カテゴリ:増孝商店 KM( 60 )
ショール『sunrise』、夏バージョン。
ショール『sunrise』、夏バージョン。_f0177373_22533097.jpg

たくさんの色を使って、大きくグラデーションする『sunrise』。
織るのは一越一越・・・杼(シャトル)を変えて。
日の出の頃の、一刻一刻・・・の空の色。空気のいろ。雲の色。
夏バージョンには、セリシンを残したシャリ感のある絹を、2割から4割ほど
入れてあるので、凹凸があってベタっとしないように作っています。
ノースリーブの上に纏ってもキモチイイように・・・。

三渓園での『日本の夏じたく』が終わってから、Mさまの結びの紬にかかるまで・・・。
数点(少量生産のiwasaki・笑)織りました。
23日からの『増孝商店・夏場所』に並びます。
今年の夏のはじまりに生まれた・・・『sunrise』、どうぞお手にとってご覧下さい~!

『sunrise』ショール・・・¥40,000+税~です。
by senshoku-iwasaki | 2014-07-19 23:40 | 増孝商店 KM
楊柳のストール・『sunny days』
楊柳のストール・『sunny days』_f0177373_21204896.jpg

楊柳のストールは、iwasakiの定番アイティム。
もう15年以上・・・毎年30~50枚以上は織っております。
シボをつくるのは、絹糸に強く撚りをかけた・・強撚糸と呼ばれる糸で、
『お召』のキモノなどに使われている絹糸です。

同じ絹糸でも、繭の種類や、糸のとり方、撚り加減、練り加減・・・で
その表情はさまざま。
iwasakiでは、それらの特徴を活かして・・・帯地や着尺、もちろん連動して・・・
ショールやストールにも使っています。

春なら・・・まわたのつむぎ糸をたっぷり入れて、ほっこりと。
冬なら・・・絹のほかにウールや、シルクールも入れて、ポカポカに。
そして・・・夏なら!やっぱり・・・さっぱり!シャリシャリ!

セリシンを残した、夏用紬の生糸を多めに用いて・・・肌にベタッとしないようにしています。
ただ・・まわたのような柔らかさはないので、好みが分かれるのですが(笑)。
それでも毎年、この『夏楊柳』を楽しみにしてくださるマニアックな方もいらっしゃって・・・。
ありがたいなぁ・・・嬉しいなぁ・・・。
なんてったって私(エツコ)は、この楊柳のシリーズが大好きなのです。
小管(こくだ)にほんの少し残った・・・糸だって、効果的に活きる瞬間に出会えます。

織物を、続けてきて。
ひとつだけハッキリと解ったコトがありまして。
『何かの犠牲に何かが生まれる』みたいなコトがあるとしたら、それはお蚕さんが絹糸を授けて
くれたコトだけで、何一つ犠牲は許されないのです。
例えば、織っているときにどこかタテ糸にキシミがあったとして・・・それを無視して強引にやっつけよう!
なんてすると・・・とたんにこっちがコテンパンにやっつけられてしまいます(涙)。
なので、お蚕さんへの感謝のキモチだけは忘れずに・・・『活かしきる』を私はモットーとしています。

楊柳のストール、色だけじゃなくて。
手触りまでもさまざまな、絹との出会いになってくれたら嬉しいなぁ・・・と思って作っています。

私の大好きな日常は、晴れの日ばかりじゃ・・もちろんなくて。何をやってもうまくいかない土砂降り
の夜(このまま夜が明けないんじゃないか?と思うくらいの・・・)だってありますが。
過ぎてしまえば、どれもこれも・・・かけがえのないsunny days。
そして明日も・・・眩しい日々を!!

23日からの『増孝商店・夏場所』にて最新作が登場です。
楊柳のストール・『sunny days』_f0177373_22273638.jpg

楊柳のストール『sunny days』¥18,000+税~です。
by senshoku-iwasaki | 2014-07-16 22:29 | 増孝商店 KM
年に数回の増孝商店、夏場所もうすぐです。
年に数回の増孝商店、夏場所もうすぐです。_f0177373_1943669.jpg

今年春から始めるコトとなりました、東京・蔵前でのiwasakiのシーズンショップ『増孝商店』
夏場所は、7月23日(水)~7月29日(火)です。
open11時~19時 ※26日(土)は15時まで。
予定をたてたときに気づかなかったのですが、26日(土)は隅田川花火大会でして。
『増孝商店』の前の通りもかなり混雑してしまいますので、落ち着いてゆっくりご覧いただけないので・・・。
早仕舞いさせていただきます。スミマセン。


昭和44年生まれのiwasaki夫婦。
『増孝商店』はクニヒサの実家ですが、千葉生まれの私(エツコ)にとって蔵前=国技館なのです。
なのでつい、春場所・夏場所・・・なんて、どすこいな呼び方をしてしまうのですけれど。

