カテゴリ:最中( 69 )
工房展、真っ最中に頂いた・・紀の国屋の『相國最中』
工房展、真っ最中に頂いた・・紀の国屋の『相國最中』_f0177373_2129853.jpgお蔭様で 秋の工房展、無事終了いたしました。

東京と南部町を行き来されている、Nさんは町内でミツバチを
飼っておられる方。
春には貴重な、採集作業を見学させていただきまして。
「ハイ、エツコさん!」と言って渡されたのは・・・!!
あのときとはまたチョット色味の違う、自家製ハチミツと
立川の『相國最中』。
この包装紙・・・たしか見たような・・!?
「あ!私、こちらの最中、以前頂いたコトがありますっ!」私。
「あら、ご存知?昔からある和菓子屋さんなのョ」Nさん。
そうだった・・。先日、昭和のモーターフライヤーを調整して
もらった、山梨の『きつつき工房』さんに以前頂いたのも・・
この最中でした!(こーゆー記憶の回路、どうして他のコトに
活用されてないのか・・・我ながら情けないっ!・泣)
おいしい粒あんがぎっしりの中に、求肥の入ったタイプと、
おいしい栗餡がぎっしりタイプの、どちらも大きめの最中。
相国(しょうこく)は、中国では宰相を事だそうで。お菓子の最
高の位を目指して名づけられたそう。フムフム。私の好きな
昭和の匂いも感じます!!

直球ど真ん中の最中。
どこの最中も、そのお店の『あんこ道』を直に感じとれて・・・
私は大好きなのです。染織iwasakiも放れる球は、ゆるめの直球しかありませんで。(笑)そういう意味では
iwasakiもiwasakiらしい最中であり続けたい・・と心から思っております。
田舎の粒粒餡、芋餡、仕事を重ねた漉し餡、さらし餡・・・餡と皮のバランスは、糸と組成のバランスといったところ
でしょうか・・・?  不便なところにある工房ですが、これからも絶妙な最中・・じゃなかった、織物を、発信してゆきたいと思っております!

たった8日間の工房展に、お越しいただきました皆様、ほんとうにありがとうございました。
そして今回お越しいただけなかった皆様、またいつかこちらの工房や、どこかの展覧会会場でお目にかかれましたら
大変うれしいです!!
by senshoku-iwasaki | 2011-10-31 22:28 | 最中
工房展、真っ最中。『成城あんや』の最中。
工房展、真っ最中。『成城あんや』の最中。_f0177373_2039087.jpgこれまた
とびっきりのごちそうが・・。
『エツコのおねだりモナカの
ページ』みたいになっちゃって
やしないかと・・。スミマセン。
世田谷にお住まいの、Nさんに
頂いた最中は、さすが「山の手」
といった気品漂う一品。
一度口にすると、思わず目を閉じ
てしまう・・『あんや』さんという
店名からもその、こだわりを感じ
ます。ほのかに(かすかに)シャ
リっとした餡の隅っこを感じるよう
な・・。ふと気づくと、子供らが同
じく目を閉じて食べてる。それも
二人して有難そうにチビチビと。
「ダボハゼみたいになんでも喰らいつくアニキはともかくだ、妹のほうはホントは大して好きじゃないんじゃないのぉ?」
「何言ってんの、おかーさん。しょーこは、あんこと饂飩とところてんが大好きなの。」娘(小1)。
「えっ!?イタリアンカフェ開くのが夢って言ってたじゃん!ケーキにパスタじゃないの?」私。
「そーだよ。お仕事はカッコイイ、ケーキにパスタなんだよぅ。でもホントに好きな人は違うの!」娘。
「かぁちゃんこの最中、かぁちゃんの好きなとらやのよーかんに似てる。ケチくさく少しずつ切った切り口の感じ・・」息子。
「あ、にぃちゃんソレ、わかるわかる・・・。しょーこもそう思った。コレ、ちょーおいしい!」娘。
