カテゴリ:工房周辺( 90 )
茜の宝石。
茜の宝石。_f0177373_20404253.jpg

雨があがって、工房の外に出てみると。
あら、今日は暖か・・・っていうより、蒸し暑い!?
庭のドウダンツツジの根元に、アカネが生えておりまして。
なんでか・・・草取りのときにも取り除くコトが出来ずに。
先週は、黄緑色の実をいっぱいつけておりましたが、
今日は葡萄色に輝いて。
なんだかイイことがありそう!

「かぁつん、これくらいに切ればイイの?」小5娘。
梅の小枝切りを手伝ってくれている娘は、手際がよくて。
アニキとはえらい違いなので(笑)。クニヒサは何か手が要る
ときには、面倒のない娘に声をかけてしまうものだから・・・。
アニキのほうは、益々困ったコトに・・・。
でも、力だけはあるので!重たいモノを運ぶときには
すっ飛んでは来てくれないけれど(笑)、快くやってくれるだけ
人手があるって、有難いなぁ・・・と実感。
Uさまの杉綾織り紬のヨコ糸を、染める梅の小枝には
小さな蕾が・・・。
今日は奇跡的に暖かだったけど、間違いなく木々たちは
真冬の準備をしていまして。少しだけ赤味のある、やわらかな
茶のような、金茶のような、マロンクリームのような・・・?
『Uさまの茶』に染まりますように!
by senshoku-iwasaki | 2015-11-15 21:40 | 工房周辺
裏庭の山葵に花が出始めると、
裏庭の山葵に花が出始めると、_f0177373_20182121.jpg

もうすぐお彼岸・・・。なのがいつもなのだけど。
今年はチョット早いかな、ひなまつりに蕾が出始めました。
これから・・・ちょいちょい摘んで、パスタにサラダに春の苦味もプラスかな・・。
山葵の奥は、以前ウサギちゃんに食い荒らされた後から芽吹いたクレソン。
最近はウサギちゃんはココには来ていないようで・・・。
そうなると、クレソンはどんどん株を増やしていきまして・・・、今度は水路いっぱいに。
これでは水芭蕉や、杜若が埋もれてしまうので、冬中せっせとクレソンを食べました(笑)。
裏庭の山葵に花が出始めると、_f0177373_2019937.jpg

虫がニガテな私(エツコ)は、庭いじりは冬に限りまして。
裏の土手が大雨で崩れるたびに、土を取り除くと出てくる元の岩がありまして。
その岩のところまで、長年の落ち葉で積もり積もった土に・・・迫りくる竹の根っこ。
土砂取りと、竹の根っこ取りが冬の間中のiwasaki夫婦のエクササイズ(笑)。
朝、昼食後、夕方とバケツに1・2杯ずつくらい。
ムリしない程度に山と庭の境目を、140年前のこの家が建った当初のところに戻そうと。
なんとも気の長い話なんだけど、やり始めると、なんとも楽しくて。
ドラマ『北の国から』で、自分で丸太から家を建てようとしている父を、手伝おうとする純クンに
「お前には手伝わせねぇ~。」と言った五郎さんのキモチの意味が解る様な気がしまして。
面倒で、手間がかかって、大して進まない(まるで織物づくりじゃないかと・笑)こんな原始的で
非効率的な行為にこそ、生きていることの悦び、幸せ感が潜んでいたのか・・・と。

昨年の大雪で、裏山のお隣の大きな樫がバキバキ折れて。
とっても怖かったけど、お陰で地主さんも樫を少し切ってくれたので、iwasakiの敷地内の
チョットだけかかった裏山もとても明るくなりまして。昨年、竹はプロに全部切ってもらって
スッキリした我が家の裏山。落ち葉をとって、草を払って道を作って。
折れた樫は、薪ストーブで暖をとりまして。出た灰を、せっせと蒔いています。
今年の夏は、なるべく山ヒルを家に近づけさせたくなくて。
このヒル避け大作戦が功を奏したら・・・また来シーズン、私のエクササイズも進化しそうです。
by senshoku-iwasaki | 2015-03-08 21:42 | 工房周辺
裏庭の水路に『ヒッキー』。
裏庭の水路に『ヒッキー』。_f0177373_19374591.jpg

