カテゴリ:纏う布・暮らしの布( 103 )
およそ20年ぶりの再会で・・・。
この冬、iwasakiのブランケットを本当に愛用してくださったSさん。
Sさんは町内に暮らす友人で、とってもお洒落な方。
同世代だけどママ歴は先輩で。
iwasaki夫婦が南部町に移住したての頃は、チビッコだった3人の息子さんたちが怪獣(!?)のようで。
当時織っていたのが、アルパカやメリノ、カシミヤに絹いろんな白に、私(エツコ)が繋いだ絹糸
を散らした・・・肌触りが良くて軽い、平織りのベイビーブランケットでした。

Sさん、とにかくショールなどの巻きモノがお好きで。
国内外のブランドの高級ブランケットもたくさんお持ちで。
お家に伺った際、いっぱいの布たちを見せてくださったのですが、その中にこのベイビーブランケットも。
「これもね、すごく気に入ってて、良く使ってる割にキレイでしょ?」と。
本当に。とてもきれいにお使いくださっていて嬉しくて、懐かしく眺めていたら・・・あれあれ。。。
ミミに飛ばしたヨコ糸が、伸びてしまったところが。。。
「そこね、ひっかけちゃって・・・。」Sさん。
しばらくお預かりして、お直しさせていただきまして。

f0177373_19304365.jpg
あんなに賑やかだったSさんのお子さんたちも。
いつの間にかみんな成人してしまって、社会人に大学生。見かけてもきっとワカラナイなぁ。
チビッコは大人になっているのに、iwsakiの芸風は何一つ変わってないかも。。。

にしても。
ベイビーブランケットは久しく作っていなかったけど。
久しぶりに再会してみると、この白ベースもナカナカ良かったなぁ。
来シーズンはまた、久々にこんな感じでベイビーブランケットを作ってみようかな。
同世代でも、ぼちぼち初孫ちゃんの幸せなニュースもちらほらと。

永く続けていれば、こうして嬉しい再会もきっと増えていくはずだから。
どうにか健康で(笑)、一越でも多くiwasakiの織物を織り続けたいと改めて思った春の日。






by senshoku-iwasaki | 2018-03-18 21:31 | 纏う布・暮らしの布
主張する一越しと、主張しない一越しと。
手織りだからこその、手織りでしか出来ないコトがもし、あるとしたら・・・。
しかも堅牢で、しなやかで、さりげなく、永く愛しむことが出来て。
有難い肩書きなんか何も無くて。
そんな織物をつくりたくて、25年が過ぎ去って・・・。
f0177373_20302148.jpg
昨年から取り掛かっている、ショールのsunriseシリーズは一越一越。
10丁ほど杼(シャトル)を使って。今現在の色、ひとつ先の色、そして過ぎていった時間の色。
今この時、この瞬間を閉じ込めている気分なのですが・・・。
時間のかかるiwasakiの織物の中でも・・・特に時間がかかりまして。
効率の悪さでいったら一番かもかも!?ですが、あふれ出てくるような織物力がたまらなく魅力でして。
ものすごーく時間のかかる一筆書きをしている気分(笑)。
f0177373_20305994.jpg
今並行して取り掛かっている、万筋の紬着尺も。
一見はゼッタイ気づいてもらえないのは覚悟して(笑)。
二越、一越、一越・・と杼は4丁。
似ているけれど違う色、少しトーンの変わる色、まわたもミックスして私(エツコ)が手のひらで
つむぎ出した糸。植物の地味な色。。。
糸の強弱、色の強弱。ぱっと見ではワカラナイ、じっと見とじっくり使いで感じ取れる織物力を。

一瞬でわかるsunriseのような一越も、ぱっと見では全然わからないこの紬のような一越も。
どちらもiwasakiにとっては重要な一越で。
主張しないを主張する、チョット回りくどくて面倒くさい(!?)でも、それがどこまでも織物らしい、
そんな織物たちで今年は始まっております。


by senshoku-iwasaki | 2018-01-08 22:42 | 纏う布・暮らしの布
春向けのショールに掛かりました。
Sさまの千筋の着尺を織ってから、
iwasakiの中で千筋のようなシンプルな縞に(もともと大好きだっただけに)、火が付きまして(笑)。