「エツコさーん、若い人は蔵前に国技館があったコト、知らないんじゃないかなぁ?」クニヒサ。
「・・・ん!?え~っ!!数々のプロレスの伝説が生まれた、蔵前国技館を知らないと?」私。
「私は小中と・・・。ご近所でしたし、世代でしたから(笑)。随分とその伝説は生で観ましたけどね。」クニヒサ。
「そっかぁ~!それでかぁ・・・。
最近30歳くらいの若い人と話をしてね。その人の言ってる、『昭和』のイメージがアタシとかなり違うのよ~。
聖子チャンとかね・・・それって、昭和というより、1980年代じゃーんっ!って(笑)」私。
「かぁちゃん、オレはなんとなくワカルな。ウルトラマンも80(エイティ)から劇的に変わってたんだよね・・・
とぅちゃん世代の、反射板の付いた塩っぽいバルタン星人もオレは好きだったけどね(笑)。」小6息子。
ムムム・・・。チビッコの頃よりYouTube世代の現代っ子、親たちの遠い記憶よりまだ色鮮やかのようで。

iwasaki夫婦と同じ歳の、増孝ビル。
1960年代の『昭和』がたっぷり詰まったそのビル1階、『増孝商店』真夏の7days。
よろしければぜひぜひ・・・汗を拭き拭き(笑)お出かけくださいませ!!
by senshoku-iwasaki | 2014-07-03 20:41 | 増孝商店 KM
お蔭様で春場所(!?)終了いたしました。
お蔭様で春場所(!?)終了いたしました。_f0177373_2212739.jpg

増孝商店、春の部はお蔭様で・・・思いもかけず多くの方々においでいただきまして。
連日本当に有り難く、感謝のキモチでいっぱいです。
気がつけば25年ほど織物に携わっておりますが。
アウトローで、どこまでもマイナーなiwasakiなのですが(笑)。
今回「iwasakiのHPや、ブログを読んで楽しみに来ました!」
・・・なんて、まだお会いしたコトの無かったお客様に出会うコトが出来ました事、
ビックリしたり、緊張したり、嬉しかったり・・・。
もっともっと作りたかったなぁ・・・。いや、でもこれが精一杯だったんだよなぁ・・・とか。
結局。
クニヒサと私(エツコ)の二人っきりの織物なのですが、
これからどうにか・・・稽古に精進しまして、夏場所を迎えたいと思っております!
お出でくださった皆さま、本当に有難うございました。
どうかこれからも、iwasakiと増孝商店をよろしくお願いいたします。
by senshoku-iwasaki | 2014-04-01 22:57 | 増孝商店 KM
お向かいの、第六天榊神社の桜も・・・
お向かいの、第六天榊神社の桜も・・・_f0177373_2073569.jpg

昨日朝は4、5輪ほどだったのに、今日は一気に咲きはじめました。
やっと春がやってきたんだなぁ・・・と、東京で体感しております(笑)。
iwasakiの増孝商店、春場所(!?)もいよいよ明後日の月曜日までです。
連日、たくさんの方にお越しいただいて、『増孝商店』も大変喜んでいるのでは
ないかと思っております!!もちろん、私たちも!
南部町に戻ったら、先月の大雪で大破してしまった・・雨どいの修理を頼まないと!
うっかりすると・・・のんびりiwasaki、すぐ梅雨がやってきてしまいそうです(笑)。
「年にたった3回だけのオープンなんて、もったいない!」と笑われますが・・・。
私たちにはもう夏場所が目前に思えてきまして・・・(笑)。
キモチだけは焦っております・・・。
by senshoku-iwasaki | 2014-03-29 20:24 | 増孝商店 KM
ひっそりと(!?)・・・始まりました。
ひっそりと(!?)・・・始まりました。_f0177373_1922508.jpg

iwasakiの増孝商店、今日からはじまりました。
着物屋さんともギャラリーとも違う、マニアックな織物だけの小さな店ですが・・・。
オープン初日の本日は、わざわざ遠方からお越しくださったお客様もあり・・・
大変有り難く、二人して恐縮しております。
商売のほうは・・・たぶんきっとずっと(!?笑)素人のiwasakiですが。
面白い(と思う)織物を作り続けて、それを季節ごとにご紹介できる場にしたいと
思っております。
ひっそりと(!?)・・・始まりました。_f0177373_19231133.jpg

KMマークの鉄の看板が目印です!
3月31日(月)まで営業しております。
よろしかったらお出かけ下さいませ!!
by senshoku-iwasaki | 2014-03-26 19:40 | 増孝商店 KM
この道の
この道の_f0177373_1721416.jpg

左側にスグ・・・。
KMマークの看板を目印に。
第六天、榊神社の左脇に・・・『増孝商店』、ひっそり出現いたします。
いよいよ今週水曜日から始まります。

3月26日(水)~3月31日(月)

