カテゴリ:増孝商店 KM( 60 )
増孝商店・夏場所、お陰様で終了いたしました。
連日、じめじめムシムシの不快な湿度のなか・・・。
またいつもとは違う、不安な状況のなか・・・。
iwasakiの増孝商店までお越しいただきましたお客様に、
連日チカラを戴きました。
心より御礼申し上げます。

涼やかにお着物でiwasaki織物を纏ってくださった!
嬉しすぎる再会を。。。


増孝商店・夏場所、お陰様で終了いたしました。_f0177373_19023793.jpg
6月に織りあがったご注文の『阿波藍とアイボリー』の
山形斜文の半巾帯を早速に締めてきてくださったSさま。
雨の中をお越しくださって・・感激です!
爽やかで清々しいSさまのお召し姿に、iwasaki夫婦も
とても爽やかなキモチになりました。


増孝商店・夏場所、お陰様で終了いたしました。_f0177373_19025414.jpg
Nさまは『緯吉野・SAVON』の半巾帯を。
これを制作した当時はiwasakiでは珍しい(!?)
ピンク系だったのですが。ここからiwasakiのカラー
バリエーションが増えた気がします。。。
お着物は千葉あやのさんのものと伺って。思わず
ひぇ~っ!と。私(エツコ)、学生の頃どれほど
千葉あやのさんの生き方に憧れたかしれませんで。
憧れの方の作品と、自分が織った半巾帯がNさまに
よってコーディネートされているなんて!(涙)
生きててヨカッタ、織りを続けて本当にヨカッタ。


増孝商店・夏場所、お陰様で終了いたしました。_f0177373_19032378.jpg
こちらは別のNさま。
昨年お作りさせて頂いた、生紬の『チョコミント』
と、緯吉野の八寸『赤城節のコブシ』を合わせて。
iwasaki尽くしの夏バージョンで!
あ、ありがとうございます。。。嬉しいです。
増孝商店・夏場所、お陰様で終了いたしました。_f0177373_19034618.jpg
最終日にいらして下さったKさまは、昨年お求めい
ただいた緯吉野の半巾帯を締めて。
タテヨコに長野の宮坂製糸さんの『銀河シルク』を
使ったもので、光沢感のある帯地です。そのとき
Kさまはiwasakiをインスタグラムで知り、増孝商店
に来ましたとおっしゃって。未だにおっかなびっくり
のインスタなのですが(汗)、Kさまのようなお洒落
な方に見つけて頂けて・・光栄ですっ!
ラフィアを編んだ素敵なバッグを合わせて。つい・・
あのぅ・・とお聞きして(笑)。JAMIN PUECHと
教えていただき、しっかりメモしてしまった私。。。
いつかKさまのマネが出来たらイイなぁ。
ありがとうございます!

増孝商店・夏場所、お陰様で終了いたしました。_f0177373_19040930.jpg
今回はお伺い出来ないのが残念なのですが・・・と。
Kさまはリモート(!?)でご参加です。
昨年の『日本の夏じたく』でお選びくださった
『阿波藍とアイボリー』の絽の八寸を締めた画像を
お送りくださいました。この八寸、ヨコ糸には苧麻
も入っていまして。古布のような風情を目指した
もので。Kさまに「気に入っています」と言って頂
けて本当に嬉しいです。。。

つくる原動力は、いつも。
使い手であるユーザーさんの温かな声とお姿です。
直接お会いしたり、対面でお話したりがナカナカ
今はムズカシイけれど。
今場所もたくさんの温かい言葉を頂きまして。
iwasaki、たくさんのパワーが湧きました。
増孝商店・夏場所終了とともに長かった梅雨も明け
ましたので。またこれから
ココロハレバレ制作に励みたいと思います!
ありがとうございました。


by senshoku-iwasaki | 2020-08-03 00:00 | 増孝商店 KM
増孝商店・夏場所では。。。
秋冬向けにもオススメな半巾もゴザイマス。(笑)
『半巾50+』のシリーズから。