今シーズン一の冷え込みなのに、石油ストーブつけて織っているのは・・・春向けのショール。
平織りの中に綾織りが入って、筋が段で消されます。
今日織り始めたこれは、ヨコ糸に太めの玉糸を平織りに入れましたが。
昨日まで織っていたのは、細い生糸を中心に透けるようなものでしたが。織っていても寒くって(笑)。
今日は少しだけ地厚で、色も濃い目に・・・。
この手のショールは、織るのに時間が要りまして。1枚2メートルが、一日で織り上らないコトも多々。

f0177373_18435585.jpg
「エツコさん、織りにくいですか?」ブランケットを織りながら・・クニヒサ。
はいはい。予定よりペースが落ちてるのは、わかっているんですけれど。
クニヒサは私のペースを見ながら、次にこの機に掛けるタテ糸を準備するので。
『おっせーなぁ。』というクニヒサの心の声も聞こえてくるのです。。。

この規格は初めてなので。
ヨコ糸使いが、どんな感じがイイのか・・・何が効くのか、悩みながら考えながら。
今回は6枚分のタテ糸なので。自分の中で、ピタピタッとくるのは5枚目以降かもしれません。。。(笑)
何をするにも時間がかかり、ほとほと自分の不器用さにウンザリしながら。

それでも。
こんな感じの着尺もイイなぁ。。。なんて、次のヒントが必ず生まれる新規格だったりするから。
あ~ん(涙)。ほぅほぅ。ふむふむ。なるほどぉ~。独り言連発で。
年明けからの春に向けて。
我が家にも明るい春が来るとイイなぁ。。。(いや、必ずやって来てくださいョ!神様ぁ~!)
なんて、ココロは便乗しながら(笑)、シルク100パーセントの新作に取り組んでおります!


by senshoku-iwasaki | 2017-11-18 20:07 | 纏う布・暮らしの布
楊柳のマフラー・sunny days。
今年もエキストラファインウールとシルクで、柔らかくって暖かいマフラーが出来ました。
sunny daysは、カラフル。
冬将軍とだって戦える(笑)、元気でパワフルなカラーです!
くるくるッと巻いて。
その日の気分で、今日の気分の色をお顔の近くにポイントを持ってきていただけたら・・・と。
f0177373_19494912.jpg
楊柳のストールは、もう20年以上作ってきていますが・・・。
そういえば毎年少しずつ・・・明るくなっているような!?

我が家のソファーでタブレット持って、YouTube眺めながら20年モノのiwasaki初期のブランケット
に包まってる中1娘。
「かぁつんたちの商品でさ、これはイイと思うんだよね。シックで、メンズライクで。」
「そりゃ、どーも。あ、チョット待て、『コレは』ってどーゆー意味よっ!」私。
「こういうシックなのだけにすりゃさ、カッコイイ感じになるんじゃない?」娘。
娘のお気に入りは、ジャコブウールの天然色がベースでタッサーシルクの茶色の天然色がポイントの
かなーり地味なスタンダードタイプでして。

確かに若い頃は私も。
とにかく地味なカラーが好きでした。今もそれは変わらず好きだけど。
それだけじゃ物足りないっ!体力も気力も、どよーんと落ち込む日だってあるんだもの(涙)。
そういう時には、せめて首元だけでもパッと明るくしてみると・・・。あれあれキモチも前向きに。

「年を取ると。もっと欲張りになるんだわね。『カッコイイ』は、その年輪。要はその人。
その人がどう生きているかが、モノでわかるコトもあるだな~。
あーたみたいに大人に憧れて背伸びして、高級文具の定番LAMY2000を持つキモチもわかるけど。
でも、ホントにカッコイイ大人になるとさ、何持っててもカッコイイのよ。」私。
「ふぅ~ん。わかるような気もするけど、よくわからない気もする・・・。」娘。
「わかんなくってイイんじゃない?だってあーた、まだ13歳じゃーん。羨ましいっ!」私。
「・・・中学生も何かと大変なのよ。こう見えて。ストレス解消にさ、東急ハンズ行かない?
ステッドラーのハンズ限定色が欲しいのよ~。」娘。
「あらゴメン。アタシ、ストレス無いのよ。オバサンだから(笑)!」

