カテゴリ:工房周辺( 89 )
先週末は。
土曜日には隅田川花火大会が。
昨年は、婦人部の一番年上のお姉さんに厩橋近くのマンションの屋上の特等席に誘われて。
クニヒサも一緒に眺めた隅田の花火でしたが。
今年初めに体調を崩したお姉さん、今年は大好きな盆踊りにも参加出来ずご一緒できず残念。
私(エツコ)の実家の母と同い年だからなぁ。。。

今年クニヒサは、町会の『隅田川花火大会自主警備委員』というお役目を頂きまして。
腕章と帽子を着けて、主に道案内とか入場禁止付近に立ったり・・・だとか。
f0177373_10030881.jpg
昼間はシャッターを半分締めた状態で。いつも通り仕事をしていましたが。
ぞろぞろと歩く人々が、お昼頃からどんどん人が増えてきて。
夕方にはなんだかとっても賑やかに。
この人の波を見たら、ナカナカ外に出る気もなくなりまして・・・。
高2息子と部屋から・・蔵前警察署のビルからチラッとだけ見える花火を眺めて。

スマホに目を落とした息子、インスタ画面を私に見せて。
「あれっ!?ココって、このビルって?」
「あ、近くじゃない?たぶん、2丁目の税務署じゃない?にしてもスゴイ人混みね。」私
「だよねー。おおっ!みんなのマドンナMさんがご近所におるぅ~!!」
「あら、ジュースでも持って行って来たら?」私
「そんなキモチ悪っ!って思われるよーなコトは出来ませんわ。。。
ボク、人畜無害キャラですのん。そういえば明日は部活休みなんで、
野郎だらけでよみうりランドのプールです。」
「あらあら、哀しい高2の夏休みですわねー」私。

翌朝はこれまた町会のお掃除。
『大江戸清掃隊』クニヒサは蔵前1丁目隊長を任命されてます(笑)。
雨なら中止になっており、朝7時半の段階でかなりの雨だったのだけど。
町会長さんは頑としてやる気。結局決行。(隊長の権限何もなく・笑)。
雨の中参加の有志の方々と、ごみ拾いをしたのですが。
思いのほかポイ捨てされたゴミの数は少なく。花火のお客さんのマナーの良さに驚きました!

7月最終週末も。
無事⁉お役目も果たせまして、とりあえずホッとしたiwasaki夫婦。
今日も仕事をしていると、久々に現れた『糸爺』。私の妄想の神様(・・なのかなぁ?)
「人柄は濃くなる一方で、薄まったり褪せたりはせんでぇー」
あぁ。それで年寄りはみんな頑固なのね・・・トホホ。。
長い梅雨も明けたことだし。
明日は実家の頑固に会って、きっとカビ臭くなった家のお掃除をしてくるか!





by senshoku-iwasaki | 2019-07-29 22:36 | 工房周辺
柳橋 納涼盆踊り
「今年は『東京2020オリンピック音頭』が加わるから、練習日は必ず参加ね。」婦人部長さん。
オヨヨ。。。iwasaki家のある蔵前一丁目は、柳橋盆踊りに参加することになっておりまして。
なんでか昨年・・・お揃いの浴衣とともに婦人部に入部となってしまった(笑)、私(エツコ)。

祭りとか、歌とか踊りとか。
全然得意じゃなくて。というかホントはとっても苦手(涙)。
学生時代過ごしたのは、盆踊りのメッカ(!?)郡上八幡だったけど。
同級生がみんなして夏中、連日参加のどハマリの中・・・4日ほどでリタイヤだったのも私。
ナカナカ覚えられない天性のアタマと感の悪さといいましょうか・・・。
すぐにマスターするなんて絶対ムリだけど、ちょっとずつ疲れない程度に2年半かけて・・・
どうにか覚えた郡上節は、今でも時々脳内で流れます。。。
だからきっと、苦手ではあってもキライではないんだとも思うのだけど。
50になってまた新しい(苦手な)覚え事かぁ。。。

f0177373_18505789.jpg
柳橋は、市丸姐さんでも有名な芸者さんたちが暮らした土地でもありまして。
今はほんの僅かに面影を感じるくらいですが・・・。
昨年から参加することになったこちらの盆踊り、やはりご当地らしくてステキなのは
市丸姐さんの『三味線ブギ』や、『やなぎブギ』という曲目があることでして。
♪ちょいとブギウギ~・・・・って、まだやっぱり。
歌詞も踊りも!ほとんど覚えてない(笑)。。。あぁぁ情けない・・・。
f0177373_18512045.jpg
『東京2020オリンピック音頭』は難しくてぇ~(涙)。。。結局先週の練習でも。
昨日一昨日の本番の2日間でも覚えるコトは出来ませんで。
あ、でもちょっぴりわかりました。(ような気がします・汗)

