カテゴリ:展示会・お知らせ( 293 )
2020 増孝商店・夏場所、小さく開催いたします。
2020 増孝商店・夏場所、小さく開催いたします。_f0177373_18342701.jpg
このような時期になってしまいましたが・・・。
いつもひっそりの増孝商店ではありますが、
ごくわずかなiwasakiのお客様に向けて・・・。
「増孝商店・夏場所」を開きたいと思います。

開催中止となった『日本の夏じたく』に向け
制作した「半巾50+」のシリーズなどを中心に、
工房に籠って制作している秋冬向けの新作や、
たっぷりと時間をかけて生まれたショールなど
を並べたいと思います。

2020 増孝商店・夏場所
      7/25(土)~8/1(土)
10:00-13:00 ご予約の方
13:00-18:00 open
増孝商店・染織iwasaki工房 
台東区蔵前1-6-11 1F

小さな工房の小さなshopですので、
密を避けるため今回は三名さま以上での
ご来店はご遠慮願います。

10:00~13:00の時間帯は予約制と
させて頂きます。
ご予約はお気軽にお電話、メール等で
お問い合わせ下さい。

TEL 03-5829-4339
MAIL mail@senshoku-iwasaki.com
2020 増孝商店・夏場所、小さく開催いたします。_f0177373_18344256.jpg

by senshoku-iwasaki | 2020-07-21 22:39 | 展示会・お知らせ
期間限定web shop版『日本の夏じたく』に・・・。
本当は。
今年の『日本の夏じたく』は今週末の予定でした。

毎年この新緑の頃に、三溪園で開催してきましたが。
行きたいけれど、ナカナカ三溪園まで行けないといった
声もあり、ほんの少しの雰囲気だけでもオンラインで・・
と期間限定で始まったweb shop版の『日本の夏じたく』
本番が中止となり、STAY HOMEとなった今、この
ほんの少しの雰囲気を感じて頂けたら幸いです。
5月24日(日)で終了となります!
web shopのブログでは、夏じたく出展者の制作にまつわる
話など盛りだくさんですので、そちらも是非。
出ているそうですので、よろしければお早めに。

今年iwasakiは、三溪園の中の茶室のひと区画で
50本の半巾帯を並べたいと思っておりました。
web版には選りすぐりの(!?)2本をご紹介しています。

期間限定web shop版『日本の夏じたく』に・・・。_f0177373_18275172.jpg
モノトーン系のこちらは、碓氷製糸の「ふい絹」と
宮坂製糸の「銀河シルク」で構成した緯吉野織り。
光沢感の違いと、凹凸感が独特です。

期間限定web shop版『日本の夏じたく』に・・・。_f0177373_18270655.jpg
こちらは残り糸からの逆算と、織り上がった時に
必ず出る、切り糸を繋げた「繋ぎ糸」とで作った
グラデーション。自家織物をテーマにしている
iwasakiの、実にiwasakiらしい一品です(笑)。
こちらはsold outになっています。





by senshoku-iwasaki | 2020-05-19 22:42 | 展示会・お知らせ
染織こうげい・浜松店さんでの作品展、お陰様で終了いたしました。
本来の日程の後に、
part2として本日までご紹介いただきました。
未曾有の事態の中でしたので、細心の注意を払って
ご紹介くださいました、染織こうげい・浜松店さん
の皆さま、そしてお問い合わせくださいました
お客様に心より感謝しております。。。

今日はこうげいさんのお客様で、現在北海道にお住
まいのHさまの『おうちでキモノ』の嬉しい画像を。

まずはHさまのご注文で「ピンクがかったグレー」
のリクエストから生まれた杉綾織の『淡墨桜』の
お着物に・・・。

染織こうげい・浜松店さんでの作品展、お陰様で終了いたしました。_f0177373_18255614.jpg
昨年蔵前の工房にいらしてくださいまして。
ご注文いただいた吉野格子の九寸帯を合わせて。
iwasaki尽くしで。感激です!(涙)

染織こうげい・浜松店さんでの作品展、お陰様で終了いたしました。_f0177373_18261961.jpg
同じ『淡墨桜』のお着物に同業であり、iwasaki夫婦の
仲間でもある吉田美保子さんの名古屋帯『リズミカル
ボックス』を合わせて。透明感のあるポップなカラー
が吉田さんらしいモダンな帯が、ガラリとと印象が
変わります。。。帯締めもステキ!