・・・。そーでしたか。ケチくさくて悪かったわね。(笑)味覚も嗜好も思考回路までもこいつ等と同じとなると・・これから先イワサキ家、あみだくじとじゃんけん勝負の機会が増えるなぁ・・。
by senshoku-iwasaki | 2011-10-26 21:49 | 最中
工房展、真っ最中。『たまき』の最中。
工房展、真っ最中。『たまき』の最中。_f0177373_20194185.jpg「主人の実家が宇都宮でね・・・。」
先日、東京からいらしてくださったSさんからの戴きものは、
なんとも可愛らしい黄鮒のカタチ。その名も、無病息災最中。
包装紙からして可愛かったのだけど、箱を開けて「!!!」
豪徳寺の『招き猫最中』もだったケド。
もともと私は、『縁起物』と『最中』に何故だか目がなくて。
それが、見事に合体した上に更なる、このかわゆさ!(涙)
「ひぃうぇ~!!」と、なんだかわかんない歓喜の私の声に、
我が家の子供たちも、聞き逃すワケがなく。(笑)
「かわいいっ!!タイヤキみたい!」娘とクニヒサほぼ同時。
「縁起のイイ、黄色の鮒がモチーフなんだって」私。
「へぇ~。オレは『お代官さま、黄金色の最中でゴザイマス』
の小判かと思った・・。」息子。
「越前屋、ソチもバカよのぅ・・」実は全く同じ発想だった私。
なんでも、宇都宮の郷土玩具に張子の黄鮒があって・・。
むかし疫病が流行った際、今のJR宇都宮駅前の田川で
釣った黄色の鮒を食べたところ病が治ったという伝説が
あり・・・無病息災を祈って、張子の黄鮒を神棚に飾る習慣が
残っているのだそう。
身体健全と無病息災を願う郷土菓子、と書いてありましたが
十勝のエリモ小豆と甜葉自然結晶氷砂糖(北海道)と徳島
の和三盆で作ったという、おいしい餡子がぎっしりの・・・
それはそれは幸せの、至福のひとときでした。
Sさん、ごちそうさまでしたっ!!
by senshoku-iwasaki | 2011-10-25 21:39 | 最中
招福もなか。
招福もなか。_f0177373_20513278.jpg工房展においでくださった、
Nさんがくださった最中!
にゃんともカワユイ&縁起の良さ
そうなありがたい感じの最中。
「世田谷、豪徳寺の招き猫の」
・・・と。豪徳寺といえば招き猫。
でも、なんで?と思ったら・・・。
井伊直弼のご先祖、直孝公を
落雷から守ったとされるのが
豪徳寺の招き猫だそうで・・・・。
にゃるほどぉ~。
ご利益系、それからそれから
最中大好き人間の私(エツコ)は
にゃみだモノでゴザイマス。
白猫はこし餡。赤猫は白餡。
茶猫はつぶ餡で。世田谷の亀屋
さんというお店で作られているそう。どれもさっぱりとした甘さで、我が家の子供たちにも飛びつかれ・・・。
写真を撮ってるそばからドロボーネコが・・・。にゃんたるコトっ!!
Nさ~ん、ごちそうさまでしたっ!!。
by senshoku-iwasaki | 2011-05-09 21:18 | 最中
足助の『日月もなか』。
足助の『日月もなか』。_f0177373_20413874.jpg愛知県の足助町の名物最中。
いつもお世話になってる、
川合さんのご出身が足助町。
白粒餡の最中。おいしい煮豆
をサクッとした皮で頂いてる~
って感じがします。
当然のことながら・・・。
ご当地最中って、ご当地の数
だけ違ってて、それぞれに
味ワイが違います。
帰省のお土産に何度か頂いて
いるのだけど、食べながら・・・
まだ行ったコトない、足助の町
とか、この最中のお店とか・・・
勝手に想像するのが、
また楽しいお茶のひとときです。
by senshoku-iwasaki | 2011-01-14 21:03 | 最中
『しむらの色』展と『たねや』さんのコラボ。
『しむらの色』展と『たねや』さんのコラボ。_f0177373_19405286.jpg
浜松市美術館で発見!