これで私の2019夏の部活は終わり、また来年!と思っていたら。
「みなさん、今年から来月のお隣の柳北の盆踊りにも蔵一も皆で参加ですのでよろしく。」部長さん。
「エツコさん、柳北踊りは曲目も多いの。難しいから練習日8月に2回ありますので参加してください。」
へ?
「目標は来年春のマロニエ祭りでの完璧な『東京2020オリンピック音頭』の披露だからねっ!」
はぃ・・。

私の部活、まだまだ続きそうです。。。



by senshoku-iwasaki | 2019-07-20 22:50 | 工房周辺
再開発ラッシュ。
iwasaki工房のある蔵前周辺は、只今再開発ラッシュでして。
あっちもこっちも。
四方八方ビルの取り壊し、そして建設中・・・。
まるで高度成長期のような、働く車のオンパレード。。。

以前、オールドキリムを取り扱う方から
「絨毯の世界では、50年でオールド。」「100年でアンティーク。」と呼ぶと聞いたけど。
岩崎家と同じくらいの、築50年のオールドなビルが2.3棟まとめて買い取られたらしいとか
私(エツコ)の耳に届いた頃には・・・こんな具合に景色が変わっていまして。
f0177373_18123101.jpg
町会の交通安全運動は、江戸通りの交差点付近だったのですが。
その辺りもちょうどこんな風に、3棟のビルを取り壊し中。
クニヒサ、60代以上の方々から「懐かしいよな~。」と同意を求められたものの。
「いや、ボクが物心ついた頃には、ここにビルありましたよ・・。」
「え!?いくつ?あー。50歳?じゃ、知らねえか・・・。」

岩崎の母は、お話好きで。
毎朝私が母のいる階の、お風呂とトイレ、洗面所をお掃除する間中ずっと。
脱衣所の辺りでおしゃべり(笑)。
私はブラシをかけたり、水を流したり・・よく聞こえないのもあって「ふんふんふん・・・」
と相槌を打つだけの、ほぼ聞き役なのだけど。
ばばちゃん、全くお構いなしに昨日の出来事(もちろん昨日中に2回は聞いてる・笑)
昔の出来事(これについてはたぶん相当回、でも私がほとんど覚えてない・笑)
ついさっきTVでやってた事の話・・・とあっちこっちと飛びまして。
なので。
クニヒサが知らない昔の景色も、実は私は(ぼんやりだけど)知っている。
あそこにラーメン屋さんがあって、あっちに組紐屋さんがあって、あの辻には駄玩具問屋が
あって。少女時代のばばちゃんが、おはじきが弱くて手持ちが無くなる度にお爺さんが箱で
買ってきてくれたのよね。
小さな木造住宅兼お店が、成功して土地を広げて小さなビルが建ち始めた高度成長期。
昭和元年創業の、お爺さんの玩具問屋も。
何度かこのご近所にお店と家を構えてから・・・。
50年前に、現在の場所に娘婿のお父さんと一緒に建てたビルが『増孝ビル』。

絨毯だったら、「オールド」よりも「アンティーク」のもののほうが値が高いものだけど。
ビルはそうはいかない(笑)。だけど周りが新しくなれば「オールド」の魅力も出てくる
かもかも!?京都の町屋のようなビルを目指して(!?)・・・。
雨が降ると、外壁伝いに雨漏りする場所にタオル置くのも手慣れた私(笑)。



by senshoku-iwasaki | 2019-06-11 23:04 | 工房周辺
東京マラソン 2019
「東京マラソンの日は江戸通りが通行止めだし、横断も出来ないから買い物は前日中にしとかないと。」
毎日のようにバスを利用する、岩崎の母から幾度となく聞いてはいたけれど・・・(笑)。
不思議と。
あまりにも何回も聞かされると、逆に耳から頭に入ってこないのは残念な私だけ!?
おっとぉ~!それって今日なのね。。。クニヒサと作業中ではあるけれど。
生でマラソン選手なんて見たこと無いし、じゃ、ちょいと様子を見てくるか。
表通りに出てみると、冷たい雨にもかかわらず・・もう沿道には大勢の人が。
ちょうど給水地点の辺りで、ボトルを並べ始めている瞬間を目にするのも初体験でして。
f0177373_18300138.jpg
ちょうど私たちの前のあたりは長テーブルの左端。もうすぐ右方向から男子の先頭集団がやって来る頃。
後で番号をよーく見ると、この真ん中は前田穂南選手のものだったようで。込められたパワーを感じます!
なんと右は本日優勝の、ルティアガ選手のものでした。

f0177373_18301487.jpg
あっという間に男子の先頭集団がやってきまして。速い速い・・・。
あっ!大迫さん跳んでいます。南部町では、走ることを跳ぶと年配の方々は言っていたけど。ホントだ。
凄いなぁ。と、思った瞬間に消え去ってていく選手の人たち。
この時は先頭集団の中にいた大迫選手でしたが。この後、銀座あたりで棄権されたと。このときにも
具合が悪かったのかなぁ。。。