楊柳のマフラー・sunny days。今年も大判サイズも作りました。
娘の好きな、ヘリングボーンのブランケットよりも平織りだから軽くて。
カッコよく日常に、カラフルを楽しんでくれる、大人の方々へ。。。



by senshoku-iwasaki | 2017-11-10 21:37 | 纏う布・暮らしの布
来月末からのギャラリーkujiraさんでの『秋・優しく包むニットとストール展』に向けて。
ストール展なのに、せっせとブランケットを織っています(笑)。
ギャラリーkujiraさんでは、
今までに帯や着尺、絹のストールなどを出品したことはあるのですが。
大判のウールのタイプは、季節的に無かったもので・・・。
kujiraさんからブランケットのリクエストもあり、今年のカラーで制作中なのです。
幅広でボリュームのあるブランケットは、4枚ずつの少量生産でして。
織るのもアーチいっぱい使っての、重労働。夜の寝つきが更に良くなります(笑)。

今年は。
秋という季節を一気に飛び越えて、いきなり冬がやって来たものだから・・・。
絹となめらかで肌触りの良いウールとの交織のショールや、マフラーよりも先に
ブランケットが!一部の(心優しい少数派!?)iwasakiユーザーさんの中では、
盛り上がってくださっているようで。。。
お世話になっている、染織こうげい・浜松店さんからもリクエストが。
それはとっても嬉しいことで。ラドナー種のウール糸を、追加で注文しまして・・・。
さて・・・作れるかなぁ?(汗)。
キモチと。時間と。体力と。

kujiraさんは4人展だけど、ストール・マフラー展ですから。
ちゃんと(!?)ストール・マフラーも制作中ですっ。
昨年も一昨年も制作した、冬の楊柳ストールの準備も進めながら。
もうすぐ10月も終わってしまうのね~!と近正千広さんのコヨミをオヨヨ・・・と眺め。
何よりも。今年があと2枚で終わってしまう・・・と、また千広さんのコヨミでウルウル。

あとどれ位織れるんだろう?
何を織っているときも、ふとよぎるから。
一越一越キモチを込めて、先に進めます!


f0177373_19230847.jpg
秋・優しく包むニットとストール展
11月29日(水)~12月9日(土)
10時~18時 定休日 日曜日・月曜日
ギャラリーkujira
ニット 田中明子
ストール・マフラー 洲崎英美 岩崎訓久 岩崎悦子

ギャラリーkujira
愛知県刈谷市御幸町1‐301



by senshoku-iwasaki | 2017-10-28 21:44 | 纏う布・暮らしの布
『帯揚げにもなるストール・小弁慶』も秋冬カラーです。
このサイズのストールは、もともとiwasakiでは絹のマフラーとして作っていたものですが。
染織こうげい・浜松店の佐浦店長さんが、帯揚げとしてもステキに使ってくださっていることから・・・。
こうげい浜松店さんでは、そうやって楽しんでお使いくださるお客様が一人二人・・と増えまして。

何でもないフツーの日をこよなく愛し、一見何てことはない織物の織物力を信じているiwasakiに、
ルールなんてそもそも皆無だから。帯揚げはこうあるべき!みたいな先入観を抜きにして
自由にフツーの日を、一緒に謳歌してくださる仲間が出来たみたいで・・・
私(エツコ)はとっても嬉しいのです。
f0177373_19171012.jpg
春の浜松店さんでの展覧会では、パステルカラー系の小さな弁慶格子を出品しまして。
ラムネ菓子のようなポップな小弁慶でしたが。
今回はちょっとシックに、深めの色のまわたつむぎ糸も使って。
このシリーズ、織り半襟のときもそうでしたが。
基本的に着尺や、帯地を制作したときの残糸で構成しています。
クニヒサが経てたタテ糸も、残糸で構成された縞。私が入れるヨコ糸も。

織物は、経糸は変えられないので運命のようなもの。それに対して緯糸は、明るくも暗くも心次第で!
キモチの持ちようで良くも悪くもなる、日々の生き様みたいに感じます。
それがホントに面白くって!
デザイン先行ではゼッタイに出来ない面白さなのです。

生きていると、理不尽なことも不条理なこともあるけれど。
それが偶然自分にだけ降りかかった不幸ではなくて、あれは必然として自分に与えられた・・・。
後にしみじみやってくる、この幸福感のためだったのかもかも!?なんて(笑)。
大袈裟みたいだけど、実は本当に。
この小弁慶たちは、織っている私が一番ワクワクしているのかもしれません。
160センチの長さの中で、色もイロイロ変わるので。
チラっと見える部分もその日の気分で変えてみて、楽しんでくれる同志(!?)が
染織こうげい・神戸店さんでもいらっしゃるといいなぁ。。。と思って
8枚分の経糸を機にセットしたものの。
ギリギリまで楽しく粘りまして(笑)。とりあえず半分の4枚だけ神戸に間に合いました!