染織こうげい・浜松店さんでの作品展、お陰様で終了いたしました。_f0177373_18252439.jpg
最新の『半巾50+』のシリーズからもHさまの元へ。
画像を見てビックリ!とても嬉しく眺め入りまして。
蜂蜜のような黄色が特徴の、緯吉野織りです。

染織こうげい・浜松店さんでの作品展、お陰様で終了いたしました。_f0177373_18250650.jpg
一枚目の画像の吉野格子の帯地をクリーム色の
お着物に。お太鼓はこんな感じになります。
こげ茶とシルバーグレーで構成した『板チョコと
銀紙』のシリーズから「アイボリーと水色で」と
明確なイメージをお伝え頂きましたので、制作も
とてもスムースに進みました。
と、言いますのもHさまは『和の色彩研究所』を
主宰されておられるカラーコーディネーターさん
でもありまして。

Hさまの素敵なコーディネートに、iwasakiの織物
も加わらせて頂いている喜びを糧に!
コツコツ黙々・・・これからも頑張ります。





by senshoku-iwasaki | 2020-05-18 00:02 | 展示会・お知らせ
染織こうげい・浜松店さんでは。
今年もiwasakiの作品展のオファーを、
昨年から頂いていて。
この半年間、基本的に休日は無く取り組んで
きました。

新しい試み、『糸ぢから春帯夏帯編』。

こんなときでなければ、ぜひ!と言いたいところ
ですが。

染織こうげい・浜松店さんでは。_f0177373_18494511.jpg

写真は『イワサキ式ドロップス』の阿波藍とアイボリー
バージョン。
スカッと爽やかなキモチのよい五月の風のような。。。

皐月といえば、旧暦だったら梅雨のころ。
子供のころ、近所の旧家のお庭に雨の中にぼわんと
幟を立てているお宅がありまして。
描かれた鍾馗さまが怖かったのを覚えていまして。
それに対してこどもの日のころ上がる、
幼なじみのコウちゃん家の、黒と赤と黄緑の大中小の
ナイロン製の鯉のぼりがとても明るく見えて。

そのときに「五月晴れ」の由来を母から聞いたような。。
今は幟を見る機会は無いけれど、
旧暦の皐月の頃のイメージが『ぼわんとストライプ』
新作の八寸だったのに対して
この『阿波藍とアイボリー』は新暦の五月のイメージ。
時代は移っても。
我が子の健やかな成長を願う親のキモチは同じ。
蔵前に来てからは、こいのぼりも見られませんが。。
仕事中、外の通りをマスク姿でベビーカーのママさん
の姿を見るたびに、赤ちゃんを持つ不安に更にこの
不安な事態・・つい、心の中でこいのぼりを振って
エールを送ってしまいます(笑)。
はやく本当の五月晴れになりますように。。。

染織こうげい・浜松店さんでは細心の注意を払って
営業をされています。
今回はクニヒサの在廊は取りやめになりました。
『岩崎訓久・悦子作品展・糸ぢから春帯夏帯』
4月23日(木)~4月27日(月)

by senshoku-iwasaki | 2020-04-22 23:22 | 展示会・お知らせ
itonosakiさんの企画展のお知らせ。
『大人の半幅帯・初夏揃え 2020』と題して、
itonosakiさんセレクトの手仕事の品々が並びます。

ですが、今年は。
新たに出された緊急事態宣言を踏まえて、南青山の
itonosakiさん店舗は、5月のGW明けまで臨時休業
となっておりまして。

「イトノサキ・エキシビジョン」として
instaglamネット展示会という新しいカタチで
開催中です!@itonosaki_exhibition
itonosakiさんの企画展のお知らせ。_f0177373_19313700.jpg
昨年に引き続き・・今年もイトノサキさんから
iwasakiも半巾帯の出品依頼を頂きまして。
今年の『日本の夏じたく』で並べようと制作し
ていた「半巾50+」の中から10点をお預けして
おります。
昨年から「夏じたくまでに半巾を50本織りためる」
ことを目標に制作してきまして。
今年2月の段階で『日本の夏じたく』の中止が
決まり、いつもよりイロイロなバージョンの
半巾が生まれておりましたので。

itonosakiさんの企画展のお知らせ。_f0177373_19125138.jpg
例えばこんなレアなタイプも。
普段の素材は、ほとんど絹なiwasakiですが。
これはタテがリネン、ヨコは茶綿の杉綾織り。
茶綿は手紡の糸なので不均一さが良くて。
織りの切り返しで菱を出したり、リネンと
茶綿を一越ずつ入れることで、ぐしぐしと
運針のように見えるのも気に入っております。
デッドストックの昔の手織物のような。