このあとすぐまた仕事場に戻り。
作業の続き、クニヒサは次に掛かる着尺の綜絖通しを。私(エツコ)はその着尺に散らすまわたつむぎを。
はじめたiwasaki夫婦でしたが。
僅か2時間で40キロを駆け抜けるマラソン選手に比べて。あらまぁ。iwasakiの2時間って。
ほとんど景色が変わらない・・・(涙)。
手織りほど『のろまなカメ』を実感するジャンルもないかもだけど。
いやいや、30年近くカメを飼っている私の実感としては・・・カメは動くときは結構素早い(笑)。
そして織物制作も。
あっという間に一日が過ぎ去る、ランナーは私ではなく時間側(笑)。

マラソン選手にとっての2時間の壁のように、iwasakiにとってはあと20年の壁。
70歳までにあとどれくらい作れるかしら。
少しでも織り進めたくて、自分では跳んでるつもりで走行中。







by senshoku-iwasaki | 2019-03-03 23:21 | 工房周辺
祭囃子と御神輿とベビーカステラと。
先週末はiwasaki工房向かいの、第六天榊神社のお祭りでした。
榊神社、何が凄いってお囃子は生演奏。
土曜日の朝から日曜の夜まで・・・ほぼエンドレスで本物の上手なお囃子が良く聞こえまして。
うーむ。。。
田舎の素人のお神楽もよかったけれど。こちらの、特にこの第六天はまた・・風情がありまして。
f0177373_18463948.jpg
夕方になると提灯に灯りが・・・。
そしてピーヒャラと聞こえてくるのは・・・。
f0177373_18462024.jpg
境内にあるこの棟は、いつもは閉まっているので中を知らなかったのですが。
おぉぉ。こんな舞台になっていたとは!そしてここからの演奏でした。
f0177373_18455203.jpg
そしてもうひとつ。いつもは閉まっている建物。ここには大きな御神輿が。千貫神輿だそうで。
4年に一度の本祭りに登場するそう・・・なんですが。財政難もあってナカナカ登場出来ないとか・・・。

f0177373_18471342.jpg
御蔵に仕舞ってあった千貫神輿より、やや小ぶりなタイプが増孝商店前を練り歩きます。。。

蔵前一丁目も高齢化が進んでおりまして・・・。
町会のお誘いは以前から頂いておりまして(汗)。
婦人部のほうの名簿には、何故か母とは別の場所に私(エツコ)の名前と電話番号が!
あれあれ、パーソナルなのね~(涙)。

5月の下谷神社のお祭りから始まって、浅草三社祭、ここ榊神社に須賀神社・・。
そして今週末は、三社の次に賑わう鳥越神社のお祭りです。
お祭りの出店があると、なんとなくつい買ってしまうのがベビーカステラで。
なんとなく「美味しいねー」と我が家では盛り上がるものだから、我が家の誰かが買ってきて。
このところ毎週のように口にしている気がするベビーカステラ(笑)。
我が家では、初夏の季語になりそう。

神様が集結するこの季節。
今年は中で仕事を進めていたけれど、来年からは準備と後片付けで4日は潰れるのかなぁ。。。
と、外のお祭りの賑わいをよそに・・・チョット怯えるiwasaki夫婦(笑)。






by senshoku-iwasaki | 2018-06-06 22:55 | 工房周辺
うり坊の仕業。
我が家の裏庭、山葵とクレソンの水路の上・・・。
ある朝、5メートルほどに渡ってゴゴゴゴゴーっと一直線に穴が!
え!?誰?すっごい力持ちみたいだから、イノシシならかなりの大物かと思いきや。。。

荷物を届けてくれた郵便局のお兄さん。
「岩崎さん家の裏に、うり坊がいますね。3日前に配達に来たときにもピョコピョコと・・・。
コロコロしていて、すっごく可愛いかったですよ。」
f0177373_19371016.jpg
そして昨日の朝、対面しました(笑)。
知らずに裏庭にやって来た私(エツコ)に、びっくりして逃げつつも。
しばらくきょとんとこちらを眺めて。

この土手は、いつも湿っていて。少しずつ水が染み出る、蕗と沢蟹とミミズがいっぱいの土手。
この上には・・・3年前の大雪のときに、バキバキと枝が折れてイワサキ家をビビらせた(!?)
大きな大きな樫の樹がありまして。今年はどんぐりがいっぱい落ちてきてます。
おぉぉ。考えてみたら、イノシシの好物だらけだった!