by senshoku-iwasaki | 2017-10-10 20:49 | 纏う布・暮らしの布
仕上がったばかりの、今年のブランケットは・・・。
ちょっぴりミリタリーです。
今回も英国原産のラドナー種のウールを使って。
定番のジャコブウールもなのですが、ラドナーも繊維が太くてコシが強いので。
こういったブランケットに、とても適しておりまして。
しっかりとした杉綾織りの中に、温かな空気も孕んで。
使い込むほどに、身体に馴染んでゆく・・・『愛おしい系』ケットと思って制作しております。
f0177373_19375610.jpg
12日から始まる、染織こうげい・神戸店さんでの展覧会に間に合わせたくて。
今回は4枚分だけ機にセットしまして。
ブランケットは幅が広いので、分量が多いと整経も機に巻き取るのも・・大変でして。
以前は6枚分とか頑張ってセットしていましたが。
年寄り二人なので(笑)、無理はせず(もっと・笑)少しずつ生産することにしました。

とはいっても。
ずっとそれぞれに、帯だったりショールだったり同時進行していたので・・・。
初めの2枚はクニヒサが、残りの2枚は私(エツコ)が織りました。

ちょっぴりドライで、ミリタリーな雰囲気ですが。
クニヒサはそんな感じ(!?)のままに。私は、シルクもたっぷり挟み込みまして・・・。
ほっこりと。シルクツイードの風情のタイプも。

今シーズン中には、まだもう一回(二回!?)機に掛けたいなぁ・・・と思っておりまして。
次回はどんな感じにしようかなぁ?と。残ったウールを眺めながら。。。
織り上がった傍から、せっせと房をヨリヨリ。
湯通しをして仕上げをして・・・最速のコース。

今日はタグを付けて。
新作の着尺や帯地たちとともに、こうげい・神戸店さんへの荷造りに追われて。
つくづくと。
織物屋以外だったら、私は織物が充実した古道具屋になりたかった。
そんな想いがiwasakiの織物たちに乗り移りまして(笑)。
古今東西、iwasakiのいろんな顔を詰め込んで。
愛おしい系の織物好きな方々に、ご覧いただけたら嬉しいなぁ。。。




by senshoku-iwasaki | 2017-10-08 22:11 | 纏う布・暮らしの布
またまた模紗のショール・ロザを織っています。
夏から8枚ずつ制作している模紗のショール、今回で3回目。
今回はチョットだけリッチなタイプでして。
ヨコ糸のウールがカシミヤなどの高級ウールとシルクだったり、シルク100パーセントだったりと。
肌ざわりが違うと、纏う季節も時間も長くなります。。。
f0177373_20102634.jpg
グレーは以前、町内万沢地区の神社の境内で伐採された桜の皮で染めた渋めの色。
そこに酸性染料で染めた、キレイ目のピスタチオやチョコを散らして。
f0177373_20103547.jpg
ピスタチオやメロンの星降る夜のようです。
模紗のショール、シルクだけのタイプは実はあんまり作っていなくて。
以前制作したときに2枚だけ作ったのですが、それをお使いくださっているお客さまから
「すごく重宝しているので、また是非作って!」と、3年くらい前から・・・。
・・・そうだった。模紗は夏向けの多い織りだけど。
ショールだとiwasakiでは、ふわっとウール中心にすることが多くて。。。
でも今回は。
シルクでもまわた系の、ふわっと温かいシルクをたっぷりと使って。
明るめ渋め。今年の冬も、ロザをグルグル巻いて・・・心躍る季節となりますように!



