カテゴリ:着尺・帯( 312 )
9年越しで、Aさまの三つ崩しの八寸帯地を制作しています。
Aさまに「こんな感じの八寸帯が欲しいのですが・・・。」と見せて頂いた雑誌の切り抜き。
それは確か・・車のコマーシャルで。
女優さんがお召しのその帯は、三つ崩しに見える染めの九寸帯のようでして・・・。
「う~む。これを織りにするとなると・・・。」クニヒサ。
「糸ですねぇ。」私(エツコ)。
なんといっても。八寸の最大の魅力は、ヨコ糸の渡りの『ミミ』にありまして。
昨年ようやくこれに向く糸に出会いまして、もう少し明るい紺と生成り、茶で制作しました。
f0177373_19540169.jpg
それらをAさまに見て頂きまして。
「あぁ。ほんと。この感じ。網代の大きさもイメージ通りです!」と嬉しいお言葉。
そしてじっくりとお色味のご相談をさせていただいたのが昨年末。
写真では白っぽく見えるのですが(涙)、実際はベージュと渋めの紺との組み合わせです。
このヨコ糸は、極太の国産キビソ糸で。
糸の状態では、ガッチガチ(笑)。これをちょうどいい硬さに灰汁で煮て練るのですが。。。
その「ちょうどいい」がムズカシイ(汗)。

iwasakiがリスペクトしているものは、織りならば世界中で昔から愛されている、伝統的な技法
である菱綾だったり、こういった三つ崩しであったり。
こういうシンプルなものほど素材力が問われるのです。
素材のチカラを、いかに最大限(か、キモチはそれ以上・笑)引き出すかを考えて。
時間はかかってしまったけれど、Aさまのお蔭で新しいiwasakiの定番が生まれた気がします。
ただこの定番。
精練がムズカシイのと、カセが大きく嵩張ることから・・東京では手狭過ぎましてムリかと・・・。
これに掛かる精練と染色は、この南部町の工房にやって来ないと!
願わくばこれも。
iwasakiの愛される八寸帯地の定番となって、蔵前⇔南部町の極太のパイプになりますように!



by senshoku-iwasaki | 2018-03-08 22:00 | 着尺・帯
青木間道をモチーフにしたメンデストライプ半巾帯、今回は赤がポイントです。
「渡り」と呼ばれ、異国への憧れも込めて重宝がられた名物裂のイメージで。
アフリカ、シエラレオネのメンデ族のボーダーの織物からインスピレーションを得まして。
iwasaki流に消化(!?)しますとこの感じ(笑)。
作る度に縞の幅だったり、色だったり変えているのですが。
f0177373_19353782.jpg
今回はこの赤を使いたくて。
ガーナチョコレートの包み紙のような赤。
そういえば、そんなテーマでもっと赤ベースの八寸帯地を作ったこともあります。
幼くならない、大人の遊び心で楽しんでもらえそうなストライプです。
ヨコ糸にマットなキビソ糸。ビターチョコ色や、草色、水色。
差し色にはキビソ糸のほかに、光沢のある銀河シルクのアイボリー、墨色。。。
組織が変わると、地糸の出方も変わるのも面白いのです。

お世話になっている染織こうげい・神戸店さんでは来月、木綿の着物の展覧会を開催されるそうで。
なんとiwasakiの新作の半巾帯も出品いたします。
iwasakiの半巾帯の素材は、シルクなのですが。手織りの木綿のキモノとの相性も良いのです!

遠い昔に。
海を渡って東の果てまでやって来て愛された織物たちのように。
iwasakiのこの半巾帯も旅をして。素敵なユーザーさんに、これまた素敵なお着物に、楽しく
コーディネートしてもらえたら!・・・なんて考えながら制作中。

by senshoku-iwasaki | 2018-02-21 21:01 | 着尺・帯
刈安(カリヤス)の小径其の2は、Kさまのご依頼で。
小径(こみち)と題したシンプルな縞のシリーズは、iwasaki結成当初から・・・。
この其の2は、ちょうど人差し指一本分くらいの巾で。色と糸使い違いで一番制作している縞です。
単純なんだけどつまらなくない(笑)、昔の縞帳にあるような愛くるしい縞がテーマ。
f0177373_19462584.jpg
刈安で染めた、透明感のある綺麗な黄色の濃淡だけで以前制作したことがありまして。
それがずっと気になっていたとご注文くださったKさま。
タテ糸は生糸と玉糸を。
ヨコ糸は玉糸100%なので、双子繭のゴツゴツとした節たっぷりの味のある質感ながら
サラッとつるっと光沢感のある着尺になります。