このところの週末は、地元の猟友会の人の車がよく上がって来るので。
もしかしたらお母さんとはぐれちゃったのかも!?

このうり坊、たぶんサイズ的にはパンダの香香と同じくらいかと・・・。
・・・なわりに。凄い鼻のチカラ。まるで小さなショベルカーです。

裏の土手は、この家を手に入れる前の10数年空き家だった時代に。
本来の壁の部分からかなり家側に、落ち葉が降り積もって・・土砂が迫っていたもので・・・。
毎年冬に少しずつ溜まった土砂を払っている部分なのですが。
うり坊ちゃんが「ココが壁との境だよ~。」とほじってくれたので(笑)。
ついでにその怪力で、掻き出してくれたらイイんだけどなぁ。。。
そしたらイワサキ家の子になってくれても・・・。それはムリか。



by senshoku-iwasaki | 2017-12-21 20:56 | 工房周辺
ご長寿の神様。
f0177373_20282418.jpg

f0177373_20285853.jpg
森くみ子さんが藍を仕込むのは晩秋。
昨年お願いしたときに、町内で私(エツコ)の大好きなイチョウの木の落葉の頃と知りまして。
はて、あのイチョウの樹齢はどれくらいなのかなぁ。。。と気になったところ・・・。
工房からそう遠くないところに、なんと!山梨県で一番古いイチョウの木があると南部町マップに。
先週の日曜日。
ならば葉っぱが落ちる前に見に行かねば!と。
えっと・・・。でもどの辺り?とマップを広げてクニヒサと眺めていたら、ちょうど区長さんが
御神楽の寄り合いの件でやってきてくれたので・・・。
「あっ!ちょうどヨカッタ!金山神社ってどこにあるんですかね?」クニヒサ。
「え?金山神社?ん!?どこだろ・・・(笑)」区長さん。
「なんでも山梨一のイチョウの古木があるらしいですねー。」私。
「イチョウの木?あっ!あるある!あそこ金山神社って言うんだ~知らなかったなぁ。
確かにデカいイチョウの木があるよ。ここを下って行ってさ、地震研究所の先の右手にあるよ。」

なるほど!
ホントに大きい!
樹齢300年以上らしいです。
300年、景色はどう変わったのかなぁ。。。今が一番うっそうとしているんじゃないかなぁ。
この裏山も。杉林になる前は、畑だったらしいから・・・もっと見え方も違ったんじゃないかなぁ。
とにかく大きいので、落ち葉やボタボタ落ちてくる銀杏の数も多くて。
ご近所の方は大変なのかも。
でもなんとも生命力溢れるお姿で。
下から・・・ははぁ~と拝んでしまいました。
後ろの杉山が無かったら、大きな黄金のイチョウの木がこんもりと。金山に見えたのかもしれません。

思いのほか近いところに、ご長寿の神様がいらしたので。
あんまり通らない道なのですが、これからは。
ちょっと回り道をして時々・・・もう一つのイチョウの木からも、パワーをいただこうと思っております!



by senshoku-iwasaki | 2016-11-28 22:02 | 工房周辺
イチョウとカリンと。
f0177373_19295541.jpg
我が家から1キロ坂を下ると、遠くに見える大きなイチョウの木。
私(エツコ)は、このイチョウが好きで。
自宅が工房と別だったときは、毎日眺めて工房に通うのが嬉しかったのがこの木。
こうして色づいてくると、坂の麓から確認出来まして・・・あぁ、黄色。
きっと私は、この色がたまらなく好きなんだということに、最近になって気づきました。

18年前に南部町の借家を探していたときの決め手になったのも黄色。
ちょうど今くらいの季節でして。
家の脇にかりんの木が、たわわに黄色の大きな実をつけていたものだから!
その借家に12年暮らして。
毎年かりんの蜂蜜漬けを作りまして、イワサキ家の冬の喉を潤してくれまして。
そのときに、虫食いだったりしたところを庭に捨てていたところ・・・なんとある春に芽が!
ちょうどその頃、手に入れたのが現在の工房でしたので。
10センチくらいの、小さなかりんの木の赤ちゃんを庭に植えました。
その子がなんと!
f0177373_19302770.jpg
今年初めて実をつけたのです!!それもたったひとつだけ。
木はすくすく成長していたのだけれど。
花が咲くまでに何年もかかり、やっと咲くようになっても実は付けず。
「エツコさん、かりんは実生だと実は付けないって聞いたことありますよ。」
クニヒサに何度も切られそうになったのも、ある意味良いストレスだったのかも(笑)。