一昨日・・・台風の過ぎ去った朝、我が家の裏の水路にやってきたのは大きなヒキガエル。
そろそろ冬の準備なのかしら!?
水路には沢蟹がいっぱいいるので、ひょっとしてお食事に・・・?
なんだか、急に冷え込んできて。
今年の夏こそ、一週間ほどかけて隙間風対策のDIYとか、ひび割れた裏のモルタル修理とか・・・
そうだった、昨年の大雪で折れた樫を、ちゃんと『薪』にする薪割りとか。
冬に向けてやらなきゃ!と思っていたコトだけはいっぱいあったiwasaki家なのだけど。
結局・・・。何も出来ておらず(涙)。
あわわ・・・。
新作の『赤ケット』を、午後3時ころ織り上げたクニヒサ。
町内のホームセンターで買ってきたのは・・・お手軽な隙間テープ(笑)。
リビングのあちこちにテープが張り巡らされ・・・・。
「とりあえず今年はコレでイイっか!」
コレでイイなら、昨年までもコレでヨカッタって話になるのだけれど(笑)、昨年まではもうチョット
なんとかしたいと思っていたハズだったんだけど・・・。
ま、こうなったというコトは・・・。
きっとこれから先何年か・・・この、『とりあえず』のままだったりして(トホホ・・・)
築130年の我が家より、『ヒッキー』のお宅のほうがあったかいのかもかも。
by senshoku-iwasaki | 2014-10-16 21:18 | 工房周辺
イノシシ騒動。
イノシシ騒動。_f0177373_201298.jpg

iwasaki工房&住まいは高台にある、たった6軒の小さな集落でして。
先日のこと。
ご近所さんが、収穫直前の里芋を、ケモノ避けのネットを引きちぎって
ほとんどイノシシに食べ散らかされる・・・といった事件がおきまして。
畑の近くに、檻が仕掛けられました。
でも野生の動物、かなり慎重なので・・・あんまり『かかった!』という話は
聞いたコトがなかったのですが・・・。
今朝は、なんだかご近所がザワザワ。
「3匹入ってる、ウリボウほど子供じゃないけどまだ子供だな。」
「ありゃ、かかったかい?」
「おぅおぅ・・・かなり暴れとる・・・。」
娘はよく遭遇しているらしいイノシシですが、私(エツコ)は初めて目にしたものの。
檻の中で大暴れのイノシシたちに引きまくり・・・。遠目で後ずさり・・・(笑)。
サルにイノシシにシカ。
日本中の各地でそうなのかもしれないけれど。
ここでもその被害は、困ったことにかなりなもので。
確実に。この集落ではヒトの数より、彼らの数がはるかに多いようで。
我が家の子供等は、ランドセルにいっぱい鈴をつけて。
人間の気配?周波数!?電波!?を放っているつもりなのかどうなのか・・・?
なんでか「ワレワレハ~チキュウジンダ~」と喉を叩きながら帰ってくる、おバカなiwasaki人種(涙)。
でもひょっとして、これが野生動物を引かせていたりして!?
by senshoku-iwasaki | 2014-09-29 21:19 | 工房周辺
今日のこの日。
今日のこの日。_f0177373_2162133.jpg

台風が過ぎ去った、一昨日のこと。
工房の裏土手の溝には・・・山の上から大雨で流された沢山の落ち葉や、枝で溢れんばかり。
今回の台風、南部町は雨量がそんなに多くはなかったので、漂着物もパンクしなくて助かりました。
台風が通過する直前も、雨が止むたびにチョイチョイとマメにお掃除していたのも吉と出て。
「やっぱりマメに手を入れるっちゅうこっちゃ~」と、一仕事したクニヒサ、
「あれぇ~!?エツコさん、あそこに大きな蕾があるんですけど。ササみたいな葉っぱで。」
「去年まで葉っぱは出てたけど、花は咲いたトコ見たコトなかったのよ~。でもこれ、この辺にある
出てくるとサルに食べられちゃう、タカサゴユリとは違うみたい・・・。
それにこんなに細ーい茎で、こんなに大きな蕾・・・よく昨日の台風に耐えられたわよねぇ・・・。」
「細い茎についた小さな葉っぱなのに、ずいぶん虫に食べられてますねぇ・・・。」クニヒサ。
「蕾まで食べられちゃうのも・・・だったらウチで咲かせますか!」私。辺りにはカミキリムシが。