実はこう見えて。
このタイプは制作に時間がとてもかかるので
4本しか作らなかったうちの1本です。

「半巾50+」。正直なところまだ40本しか
織り上がっておりませんで(笑)。
このレアタイプの兄弟(!?)を含めて
染織こうげい・浜松店さんでの作品展にも
お預けいたします。。。

・・・結局。
半巾50本ズラリと並べた姿は、私たち自身
今年も見るコトが出来ませんでした(笑)。
来年の夏じたく展までには・・・!?




by senshoku-iwasaki | 2020-04-20 23:21 | 展示会・お知らせ
2020『日本の夏じたく』の重要なお知らせ。
5月22日~24日まで予定しておりました今年の『日本の夏じたく』ですが、
新型コロナウイルスの終息状況が現時点で予測出来ないことから・・・。
中止ということになりました。

今年は園内の古建築を使って、出展者各自でお話会や、ワークショップを
予定しておりました。
iwasakiも蓮華院という、三渓も愛した茶室で50本の半巾帯を並べて・・・
自家織物好きのiwasakiならではの視点で作られる、iwasakiの半巾帯の
お話会の準備を進めていたところでした。

2020『日本の夏じたく』の重要なお知らせ。_f0177373_18303583.jpg
2月に屋根の改修工事をしていた蓮華院の下見に行きまして。

2020『日本の夏じたく』の重要なお知らせ。_f0177373_18305336.jpg
ここが原三渓が自らの構想で大正6年に建てたという茶室。
2畳半のこのスペースを、三渓はこよなく愛したと言われています。。。

今年は叶いませんでしたが、来年は!
パワーアップした『日本の夏じたく』と、パワーアップした
iwasakiで皆さまにお目にかかりたいと思います。





by senshoku-iwasaki | 2020-03-02 22:59 | 展示会・お知らせ
染織こうげい・神戸店さんでの作品展、お陰様で終了いたしました。
台風と重なってしまって・・・。
予定を変更して10日、11日と二日間だけ神戸店さんにお邪魔した
クニヒサでしたが。
10月とは思えない、蒸し暑い日にもかかわらずお出でくださった
心優しいお客様に・・・心より感謝申し上げます。
染織こうげい・神戸店さんでの作品展、お陰様で終了いたしました。_f0177373_17345324.jpg
今年ご注文で制作させていただいた、
『あかい八寸帯』をお召しくださって・・・Rさま。
ぼかしの入った帯締めがきりっと効いてとても素敵です!

染織こうげい・神戸店さんでの作品展、お陰様で終了いたしました。_f0177373_17353082.jpg
太目の国産キビソ糸を使って、緯吉野で三つ崩しのようにあじろ
にした『雨上がりの石畳』を締めてくださって。
シックなコーディネイトのなかに、こちらのお客様も帯締めの
赤が効いていていまして。やはり秋を感じます。。。

染織こうげい・神戸店さんでの作品展、お陰様で終了いたしました。_f0177373_17343273.jpg
染織こうげい・神戸店さんのスタッフの藤さま。
昨年の作品展のときにiwasaki定番の『銀河絹の山形斜文八寸帯地』
にお太鼓に少し変化をつけてほしいとのリクエストで生まれました。
「とても気に入っております!」のお言葉と、お似合いのお姿に
心からホッとしました。


染織こうげい・神戸店さんでの作品展、お陰様で終了いたしました。_f0177373_17351002.jpg
ちょうど神戸店さんにいたときに、仕立て上がってきた
Rさまの『お柱織り』。
やはり着物のカタチになると、見え方が変わってきます。
Rさまもとても喜んでくださって。
またまた・・・次回Rさまにお目にかかれる日が本当に楽しみです!

欠航となった12日の飛行機を諦めて前日の夜、激混みの新幹線で
蔵前の戻ったクニヒサと。蔵前の仕事場は1階なので・・・。
機はムリでもせめて糸だけは!とせっせと高所に上げていた私。
今回ここは、自宅部分の雨漏りくらいでしたが。
ニュースを見るたびに心潰れそうになりますが、あらためて。
iwasakiに出来ることをひとつずつ、一越ずつ日々を織り進めたいと
思っております。

不安定なお天気のなか・・・
お運びくださったお客様、染織こうげい・神戸店のスタッフの皆さま
本当にありがとうございました。








by senshoku-iwasaki | 2019-10-15 23:04 | 展示会・お知らせ
10月10日から
今年もiwasakiの作品展『糸ぢから』を開催いたします。