緯吉野の組成は、ヨコ糸がたっぷりと出るので
微妙な色合いや糸の質感が、帯として締めた時
にブロックのように見えるのも面白いと思って
います。

増孝商店・夏場所では。。。_f0177373_18415669.jpg
iwasakiの織物には、エツコ特製(!?)繋ぎ糸
が織り込まれていることも多々。
限られた素材を余すことなく無駄にせず使い切る、
愛おしくも美しい、山里に暮らすおばあちゃんの
『自家織物』がテーマだからです。

仕立てることなく、織ったまま帯となる半巾帯は
とても『自家織物』らしいと思っていまして。
iwasakiならではのiwasakiらしい織物だと自負
しています。

お洒落をしてのお出かけはナカナカ出来なくても。
たまにはお家で。
お母さまや御祖母さまのお着物に、iwasakiの半巾
を合わせて楽しんでくださっている・・・なんて
お話を伺うと、心から嬉しくなってしまいます。
現在過去未来・・いろんな組み合わせでどなたか
の歴史や、物語の一端に繋がることが出来たなら!
作り手として、これほど幸せなことはありません。

増孝商店・夏場所では。。。_f0177373_18421405.jpg
増孝商店・夏場所が始まってから、急に花芽が
ニョキニョキと伸びてきたキセログラフィカ。
幅広の優美な葉が魅力的で、織りながらいつも
うっとりしていたのですが。。。
花が咲く、というのは素敵な兆候!・・・と、
無理やりにでも(!?)自分に言い聞かせてお
ります(笑)。。。


2020 増孝商店・夏場所
      7/25(土)~8/1(土)
10:00-13:00 ご予約の方
13:00-18:00 open
増孝商店・染織iwasaki工房 
台東区蔵前1-6-11 1F

小さな工房の小さなshopですので、
密を避けるため今回は三名さま以上での
ご来店はご遠慮願います。

10:00~13:00の時間帯は予約制と
させて頂きます。
ご予約はお気軽にお電話、メール等で
お問い合わせ下さい。

TEL 03-5829-4339
MAIL mail@senshoku-iwasaki.com

by senshoku-iwasaki | 2020-07-29 22:30 | 増孝商店 KM
増孝商店・夏場所、本日より始まりました。
梅雨場所でもヨカッタかしら!?の雨続きですが。。。
始まりました。

昨日は久しぶりにガラス窓をピカピカにしまして。
なんだか視野までクリアになりました(笑)。
増孝商店・夏場所、本日より始まりました。_f0177373_17513460.jpg
やわらかい黄色のラインのショール『繋げていく日々』
少しシャリ感のあるシルク。更にヨコ糸の絹糸の太さ
を変えてシボ感を出しています。
ショール類もこうして広げてみるのも実は新鮮です。。
増孝商店・夏場所、本日より始まりました。_f0177373_17503291.jpg
『半巾50+』は、20本ほど並んでおります。



2020 増孝商店・夏場所
      7/25(土)~8/1(土)
10:00-13:00 ご予約の方
13:00-18:00 open
増孝商店・染織iwasaki工房 
台東区蔵前1-6-11 1F

小さな工房の小さなshopですので、
密を避けるため今回は三名さま以上での
ご来店はご遠慮願います。

10:00~13:00の時間帯は予約制と
させて頂きます。
ご予約はお気軽にお電話、メール等で
お問い合わせ下さい。

TEL 03-5829-4339
MAIL mail@senshoku-iwasaki.com


by senshoku-iwasaki | 2020-07-25 21:57 | 増孝商店 KM
増孝商店『師走場所』無事終了いたしました。
4日間限りのiwasakiのshop『増孝商店』でしたが。
年末の慌ただしい頃・・お出でくださった皆々様、
心より感謝申し上げます。ありがとうございました!
増孝商店『師走場所』無事終了いたしました。_f0177373_19100642.jpg
甲府からお運びくださったOさま。
杉綾織の紬をとても気に入って下さっていて、
この日も着てきてくださいまして。あぁ嬉しいです。。。
Oさま、2年前からiwasakiにお題をくださっておりまして。
個性的な博多帯に合わせる着尺で、単衣で永く愛せるモノを。
とのお題にようやくiwasakiの提案とOさまが合致。
三つ崩しがお好きなOさまの『御柱織り』が来年生まれます。

増孝商店『師走場所』無事終了いたしました。_f0177373_19102953.jpg
Kさまはカッコよく男前に『青木間道をモチーフにした
八寸帯』を締めてくださって。
「今日はきっとお太鼓崩れちゃってると思うので(笑)、
前だけにしてくださいね。」
とてもお似合いで嬉しかったです!!