やっと今日織り上がりまして、機から下しました。
そうはいっても、玉糸の節が大暴れ(!?)する個所もあるので、いろんなカセから小管(コクダ)
に巻きまして。。。ヨコは一色なのに、杼(シャトル)は4丁使って散らしました。
f0177373_19460724.jpg
刈安(カリヤス)はススキ科の草なので、煮だすときはなんともいい香りに包まれます。。。
こういうアロマは、化学染料には無いなぁ・・・とクニヒサ。
化学染料の良さ、植物染料の良さ、どちらもアリでどちらもイイというのがiwasakiの結論ですが。
少しずつ色が変化するのが植物染料です。
Kさまのこの着尺も。
時間をかけて少しずつ、お色味が落ち着いてゆくはず・・・なのですが。
「それをね、また楽しみに着ていきたいのネ」Kさま。
Kさまは、iwasakiが初めて・・・百貨店のイベントに京都の下村撚糸さんのブースにチョットだけ
出品させて頂いたときからのお客様なので・・・20年以上のお付き合い。
ビジュアルもお好みも全然変わらないKさま。
出会ったときからカッコよくて、お洒落で、男前(!?)な素敵な方で。
私(エツコ)のずっと憧れの女性のおひとり。
憧れのお手本がいっぱいあって幸せですが、いつまでたっても全く近づけないけれど(涙)。
こうして楽しく制作させていただいたものが、素敵な方々に着て頂けるのが・・何よりも幸せです。


by senshoku-iwasaki | 2018-02-15 22:09 | 着尺・帯
Mさまの銀河絹の山形斜文八寸帯地を織っています。
イトノサキさんで昨年からご注文頂いている・・・Mさまの八寸帯地は。
タテ糸の銀河シルクはアイボリー、ヨコ糸のキビソ糸は深いグリーンです。
f0177373_19462045.jpg
宮坂製糸所さんの銀河シルク、今回はいつもより若干太め・・・。
こればっかりは手作りのものなので、毎回微妙に違うのも面白味のひとつなのですが。

このアイボリーは、ヤマモモで染めて。画像だと白に見えますがクリーム色です。
今回のように・・・タテヨコのコントラストが強いと、
真横から見ると白い帯地に見えるから不思議です。
そして正面から見ると、Mさまのリクエストの濃いグリーン。
この帯は確かに・・・ブルー系にも茶系にもグレー系のお着物にも映えそうです。

立春を過ぎても厳しい冷え込みが続いていますが・・・。
樹々の芽たちは少しずつ膨らんで。
一歩ずつ近づいている、待ち遠しい次の季節を感じながら。。。
爽やかな深緑の風をイメージしながら制作中です。




by senshoku-iwasaki | 2018-02-08 21:56 | 着尺・帯
handsな新作紬は、懐かしくて愛おしいがテーマです。
昨年末から1月と。
しこしこせっせと取り組んでいた紬着尺は、手・指・掌。
こうしてみると、至ってシンプル。
だけどどうして。
永らく着ているうちに、少しずつ見えてくる感じてくる・・・。
一筋の、ヨコ糸のまわたの手つむぎ糸にiwasakiらしさを閉じ込めて。
f0177373_19425153.jpg
どうってない、何てことない、平織りの縞格子。
ざっくりと、サクサク織ったわけではありません。。。
だからといって、時間をかけりゃイイとも思ってはいませんが(笑)。
着尺は特に。
何てことないものほど・・・。
その場所や、帯もあまり難しいということもなく、気が付くとヘビロテになる傾向があると
思うのですが。。。
一見何てことない、シンプルなものだからこそ、じわじわと後から味が出てくる仕掛けを。。。

よっぽどのことがない限り。
着物は次の代まで持つものだから。
そのときに、iwasaki夫婦が絶えていても。
名もなき先人の作り手が、ヨコ糸一越手つむぎでこの効果を狙って作ったのでは?
と、未来の愛おしい系織物好きの人に感じてもらえたら・・・。