春の浜松店さんのときとは違う、秋らしい織物も充実させて。
今回も『糸ぢから』全開で、iwasakiらしいラインナップです。

10日(木)11日(金)12日(土)の3日間は、
クニヒサが染織こうげい・神戸店さんにお邪魔します!
(・・・ただ、台風の行方が。iwasakiはいつでも雲行きが怪しい・笑)。

10月10日から_f0177373_18214937.jpg
10月10日(木)~14日(月)
岩崎訓久・悦子展
『糸ぢから』

iwasaki、関西方面で作品展をする機会はほとんどないので。。。
お近くで・・・ご興味がもしございましたら!
お出かけいただけましたら嬉しいです。



by senshoku-iwasaki | 2019-10-08 21:27 | 展示会・お知らせ
2019・『日本の夏じたく』お陰様で終了いたしました。
夏に向けての支度・・・というには、暑すぎる・・真夏のような3日間でしたが。
お天気に恵まれた今年の『日本の夏じたく』展でした。

2日半という日程でしたが、今年も多くのお客様のご来場を頂きまして。
出展者それぞれ慌ただしく・・あっという間の3日間でもありました。

暑い中お運び頂きました、多くのお客様に心より感謝いたしております。。。
ありがとうございました。
2019・『日本の夏じたく』お陰様で終了いたしました。_f0177373_20165295.jpg
今年は『阿波藍とアイボリー』を充実させて。半巾・八寸・九寸・ストール・・と。
それぞれお客様に評判が良かったものだから(笑)。すっかり気をよくしたものの。
そうでした。
それは、森くみ子さんに染めて頂いた阿波藍の色が良かったからでして。。。
あ、でもその良い色を活かすコトが出来たのかも⁉とやっぱり気をよくして(笑)。
2019・『日本の夏じたく』お陰様で終了いたしました。_f0177373_20170508.jpg
森くみ子さんによる『阿波藍のはなし』のお話会も、ほぼ定員に達し賑わいました。
進行係のクニヒサ、頭をポリポリ・・・(笑)。西川晴恵さんにも助けていただきまして、
参加された皆さまからも。楽しい、興味深い、第2弾も聞きたい!と嬉しいお言葉・・・。
なんせ、森さんは藍に絡む日本史のこととなると熱いお話が止まりませんで。
クニヒサも私(エツコ)も。たった1時間でどう進めるか(収めるか?)悩みまして。
私はハラハラドキドキ、バタバタと不手際ばかりで・・・。
ご参加くださいました皆さまには色々とご迷惑をお掛けいたしました。
申し訳ございませんでしたっ!!
森くみ子さん、西川晴恵さん、ご参加の皆々様、本当にありがとうございました。

慣れないことばかりですっかりくたびれて、昨晩帰ってきたのですが。
レンタカーを借りているうちに・・南部町の家の草刈りにも行かねば!と今朝、南部町へ。
数か月振りの「お山のおうち」は、まー。大変なコトに・・(涙)。
35度超え⁉の炎天下の元、荒れ果てた庭の草取りと、裏山からの膨大な量の落ち葉の処理と。
夕方にはどうにか片付いて。
織物に比べりゃ、早いもんだと二人でお互いに言い聞かせあいながら。。。
夜に東京に戻りまして、ヘトヘト。今晩熱が出たりして(笑)。





by senshoku-iwasaki | 2019-05-27 23:47 | 展示会・お知らせ
本日より『日本の夏じたく』始まりました!
26日(日)までの3日間のみの『日本の夏じたく』展。
iwasakiは森くみ子さんと、阿波藍の爽やかなブルーと共に出展しております。

今日は午前中に搬入をして・・午後からのオープン初日となりましたが、
お天気も味方についてくれまして、お陰様で多くのご来場を頂きました。
実は私たちはまだ、他の出展者の方の展示をよく拝見していないのですが・・・。
皆さんそれぞれの『日本の夏じたく』らしい力作揃いです!
そしてこの季節の三渓園は、また格別ですから・・・。

ぜひぜひ、お出かけくださいませ。

本日より『日本の夏じたく』始まりました!_f0177373_19441438.jpg
明日は森くみ子さんの『阿波藍のはなし』お話会がオープン前にありまして。
こちらもお陰様でご予約もほぼ満席となりました。
さて、どんなお話会になるのか・・・私たちも楽しみです!

そんなわけでより一層、明日は阿波藍の風を感じて頂ける一日となりそうです。






by senshoku-iwasaki | 2019-05-24 21:31 | 展示会・お知らせ