そっかぁ・・・。志村ふくみさんは
滋賀県のお生まれ。『たねや』さ
んも滋賀県の超有名な菓子舗。
今回の展覧会を記念しての
オリジナルパッケージの最中。
『たねや』さんの最中といえば、
皮と餡を食べる直前に合体させ
る、手づくりもなかがあって・・。
発売当初は私も(当時から最中
好き)画期的さにビックリしたの
を覚えています。なんてったって
パリパリの香ばしさ・・・。ただ年
をとってから(笑)いちいち包装を
剥がすのが面倒だったりして・。
でも今回は特別だもの!『たねや』さんオリジナルのいつもの箱もステキだけど、今回は志村さんですもの。
うふふ・・・。この最中も久し振り^^。・・・にしても この最中、名前何ていうんだっけ?と思ったら、なんと『ふくみ天平』。
おおぉ~っ!!そうでしたか。ははぁ~っ!!
(なんでも中のお餅が『富久實もち』らしい・・・)有難く心して・・・チビチビとやらせていただきますっ!!
by senshoku-iwasaki | 2010-11-16 20:15 | 最中
カテゴリにモナカついか。
カテゴリにモナカついか。_f0177373_20451071.jpg
先日工房展にいらしてくれた神奈川のNさんご夫妻。
「エツコさん、最中お好きってブログにあったものだ
から最中も入ってるし・・・でもココ、豆大福も人気が
あるのでねそれも入ってるの。」と、ご近所の和菓子
屋さんのオススメをくださって・・・。
箱を開けると、豆大福にとら焼に最中と・・・。
「うわぁ!オレの好物ぅ!」と小彦麿の息子。
「ばかやろう。『オレの』好物じゃないっ!『アタシ』」。
・・・とまぁ、貧しい会話のあと仲良くみんなで頂いた
ものの。フフフ・・・最中は、残してあったのダ。
見た目もしっかりとした、香ばしそうな皮に、みんな
でいただいた豆大福もとら焼も、あんこは大納言の
しっかりとしたあんこ!コレはゆっくりチビッコ抜きで
頂こう・・・と。テンション揚がってきちゃいます^^
でも私(エツコ)、車の運転と写真はド下手。何度か
シャッターを押したもののいかんいかん・・・。
どうも違う・・・。結局クニヒサに撮ってもらって(笑)
二人で「いただきま~っす!」
思ったとおり、ぱりんっと香ばしい皮に・・・大納言の
華やかなつぶあんが・・・あ~幸せ。
小田急線南林間そばの『和空鉢の木』というお店、
南林間に行くことがあったら私、絶対寄りますっ!
Nさ~ん、ごちそうさまでした!!
by senshoku-iwasaki | 2010-10-28 21:33 | 最中
ニュー梅月の『かくし最中』。
ニュー梅月の『かくし最中』。_f0177373_19493581.jpg
先日 娘の運動会に千葉から母が来てくれて・・・。
帰り、身延線でのんびり甲府経由で帰りたいとのことで・・・。
絵手紙が趣味の母、身延の『なかとみ和紙の里』で西島和
紙を見てもらおうと、車で南部町から30分ほど上ったものの
・・なんとその日は定休日で残念~っ!!  
「そういえば・・・みつるちゃん(母)、身延線好きよね?」私。
「新富士まで送り向かえは、悪いからね。」母。
「構わないって~っ」私。
「いや。身延線はね、あんたが生まれる前だから40年以上
前にチビッコの兄たちを連れて、家族旅行したのョ。下部ホ
テルがモダンだったの!そこでね、『かくし最中』っていうの
がお茶請けに出てね・・・。それがうまかったから、お父が
お土産にいっぱい買ってサ~。」母。
「『かくし最中?』下部温泉が、信玄公の隠し湯だからという
のはわかるんだけど、最中に何か隠せるの?」最中好き私。
「それが隠れてるの!干しぶどうが。」母。
「ひぇっ!最中にレーズン!?それって合うもんなの?」私。
「それが合う!おいしかったの!」母。
「チョットチョット・・・!!かなり気になるわね~。そのお店は
今もあるんだろうか?」私。
「じゃあお母さん、下部駅までお送りしましょう・・」クニヒサ。
下部駅のまん前、そのお店、『ニュー梅月』さんありました!