一昨年、我が家の北側の部屋の畳の下、歪んだり腐ってしまった根太と床板を、大工さんに
修理して頂いて。取り外した木材は、全て薪ストーブで暖をとり・・・。
灰から出てきた、鉄の手打ちの釘ひとつ。
140年のこの家の建設当初のもので。
その釘のような、まわたの手つむぎ糸の一越になってくれたらイイんだけどなぁ。。。



by senshoku-iwasaki | 2018-02-05 21:51 | 着尺・帯
ステンドグラスのような『色硝子』半巾帯も春色です。
半巾帯、第2弾は綾織りです。
今月はクニヒサ、絹糸の精練、染色、糊付け・・・をしながら半巾帯を制作しておりました。
f0177373_19312859.jpg
『色硝子』のシリーズは、今までにも何点か制作しています。
その都度タテ糸の配色から・・・もちろんヨコ糸も色味を変えて、同じモノはありません。
だけどなんとなく。似た印象(笑)。
今回はタテの黄色が春っぽいです。

iwasakiでは、半巾帯の場合は大抵・・・。
八寸帯地を制作してから残った糸で作るコトが多いのですが。
今回は逆で。
これを制作してからクニヒサ、この感じをとても気に入って。(完全に自画自賛・笑)
使い切ってしまった黄色の糸も、また染めて。
今はこの半巾に似た感じの八寸帯地を制作中です。
そうすると、また半端に余る糸が出来たりするので・・・。いつかの半巾帯になります。

こんなふうに。
ぐるぐるぐると廻って回って。
「なんとなくいつも似た印象」を、作り続けるコトが出来たら!何よりも嬉しいです。

私(エツコ)のほうも。
ナカナカ捗らないっ!(涙)とボヤキながら。ショールsunriseと、万筋の紬着尺制作と。
ちょっとずつは進んでいたようで。(笑)
立春までには次の仕事に移れそう。。。




by senshoku-iwasaki | 2018-01-31 21:09 | 着尺・帯
全然違う銀河絹の山形斜文、半巾帯と角帯と。
クニヒサが年末から年始にかけて取り掛かっていたのは、銀河絹の山形斜文。
菱の大小でも見え方の変わる、スタンダードで飽きのこない山形斜文のシリーズ。
今回は、対照的な二種を。

f0177373_19424277.jpg
たくさんの色が入ったこの半巾帯、イメージは裂き織り。
一見三枚目。「垢抜けなくて田舎臭い」がテーマです。なんだけれど。
織物の奥深いところは・・・こういったモノこそ、恐ろしく化けるところでしょうか・・・。
合わせる着物によって織物力が溢れ出す、摩訶不思議なものでして。
これを知ってしまったら、もう抜け出せませんで(笑)。
ただ、どうも・・・。この手に現る神様には、出会える人と出会えない人があるようで。
要は好き嫌いがハッキリと分かれるモノなのかもしれません。。。
もちろん、iwasakiは大好きな手なのですが。
半巾帯自体が八寸帯地の残糸を中心に制作しているということもあり、今のところ年間に20本ほど
の少量生産の中のレア(!?)な一品でもあります。
こういった手は、同じものが作れないので・・・。
展覧会などでお気に入りに出会ったら、捕獲(!?)をおススメいたします(笑)。
f0177373_19425540.jpg
そして・・・。同じ組成とは思えない(!?)シャープでストイックで二枚目な山形斜文。
こちらは銀座にお店があります、『銀座 庵』(ぎんざいおり)さんのオリジナル角帯です。
昨年からiwasakiの帯地などを一部取り扱っていただいております。
庵さんで扱うiwasaki製のモノは、庵さん別注のもので指定のカラーで、規格も一部変えています。

かっちょいいハンサムボーイも、ブサかわい子ちゃんも。
どちらも実は同じで。
どちらの魅力も最大限に引き出せるように・・・。
スタンダードな組成だけに、織物力、素材力を信じて取り組んでいきたいと思っております。