by senshoku-iwasaki | 2017-09-27 21:33 | 纏う布・暮らしの布
少し乾いた、秋風に吹かれて・・・。
Kさまの杉綾織りの着尺を織り上げて。
次に掛かる九寸帯地のタテ糸が、機にかかるまでの間・・・。
織り上げた模紗のショール・ロザの房を、せっせとヨリヨリ。
出来た傍から仕上げを少しずつ。
クニヒサが織ったものは、私が織ったものとは少し雰囲気が違います。
でも織った本人でもこの頃は、どっちがどっちかワカラナイこともあるので(笑)。似てるから
これがわかったら、かなりのiwasaki通です。
f0177373_19595806.jpg
9月に入って。
少ーし空気が乾いて。
季節がゆっくりと冬に傾き始めるこの時期の、風の匂いが中学生の頃は大キライでした。
喘息持ちだった私(エツコ)は、秋は発作の季節。
気温、気圧、花粉に、当時は公害(!?)の変化激しいこの季節は、夜中の発作で。
気が付くと、病院のベッドの酸素テントの中・・・なんて真っ暗な中学時代を送っておりましたが。

有難いことに、大人になる頃にはすっかり元気になりまして。
今はこの、中途半端でビミョーな、暑いような涼しいような『間の季節』が愛おしくてなりません。

中3息子は、来週末に迫った文化祭の出し物の中で・・・江戸時代の寸劇があるそうで。
なぜか刀鍛冶職人に扮する息子と、侍役の子とののロケ地にイワサキ家と・・・。鍛冶といえば!
と巻き込まれてしまったのが、アトリエプラトーの川合さんで。(あぁぁ・・申し訳ないっ)
お忙しいなかを、仕事場に子供たちを入れてくれるよう片付けてくださって。
更に刀のように途中まで作っておいてくださって!
お陰様でとても本格的な画が撮れたそうで・・・。
イワサキ家の土間や、和室でも今日いろんなシーン撮りを。生徒会のメンバー8名と先生と。
和気あいあいと、そしてとても真面目に真剣に取り組んでおりまして。
そんな経験は共にゼロの(笑)、イワサキ夫婦は隣の工房で帯地を一緒に機にセットしながら・・・。
ちょっぴり羨ましく、いや、かなり照れ臭く(!?)親とは全く違う息子を隣室に感じて。

そういえば48歳の自分自身も。
中年とも壮年とも・・・うーむ。最近は、ちょっと老年にも近づいた実感もありまして。。。
人生の季節もゆっくりと。夏から冬に傾き始めている『間の季節』だからこその愛おしさなのかも。




by senshoku-iwasaki | 2017-09-02 22:22 | 纏う布・暮らしの布
久々に、『模紗織りのショール・ロザ』織っています。
タテ糸に着尺で使っている、玉糸や生糸、節糸などなど・・。
ヨコ糸にはウールをベースに、所々に絹を散らして。
夜空に地味に、鈍く微かに、だけど確かに輝く炉座のように。

模紗織りは透け感があるので、よく夏用の織物に用いますが。
ふわっと軽く、空気を孕む暖かい織物として・・・iwasakiでは秋冬向け用としても用いています。
f0177373_20222335.jpg
今年は。
秋に『染織こうげい・神戸店』さんでの展覧会と、愛知の『雅趣・kujira』さんでのグループ展と。
暖かな纏う織物も!と、嬉しいリクエストがありまして。
ご注文の杉綾織りの着尺をひとつ織り上げて。クニヒサが次の準備にかかる間に・・・久々の摸紗織りを。
織っていると、ウールだからお腹回りがより暑くてぇ~。それでなくてもこの頃たっぷりの脂が(トホホ)。
トントンの振動で(笑)、少し燃焼してくれたら有り難いんだけどなぁ・・・。

例年だったら、家族で夏のビンボー旅行に出かけている頃ですが・・・。
これまでのツケが溜まりまくった中3息子(笑)と、
そうはなりたくない(!?)中1娘はそれぞれに忙しく。
なんでか夏休みに入ってからのほうが、早朝から弁当づくりに始まって、それぞれの都合の送り迎えと・・・
あれあれ、親のほうがもっと忙しかったりして(涙)。

それでも今月中に。
来年から暮らすことになる、蔵前のクニヒサの実家の一部を、リノベーションが出来るように大片付けを。
なんとか10日間で!(出来るのかなぁ・・?いや、もう時間が無くて・涙)せねばならず。
その分の時間を差し引くと。
そういえばもう何ヶ月も・・・。休日が無い気が。

この模紗のショールを、グルグル巻き付けたくなるような木枯らしの頃には・・温泉にでも浸かりたいなぁ。





by senshoku-iwasaki | 2017-08-02 22:46 | 纏う布・暮らしの布