増孝商店『師走場所』無事終了いたしました。_f0177373_19105028.jpg
Uさまもご注文で作らせて頂いた『杉綾織の紬』を
お召しになられて。ベージュ系のまわたのつむぎ糸
が濃いめのタテ糸を、鈍く光らせて・・。
よく見ると、切り返しの菱が浮かび上がります。

増孝商店『師走場所』無事終了いたしました。_f0177373_19111005.jpg
iwasakiの半巾帯をいろいろお使いくださっているSさま。
この日は紅花の潔い縞の紬に、iwasakiの織り半襟を。。。
昨年、神楽坂でのグループ展でお求めくださいまして。
1枚だけ残っていた新作の緯吉野の織り半襟に「これも!」
半巾帯と織り半襟。どちらもiwasakiらしい織物で。
そこにハマって下さっている、Sさまの存在は何より
原動力になります!ありがとうございます。


増孝商店『師走場所』無事終了いたしました。_f0177373_19112884.jpg
ekkaのスペシャルなマントを纏ってMさま。
タテヨコ絹で、チャーコールグレーのタテに
シルバーグレーのヨコ。見返しと裾はヒスイ色。
iwasakiは生地を織っただけですが(笑)、サカタの仕事が
とにかく美しいマントでした。

増孝商店『師走場所』無事終了いたしました。_f0177373_19114531.jpg
ekkaのダッフルコートにカラフルタイプの
『楊柳のマフラー』を巻いてKさま。今年久しぶりに
制作した『大きな楊柳マフラー』を手にされて。
「このサイズは持ってないし、明るい色が入っている
タイプのほうが今の私はイイみたい・・・」と。
次回はこのダッフルに『大きな楊柳のマフラー』を
ぜひ!合わせてみてくださーい。。。
増孝商店『師走場所』無事終了いたしました。_f0177373_19120535.jpg
初日に『青木間道をモチーフにした八寸帯』を締めて
お出でくださったKさまは、そのときにお求めくださった
最新の半巾帯を早速締めて最終日にもいらしてくださって!!
うわぁ~。感激ですっ!
夫婦岩崎、50歳記念に取り掛かっている大(!?)
プロジェクト『半巾50』企画の半巾帯たちの一端です。

二人っきりの手織り工房ですので、
出来るモノにも量にも限りがあるわりに、出来たモノは
どうってない地味で、見どころ的にはマニアック(笑)。
にもかかわらず、今回も遠方よりわざわざお立ち寄り
いただいたり、お問い合わせくださったり。
秘かに(!?)始めていたインスタグラム画像を見て
お越しくださったマニアックなお客様に本当に。。。
感謝しかありません。

これからも生きている限り、作り続ける所存です。
ありがとうございました。




by senshoku-iwasaki | 2019-12-16 23:13 | 増孝商店 KM
『増孝商店・2019師走場所』始まりました。
たった4日間だけのオープンですが、
iwasakiの「いろんな」が詰まっております!

今日は春のような陽気でしたが。
今年は久々に。
マフラーやウールの広幅ショール、ブランケット
等々暖かい織物もたくさん出来ましたので。
よろしければぜひ、お手に取ってご覧いただきたいです。

『増孝商店・2019師走場所』始まりました。_f0177373_18081656.jpg
たとえば新作の楊柳のマフラーはぐしぐしと、
まるで運針みたいな文様を、織り出しています。
なんだか可愛くて・・・
制作者的にはかなりなお気に入り(笑)。
『増孝商店・2019師走場所』始まりました。_f0177373_17353907.jpg
iwasakiの織物は「ぱっと見」よりも「じっと見」で。
じわじわとハートに迫る、愛おしさを
どこかにひっそり(!?)織り込んでおります!