「あの当時のまんまヨ!」チョット興奮気味の母。
「おおぅ~っ!!」昭和の香りたちこめる、iwasakiかなり好きな風情の店名と、店構え・・・。なかなかヨイ感じです・・・。
んで!!『かくし最中』、おいしかった~!!気になるレーズンは、確かに 白餡の中にひっそりと隠れておりました。
山梨のお土産らしい、ネーミングと味覚。近隣の町に10年も住んでいたのに、知らなかったなぁ・・・。こういう
いわゆる、お土産和菓子の最中もまた、イイもんだなぁ・・。とパクパク・・・。軽いのでイケます。
一家ですっかり食べてしまって、工房展のお茶請けまで持ちませんでしたが(笑)、身延線でお出での際は途中下車で下部の湯につかって、かくし最中も・・・オススメです。
ニュー梅月の『かくし最中』。_f0177373_20563269.jpg

                 ↑包装紙もまた、昭和の風情がイイ感じ。
by senshoku-iwasaki | 2010-10-18 21:05 | 最中
私にとってはキングオブ最中。柳橋・梅花亭の『三色梅もなか』
私にとってはキングオブ最中。柳橋・梅花亭の『三色梅もなか』_f0177373_20441946.jpg
これが 柳橋・梅花亭の梅最中。
左奥が白梅。上品な漉し餡で、
右奥は紅梅。絶品白餡に大納言の蜜漬けが
ちらほらと散らしてありまして・・・
手前が たそがれの梅。小倉餡です。
それぞれに 皮の香ばしさと餡のハーモニー
が見事に マッチングぅ~!なのです。
20年前に 初めて出会ってしまってから
ずっと大ファンなのですが、ちょうどその頃。
まだ千葉の実家にいたころ、中学からの私の
(数少ない!?)女友達がひょっこり遊びに
来て。このマイフェイバリット最中を特別に?
出したことがありまして。
「最中!えっちゃん相変わらずシブイね~!
すげぇっ!あんこ、はみ出してるっ」
とか言いながら、バクッとひと口で喰い、
よく味わいもせずにズーっとお茶を呑み・・
極めつけに「最中ってさ、何食べても同じに感じるのよね~!なんか上あごにつく感じ?」
とほざいた友に「もう、あーたには絶対やらん!!」と怒りまくったことがあります。(笑)

「まず、あんこがはみ出してるワケではないのよ。ミカちゃ~ん。これはぷっくりとした、かわいらしい梅の表現
だわよ。これがフツーの最中のようにピタッと閉じてたら 見た目も半減でしょ~。それに、この芸術的なまで
に完成されたあんこ!これがまた梅の花弁のようでしょーが!まずは眺めて『あ~美しい。』それから
お茶(渋めの深むし茶がオススメ)をひと口。そこでやっと手にとって・・・こうやって上と下とそっとネジって
パリッという皮と、ふんわりお口にひろがるあんこの香りを鼻でも感じてさぁ・・・。この最中をつくっている職人さんに思いを馳せるのよぉ・・・。」とまぁ・・友人に呆れられたのは言うまでもありませんが、今もその思いは同じだけに たいていは夫と二人で子供にも見せず(笑)工房で、チビチビやるのが至福のときでゴザイマス。
ところが 昨日
やや肥満の7歳の息子。「○○クンがさ~、まんじゅうが嫌いだって言うんだけどさ。何で?て聞いたら、あんこが嫌いだって言うんだよ~。『おばぁちゃんが作るあんこが超甘いから』って・・・。だからオレ、言ってやったんだ~あんこもイロイロだって・・。きっと○○クン、美味いまんじゅう知らないな・・。ところで、この間、啓吾叔父ちゃんから何か届いたって言ってなかった?」
ドキッ!!
実は、「梅花亭」何軒か東京にありまして。
兄の住まいの近くに 神楽坂の梅花亭があるので、神楽坂のほうの梅最中を、先週送ってくれていたのを何故か知ってる、やや肥満。
「お前、さすがに鼻が利くなぁ・・・。でも、やらん。」
神楽坂のほうも、お花のカタチとサイズは ほとんど同じ。でも餡は、全く違うんですが こちらも美味しいです。兄ちゃん、アリガトね!!
それにしても和菓子・・・深いです。そうそう、柳橋・梅花亭の『三笠山』イワサキのお爺ちゃんの好物だったそうなんですが、これも絶品です。えんどうまめの餡がまた美しい・・・。あんこもイロイロですいなぁ。
やや肥満も、味がわかるなら一つくらいやってもイイか・・。でもやらん。
by senshoku-iwasaki | 2010-01-28 21:51 | 最中