaki(涙)。
入浴剤だけが寂しく充実してゆく・・我が家のお風呂場。



by senshoku-iwasaki | 2017-12-11 20:44 | 展示会・お知らせ
お陰様で染織こうげい・神戸店さんでの展覧会、終了いたしました。
今年で4年目となりました、こうげい・神戸店さんでの展覧会もお陰様で終了いたしました。
会期中、お天気があまりよくなかったにもかかわらず・・・iwasakiをお召しになってお着物でいらして
くださったお客様もありまして。本当に嬉しくありがたく思っております。。。

毎回同じようなコトを書いているかも!?な私(エツコ)ですが。ほんとうに。
こうしてお召しくださったお姿のお写真が、iwasakiの宝物。明日への糧となります。
おいで下さった全てのお客様、こうげい・神戸店のスタッフの皆様に感謝申し上げます。
f0177373_19385314.jpg
Rさまは昨年の展覧会で銀河シルクの山形斜文三色の段の八寸帯地と、
杉綾織りの着尺をご注文くださって。
初夏に帯地を、初秋に着尺をお納め出来まして・・・。お時間をいただきましたのに、
とっても喜んで頂き素敵なお便りも(涙)。とてもお似合いです!
この写真は初日に撮らせていただいたものですが、Rさま3日目にもまたいらしてくださり。
「一昨日着たあの着物を、着物ハンガーに掛けていたらね。いつもは何も言わない主人が
『この着物はイイ』って言ってくれたの。それで岩崎さんというご夫妻が作っていて、一年がかりでお願い
したものだと伝えたら『色違いで欲しいのなら、頼んでおいたら?』って。
ならば主人が忘れないうちに直ぐお願いしようと(笑)思って、また来ました!」と。
来年秋までに、淡いお色の杉綾織りの着尺の嬉しいご注文を頂きまして。
Rさまを思い浮かべながら・・・また一年、楽しく準備を進めていきたいと思います!
f0177373_19390591.jpg
神戸店での初めての展覧会のときに制作した、『青木間道をモチーフにした八寸帯地・アポロチョコ』を。
ショールも以前制作した『shawl,shawl,soul』です!iwasakiではピンク系は少ないのですが、これまた
とてもお似合いで。「あらピンク系少なかった?じゃ、私ピンク好きなのかもネ・・・」

f0177373_19391564.jpg
Kさまも昨年ご注文くださり、この秋にお納めさせていただいた杉綾織りの着尺。
織っているときにも、織り上がってからも。写真に撮るのが難しかったお色だったのですが。
クニヒサ曰く「Kさまの杉綾、ホント凄かった。まず光沢がまるで天蚕のようだったのよ。」
あーわかります、わかります。淡いお色ほど光沢が美しく、そして綾織りだからこその
ドレープが、生地の質感をより際立たせてみせるのですが・・・。これまた不思議なことに。
お召しになる方の、オーラみたいなもので見え方が変わるのです。
オーラみたいなもの。その方の持っているお色なのかもしれません。
とか感じるコトはできても、自分のカラーはまったくワカラナイ私です(涙)。

クニヒサが滞在した3日間、とにかくお天気があいにくな中・・・。
お運びいただきましてありがとうございました。
心より感謝申し上げます。


by senshoku-iwasaki | 2017-10-18 22:27 | 展示会・お知らせ