by senshoku-iwasaki | 2018-01-29 21:53 | 着尺・帯
せっせせっせと・・・織りためて。
染織こうげい・浜松店さんでは、来年6月に展示会が決まっておりまして。
浜松のこうげいさんのお客様は、iwasakiの『いろんな』を楽しみにしてくださっているので。
機の合間を縫って・・・半巾帯も少しずつ。
左の半巾のような、三つ崩しのように見える八寸帯地に取り掛かっているクニヒサ。
半巾もあじろのような、三つ崩しのような。。。
一越ずつ杼(シャトル)を変えることで生まれるタテヨコです。
f0177373_19240760.jpg
iwasaki、今年は結成25周年の節目の年でした。
クニヒサも私(エツコ)も。
何が好きって、一見どーってコトない、何の変哲もない、手織りの縞格子が好きなのです。
織物だから。
経糸と緯糸がしっかり感じられる、しっかり噛み合っている(!?)感じが好きなのです。
結成当初から、作家モノっぽい(!?)作風がありませんで(笑)。
人からよく『分かりにくい』って言われました(笑)。
ひと昔前の産地の織物のような、スタンダードでストレートで健康的な織物を目指して・・・。

現在はiwasaki夫婦が愛して止まないような、何の変哲もないのに、しっかりと仕事がしてある
手織物が絶滅危惧種だと思っておりまして・・・。
実はこれら、一見どーってないようで、意外と時間と手間のかかる種類のモノでして。
ならばあらためて。
昔から『愛される定番』の、あじろのような三つ崩しであったり、山形斜文であったり、
万筋、千筋、豆格子、微塵格子、sunriseのようなグラデーションも!・・・を、
iwasakiならではの糸使いとカラーリングで。

ただ、定番となると。
色違いだったり、質感違いだったり、・・・。ある程度数が無いと伝わりにくいものなので。
ひたすらに。
クニヒサも私も。せっせせっせと織りためております。。。








by senshoku-iwasaki | 2017-12-19 21:16 | 着尺・帯
染織こうげい・浜松店さんに行ってきました。

今年春に展覧会をさせて頂きました、染織こうげい・浜松店さん。
来年も6月に作品展のお話しをくださいまして、先日お伺いさせていただきました。

お客様のご注文や、お問い合わせの打合せや、来年に向けて取り組み始めた新しいシリーズについて
のお話しをさせて頂いたり。
今週月曜日まで開催されていた、「染織こうげい展」をぜひ拝見させて頂きたかったのと。

こうげいさんで取り扱う品々は、私たちが学生の頃から第一線で活躍されている大先輩の先生方の
作品でして・・・。
やっぱり。
大変刺激になりました。
最近老眼が進んでよく見えなーいとか、首筋が張ってキモチ悪ーいとか(笑)。
失敗ばかりでヘタレっぱなしの私(エツコ)でしたが。先輩たちに喝を入れられた気分になりました。

先輩方の力作、それもあのボリュームで目にする機会は滅多に無いと思います。。。
48歳でも。手織りの業界ではまだまだ若手。頑張らなくてはっ!

こうげいさんで、また嬉しいお客様のお話しをたくさん伺いました。
お陰様でエネルギーを充填出来ました。
f0177373_19255047.jpg
春の展覧会でTさまがお選びくださった『patch up』シリーズは、iwasaki初の絵羽のシリーズ。
細い縞に細い段。青木間道をモチーフにしたときの組織が。ツギハギのように柔らかな大きな色の段
が入ります。
この『遊山噺』には私の妄想話がありまして・・・。
時は江戸後期。お江戸長屋暮らしの達つぁんは、両隣の夫婦喧嘩だったり子どもの泣き声だったり
うるせぇ日常に嫌気がさしまして、ある日東海道の旅に出ます。途中の山里の静かで色鮮やかな景色
にトキメキながらも実は。小田原辺りでとっとと引き返してしまいます。
落ち着かねぇけど、この長屋が一番落ち着く(笑)と痛感しながら、長屋の衆に旅の話を聞かせる
達つぁんの幸せの物語。
Tさま、とてもお似合いでホントに嬉しいですっ!
『patch up』シリーズ、こうげいさんにもう一種制作しました。そちらは『お伽噺』。
遊山噺は和の物語でしたが、お伽噺のほうは洋の物語(といっても私の妄想・笑)。
カエルの王子が、人間のプリンセスに本気で恋をしまして。素敵な魔法にかけられて・・・。
こちらもハッピーエンドの物語です。
f0177373_19235006.jpg
そして・・・。秋向けカラーで制作した、小弁慶シリーズの半襟と帯揚げを早速お召しくださった
別のTさま。こちらのTさまは、お若い方なのですがざざんざ織りがお好きな方で。流石は浜松!
もちろん、私たちも大好きです!
今年iwasakiで取り掛かった、初の超太織り規格の三つ崩しをご覧になって。それは平織りでも
1キロの重さのあるものなのですが、それを綾織りで出来ませんか?と。
Tさま、長身でもあるので・・・出来ますが1・5キロくらいになっちゃうかもしれませんが・・。
とお話しすると。「重いのは大丈夫です!」と。
お話しをお伺いしているだけでも・・ワクワクするくらい!かなりマニアックな織物好きのTさま
という方が伝わってきまして。Tさまの着尺を制作させていただけることが、とても嬉しいです!