by senshoku-iwasaki | 2019-12-12 18:28 | 増孝商店 KM
増孝商店『師走場所』、12日より始まります!
久しぶりに簡単なご案内状も作りまして。
これからの『増孝商店』の在り方について考えたり・・・。
つくること、生きることが常に一緒のiwasakiを、リアルタイムで
ユーザーさんであるお客様と繋がれる場であれたらと。
増孝商店『師走場所』、12日より始まります!_f0177373_20224344.jpg
ところが。
12月に入ってからiwasakiはアクシデント続き(涙)。
10月の台風以降、ちょっとした雨でも3階は雨漏りが。
生活スペースの3階のキッチンの排水が詰まり・・・
工房部分である1階の下水も流れが悪く・・・。
築50年のこのビルの、建設当初からの業者さんに来てもらって、
都の下水局の方も来てもらって・・調べて頂いたら。
がーん!
「ビルの下の下水管が割れて崩れかけています」とのことで。

iwasaki結成から28年。
今までに松本、千葉、山梨南部町、そして蔵前と暮らして
きたけれど。これはかなりの大ピンチー蔵前編ー。

息子が小4くらいの頃、寝ぼけて夜中に私を起こして。
「なんで『つまんない』って言葉があるんだろう?だって
流れているのに」と禅問答のようなコトを言ったことが・・。
まったく。
その息子は高2になり、バカなのに大学進学を希望しており、
中3の娘も今後どうなることやら・・・。
まー。ピンチが止まらない(笑)
詰まりっぱなし(!?)のiwasakiの生きる道は、
きっと『つまんなくない』面白い道なのかも。。。

そんなこんなでひょっとするとトイレが使えないかも!?
な『増孝商店』ですが、
『つまんなくない』織物を所狭しを並べておりますので
よろしければお出かけくださいませ!!




by senshoku-iwasaki | 2019-12-10 22:03 | 増孝商店 KM
久々に、『増孝商店・師走場所』開催いたします!
◇年に数回のiwasakiのshop
『増孝商店(ますこうしょうてん)』と思いながらも。
ナカナカopenしない(いや、出来ない)
増孝商店なのですが(笑)。2019の締めくくりは!

2019・12月12日(木)~12月15日(日)
iwasakiの蔵前工房内の小さな小さなスペースにて
久々に『増孝商店』をopenします!
久々に、『増孝商店・師走場所』開催いたします!_f0177373_18444577.jpg
現在機にかかっております、この新しいブランケットも。
毎日ため息つきつつ織っている、新作の緯吉野着尺も。
iwasaki定番の八寸帯地も。
新しいマフラーやショールも。
たった二人で手織りしているiwasaki織物ですが。
イロイロ取り揃えて。
工房ならではのご紹介を出来たらと思っております。







by senshoku-iwasaki | 2019-11-18 22:17 | 増孝商店 KM
『増孝商店・梅雨場所』お陰様で終了いたしました。
3日間限りの、僅かなスペースの僅かな営業時間(笑)でしたが。
更にお天気も悪いなか・・・
お越しくださいました皆さま、本当にありがとうございました。

昨日閉店後の片づけをしておりましたら・・・。
部活帰りの中3の娘に「えっ!?もう終了なの?やる気あんの?」と笑われて。
やる気はあります!
ただ不器用なので、あれもこれもは出来ないだけでして(トホホ・・・)。
それにマニアックな織物ですので。
お好きな方に、ゆっくりとお手に取ってご覧いただける『増孝商店』でありたいと。

商品についてのご説明はさせていただきますが、それ以上のお勧めは致しません。。。
なんせ自分たちで作ってるものですから(笑)。
自分たちの中では勿論!イイと思っていないと作れません。。。

次回は12月。
冬向けの織物も(これから制作することになりますが)用意して。
またオープンいたしますので、お出で頂けましたら幸いです。

『増孝商店・梅雨場所』お陰様で終了いたしました。_f0177373_20045245.jpg
横浜からお出でくださったYさま。
先月の三溪園での『日本の夏じたく』のときに選んでくださった、織り半襟をされて。
とてもお似合いで嬉しかったですっ!!ありがとうございます。