このかりんの隣には、今年大豊作のカボスの木がありまして。
ナカナカ収穫出来ないうちに・・・木で完熟しまして、すっかりゴールデンに。
黄色いマフラーを織りながら、なんとも幸せな気分で庭を眺めていたのだけれど。
かりんはまだ大丈夫だけど、カボスはさすがにもう収穫しなきゃ!・・・と。

珍しく日曜も出かけることなく、のんびりしていた息子を使って・・・。
昨日全部取ってもらったので。(今じゃ、クニヒサより背が高く便利なことで・笑)
今晩から・・・ゴールデンかぼすポン酢の仕込みに。

黄色、黄色、黄色。
我が家で23年一緒に暮らすカメもキイロちゃん。キバラガメ(黄腹亀)とも言われる
けど、23年前はペットショップで『イエローゲーリー』って書いてあったっけ・・・。
きれいな黄色だったキイロちゃん。
その後やってきた、ミドリガメのミドリちゃんと・・・今じゃ同じ風貌に(笑)。

大きなイチョウの木のように、何年も何十年も・・・この黄色が続きますように!!

by senshoku-iwasaki | 2016-11-07 21:47 | 工房周辺
スネークマンション、賃貸物件!?分譲物件!?
f0177373_20164986.jpg

iwasaki家は、お山の上の小さな集落にありまして。
工房の前の道は、この集落で唯一の60mほどの平たい道。(他は急坂・笑)
ほとんど車が通らないので、娘(小6)は、スケボーの練習にゴロゴロゴロと行ったり来たり。
時々くるっと方向転換。Youtubeが彼女のお師匠さん(笑)。
いつもなら一度外に出ると、40分は戻ってこないのに、すっごい速さで戻ってきて。
「スゴイの!ヘビのマンション!満室なのっ!」興奮気味で。
「えっ!?どこに?」と言いつつ、あんまり確認したくない私。
「いいから来てぇ~」
擁壁の水抜き穴になんと!5つは埋まっておりまして。
青大将系の大きな背中(!?お顔は見えなかったので・・・)とか。
たぶんきっとマムシ・・・とか。
こちらのお部屋は、入ったばかり?くりっくりの大きなお目目が・・・カワイイけれどコワイ・・・。
この擁壁の上は竹林になっていまして。
この梅雨は、あんまりまとまった雨も降らず、この水抜き穴から雨水が出ているところを・・・
そういや、見たことが無いなぁ。
「チビッコがうっかり手とか入れちゃ危ないね~」私。
「チビッコはいないけど、カエルくんは気を付けないとね。」娘。
そーでした。注意の看板は、カエル語じゃないと。
by senshoku-iwasaki | 2016-07-27 22:16 | 工房周辺
茜の宝石。
f0177373_20404253.jpg

雨があがって、工房の外に出てみると。
あら、今日は暖か・・・っていうより、蒸し暑い!?
庭のドウダンツツジの根元に、アカネが生えておりまして。
なんでか・・・草取りのときにも取り除くコトが出来ずに。
先週は、黄緑色の実をいっぱいつけておりましたが、
今日は葡萄色に輝いて。
なんだかイイことがありそう!

「かぁつん、これくらいに切ればイイの?」小5娘。
梅の小枝切りを手伝ってくれている娘は、手際がよくて。
アニキとはえらい違いなので(笑)。クニヒサは何か手が要る
ときには、面倒のない娘に声をかけてしまうものだから・・・。
アニキのほうは、益々困ったコトに・・・。
でも、力だけはあるので!重たいモノを運ぶときには
すっ飛んでは来てくれないけれど(笑)、快くやってくれるだけ
人手があるって、有難いなぁ・・・と実感。
Uさまの杉綾織り紬のヨコ糸を、染める梅の小枝には
小さな蕾が・・・。
今日は奇跡的に暖かだったけど、間違いなく木々たちは
真冬の準備をしていまして。少しだけ赤味のある、やわらかな
茶のような、金茶のような、マロンクリームのような・・・?
『Uさまの茶』に染まりますように!
by senshoku-iwasaki | 2015-11-15 21:40 | 工房周辺