来年に向けて。
嬉しくて楽しい目標がいっぱい出来ました。今年もいよいよあと30日(涙)。
まだまだ終わらない、終われない、いや追われっぱなし(笑)・・・。
iwasaki夫婦、全力で(でもノロいのだけど・笑)走りぬきますっ!!



by senshoku-iwasaki | 2017-12-01 23:23 | 着尺・帯
来春に向けての新シリーズは。
一見どーってコト無い、ありふれているようで実はありふれてはいない・・・。
iwasakiはいつもこんな感じですけれど(笑)、今回は特別。iwasaki夫婦の大好きな自家織物の凝縮版。
チョット懐かしくって愛おしい・・・紬のシリーズです。
f0177373_19405465.jpg
キャンディだったら、カンロ飴?純露?はたまたライオネスコーヒーキャンディ?バターボールかも?
先日郡上の湯のし屋さんが送ってくださった、懐かしい『肉桂玉』をクニヒサと口に含みながら・・・。
先月織らせていただいたSさまの紬のような、シンプルでダイレクトでストレートな、手織りらしい紬
って、そういえば近頃あまり目にする機会が無いなぁ。。。と。
流行っていないといえば、そうなのかも!?な話なのですが(笑)。

iwasakiでも生糸と玉糸の、キラキラとした綾織りの無地着尺のご依頼をよく頂いておりまして。
そういった織物は、手織り着尺でも献上品だったという過去を持つ種のモノですから別格といえば別格。
タテ糸の本数も、ヨコ糸の越し数も多いので、織り進みも悪く・・また綺麗なモノだけに織っていても
細心の注意を払いながらなので、かなり体力を消耗しまして。
私(エツコ)は、立て続けに3反以上はムリ!(笑)。全く別の織物を間に入れないと!!となります。

それでという訳ではないのですが。
今回の豆格子は、その対極にあるのかもしれません。
お殿様に献上するものではなく、愛する家族の為か、もしくは売って現金化して家族の生活費とした
ような・・・。私たちが、手織物の何に惹かれたかって言いますと、まさにこっち側でして・・・。
だって同じように見えて全く同じなんてあり得ない、まるで即興のジャズのように。
どこかの山里で。農閑期にお母さんや、お婆ちゃんが引いたり、紡いだ糸を織った反物のイメージで。

f0177373_19423181.jpg
このシリーズ、決め手になるのは原始的だけどスバラシイ道具であると、私は信じてる・・・
『久米島式まわたつむぎ台』を使って、私が手のひらだけで紡ぐこのマーブルなまわた糸。
学生の頃からこの、まわたつむぎに魅せられまして。ただ、これを活かしきる織物がナカナカ出来ない。
このパワフルな糸のチカラを、効果的に使うコトで健やかでiwasakiらしい、自家織物にしたくて。
結成から25年。ずっと悩みながら紡ぎながら。その都度ショールに入れたり、コート地に入れたり。
Sさまの千筋の紬に散らしたときに、この使い方が一番だと何故かやっと確信出来まして。。。

織物は奥行きのあるものでして。
色だけでも、糸の太さだけでもなくて。
デザインや配色の向こうにある、曖昧で不確かでモヤモヤとした中に、小さな神様が見え隠れします。
とっても小さな神様なので、声もちっちゃいから耳を澄まして。
小さな神様のちっちゃな「ココじゃ!」を素早くキャッチして(笑)、織り込みます。

不思議なもので。
献上系の織物にやって来る神様と、自家織物系にやって来る神様は大きさは同じくらい小さいのですが。
たぶん、違います(笑)。




by senshoku-iwasaki | 2017-11-27 21:46 | 着尺・帯