●年に数回のiwasakiのshop
  増孝商店
東京都台東区蔵前1-6-11
by senshoku-iwasaki | 2014-03-24 17:34 | 増孝商店 KM
今回の『増孝商店』は、帯・着尺などが中心ですが。
今回の『増孝商店』は、帯・着尺などが中心ですが。_f0177373_19333643.jpg

ショールも並びます。これは一昨年から作っているシルーズの『parade』。
コットンとシルクで、控えめに(!?)待ち焦がれていた春がテーマ。
どこかの国の、どこかの街外れの、小さなな村の、小さなお祭り。
三角の、色とりどりの旗が青空にパタパタパタ~って、ひらめいて。
向こうの屋台からスパイシーな香りと、聞いたコトの無い言葉が飛び交う感じです(笑)。
なんか遠くから音楽も聴こえてきました・・・。うーん、ココはどこだろう?
何回もいろんな色のペンキを塗っては剥げた、ボロい木の丸椅子に座った白髭の老人が
かわいい絵付けのティーポット&カップとかと一緒に、こーんなショールを売っていた・・・。
「長い冬の仕事だよ。こっちは婆さんの仕事さ、イケてるだろ?」な~んて。
なんで私、聞いたコトも無い言葉がわかるんでしょう?妄想はラクですね~(笑)。

『parade』、今回はこのブルーバージョンのほかにレッドバージョンを出品します。
iwasakiにとって、織物は世界共通でして。
着尺や帯といったら、ニッポンなのでしょうが。絹も木綿も、大陸から渡ってきたもの
ですから。どこまでもジャンクに、iwasakiアンテナにひっかっかった面白いモノや人を
リスペクトして織物にしたいと思っております。
あわわ・・・。今日は増孝商店のショップ店員でした(笑)。
増孝商店で、そんなiwasakiワールドが・・・チョットでもお伝えできたらウレシイです。

写真のparade・・・¥23,000(+税)です。
by senshoku-iwasaki | 2014-03-19 20:44 | 増孝商店 KM
増孝商店に並びます。半巾帯の巻。
増孝商店ショップ店員(!?)よりのブログです(笑)。
この春、店長一押しの半巾といえば・・・の二種。
どちらもチョットストイックな感じですが、上は渋めの色で構成しつつも『柳橋っぽい』小粋な感じが
テーマだったりします。
増孝商店に並びます。半巾帯の巻。_f0177373_19535775.jpg

下のは逆に・・・ヨコ糸の色は無くしまして。
楮(こうぞ)の糸と、宮坂製糸さんのキビソ糸。色が無いと、タテの5色に染めた(これも宮坂製糸
さんの生糸)がポコポコ・・・と浮き出てくるようです。
増孝商店に並びます。半巾帯の巻。_f0177373_19544041.jpg

ともに価格¥50,000(+税)です。
増孝商店で取り扱いのiwasakiの織物。
どれも一点ずつしか作っておりませんので、全く同じモノはありません。
似たような感じ・・・のシリーズで数点ずつの制作スタイルです。
『一点モノ』というよりは、骨董市でビビビッ~!と電波を感じるときのように(笑)
『発掘』(!?)していただけたら・・・と思っております。
タグ:
by senshoku-iwasaki | 2014-03-11 21:00 | 増孝商店 KM
iwasakiのシーズンショップ、『増孝商店』カテゴリに追加しました。
増孝商店、もうすぐオープンです!

染織iwasakiは、山梨県南部町の山の中に工房を構えてから・・・
気がつくと15年目を迎えておりました。
移りゆく季節を体感しながら、静かに過ぎていく制作と暮らしです。
この節目に、そんな私たちの制作の日々から生まれたての織物たちを、
季節ごとに発表できないかと思いまして。
この度、東京・蔵前にある実家の一隅にiwasakiの展示スペースを、
シーズンショップとして立ち上げることとなりました。

増孝商店は、祖父と父が営んでいた玩具問屋でした。
今、私共の仕事である織物は、おもちゃとはかなり違いますが、
夢の玉手箱になりたい希望を込めまして、祖父の代からの店名とロゴを
そのままにしたいと思いました。

まずはこの3月に。

3月26日(水)~3月31日(月)

我が家の子供たちの春休みにリンクするようなカタチになりましたが(笑)。
この春は、
昨年、都内でご紹介することの出来なかった、新作の帯や着尺を中心に
出品したいと思っております。

●年に数回のiwasakiのshop
  増孝商店
東京都台東区蔵前1-6-11
  マップなど詳細はHPをご覧になってください!!

等身大のiwasakiに、よろしかったら会いにきてください!!
クニヒサとエツコ、二人でお待ちしております。
by senshoku-iwasaki | 2014-02-28 23:48 | 増孝商店 KM