『増孝商店・梅雨場所』お陰様で終了いたしました。_f0177373_20042139.jpg
『増孝商店・梅雨場所』前日までかかっていた、Rさまの「あかい八寸帯地」。
赤なんだけど、茶のような、素朴で糸味があって、平織りで・・・。
かなり近いものになったのではと思っておりまして。

ひとつずつ、一越ずつの前進しか出来ないiwasakiですが。
『増孝商店』も織物制作も、カメの歩みで進めてゆこうと思っております。

ありがとうございました。



by senshoku-iwasaki | 2019-06-24 22:58 | 増孝商店 KM
2019『増孝商店・梅雨場所』始まりました。
本日より23日(日)までです。

久しぶりの増孝商店。
いつも制作している場所なのに、こうして店開きをすると
季節の移り変わりの速さを改めて痛感したりして。
あっという間に月日は過ぎ去っていってしまうから、今場所の色や空気を
どうにかアタマに留めておきたい私(エツコ)です。。。(でも忘れやすくって・涙)

先週の6月12日から日本橋三越・本館5階では『日本の夏じたく』にも出展されている方々
による『夏を愉しむしつらえと装い』という展示会をしております。
通期のアトリエkinamiさん、limulの片桐さんのほかに・・今は後期の方々で新啓織物さん、
飯島桃子さん、大き令子さん、樋口佳苗さん、峯史仁さんが出展されていますので。
蔵前と日本橋三越とセットで(!?)お楽しみいただくのも良いかもしれません。。。

といいましても。
増孝商店は3人でいっぱいになってしまうような、小さな小さなお店ですが・・・。
よろしければお出かけくださいませ~。



2019『増孝商店・梅雨場所』始まりました。_f0177373_18273493.jpg



by senshoku-iwasaki | 2019-06-21 19:12 | 増孝商店 KM
久々に、『増孝商店・梅雨場所』開催いたします!
6月21日(金)・22日(土)・23日(日)の3日間。
ココ、蔵前の染織iwasaki工房にて。
狭ーい猫の額ほどの会場ですが、よろしければお出かけくださ~い!
11時~18時半までopenしております。

増孝商店(ますこうしょうてん)は、クニヒサのお爺さんが昭和元年に創業した玩具問屋で。
この家の屋号となっております。
玩具問屋時代取り扱っていたおもちゃは、「箱もの玩具」と呼ばれる主に誕生日やクリスマスに
登場する、チビッコたちにとっては心躍る・・ハレの日のおもちゃたちでした。
大正の頃・・ウチの高2の息子よりも若かったお爺さんが、房総から浅草に一人上京して。
玩具問屋に長く奉公をして・・独立したのだと聞いて。さぞや心細かったろうなぁ。。。
でも夢のある、平和なモノを仕事に選んだんだなぁ・・と。

3代目の業種はかなり変わってしまいましたが(笑)、天国の祖父と父の想いも込めて。
夢のある、平和な織物を作り、ご紹介できる『増孝商店』にしたいと思っております!!
・・・が。つくるコトに時間がかかって、『増孝商店』開店は年に1週間ほど・・のレアな(!?)
shopとなっておりますので。ご興味がございましたらお見逃しなく・・・。
次回は12月の「師走場所」となる予定です。
久々に、『増孝商店・梅雨場所』開催いたします!_f0177373_18342762.jpg
Nさまにご注文頂いていた、生紬のチョコミントな崩しの格子。
ようやく織り上がりまして、湯通しをしてから砧打ちを・・・。
それを2回繰り返しまして。
久々に、『増孝商店・梅雨場所』開催いたします!_f0177373_18350374.jpg
だいぶ柔らかくなりました。
これから湯のし屋さんに出しまして、湯のしが済んだら完了です。
それでも夏用の生紬なので、まだまだ硬さを残しています。
そこから先は、ユーザーさんであるNさまに。着て頂いて、洗って頂いて、育てて頂いて。

ずっと欲しかった、夢にまで見たおもちゃを手に入れたときの喜びと。
その喜びを、使い続けていくことで自分だけの歴史も刻む愛着のある喜びにも変えてもらえたら。

古びた昭和のビルの1階で、新しい織物を並べてお待ちしております!





by senshoku-iwasaki | 2019-06-16 23:48 | 増孝商店 KM