そして今朝見事に咲いた姿を見て・・・。
ヤマユリだったのね~!!と。なんとも地味な場所に、栄養失調のような華奢なボディから・・・
なんとも華やかで大輪の一輪に、かつてあんまり経験したことのない感動がっ。
きっと何年もかけて、今日のこの日を迎えたのかもしれません。

今日のこの日。
iwasakiは何年も・・・ハレの日用じゃない、普段着にしかならない織物を作ってきました。
見るからに『作品』に見えてしまうような立派なモノじゃない、一見何てことない織物ばかりを。
絵画や彫刻と違って、織物には名前が刻めないというコトも・・・iwasakiにはピッタンコであったと。
時が経てば・・・どこの誰が織ったものかも、興味の無い人には手織りであるかもワカラナイ。
でもワカル人!?マニアックな人と、どこかの何かのタイミングでiwasakiの織物は出会うかも・・・。
私たちが古道具屋や、骨董市で『マジやばい、超イイ!・・・』と出合った織物たちのように。
そんな、いつかの誰かの『今日のこの日』になるように、今日のこの日を精一杯!織物イッパイ!
生きていこうと思っております。
この、たった一輪のヤマユリのように。
by senshoku-iwasaki | 2014-07-12 23:09 | 工房周辺
新学期、こどもと朝の散歩道。
新学期、こどもと朝の散歩道。_f0177373_20132768.jpg

月曜日から新学期、通常授業の我が家のこどもたち。
気がつけば、6年生と4年生に。
小学生はイイなぁ。留年とか無いし。確実に進級できる安心感(特にアニキのほう・笑)。
「今年こそ!アレだわよ、目標とか自覚とかちゃーんと持ち続けて学校生活送ってちょーだいよ。」
いつものことながら・・・やっぱりチョット説得力に欠ける私(トホホ・・)。
「おぉっ!トドのボールショーだっ!」話を変えるか、息子。
「ホントだ!かぁつん見て!!」娘。
今年はどういうわけか、桜もカイドウもいつもなら5月に咲くウラシマソウまで・・・一斉に花盛り。
ヒノキの実のサッカーボール乗せて・・・このウラシマソウ、これからどうするのかなぁ?
新学期、こどもと朝の散歩道。_f0177373_20143895.jpg

ご近所の六地蔵公園前の枝垂桜は、これからが見ごろ。
昨日は、地区の老人会のお花見会を六地蔵さん前で。
私は最若手(やった!笑)のお手伝いで、チョットだけ参加しました。
みんなでラジオ体操をして、お茶とお弁当と持ち寄りのおやつや漬物で、健康的なお花見で。
私の人生の目標は、どうにかこうにか健康で、いくつになっても現役で織物づくりをするコトですっ!
って、何故か六地蔵さんたちに心の中で宣言してきました。
by senshoku-iwasaki | 2014-04-09 21:00 | 工房周辺
フクロツチガキ
フクロツチガキ_f0177373_19375225.jpg

4時に小学校を出るバスに乗って、1キロ坂道を下った下のバス停から・・・
約30分かけて上ってくる、我が家の子供たち。
寒くなったので、障子を締め切ってエアコンをいれて・・・クニヒサは新作のレース織り八寸を、
私(エツコ)はまだ・・・(涙)広幅のsunriseを織っていると・・・。
珍しくいつもより早く、息せき切って娘が興奮気味で
「ただいま!しょーこ、新種のお花のキノコ見つけたのっ!すぐ来てぇ~っ!!」
ランドセル放り投げて・・・。

「アタシは今、手が離せなーい」
「すぐ暗くなるからなぁ・・・。じゃ、私が行きますか・・・。」カメラ持って・・クニヒサ。
「いやぁ・・・疲れた。オレはもういいや。」娘から遅れること5分ほどして・・・ゼーゼーしながら息子。

しばらくして・・帰ってきたクニヒサの写真見て
「あれ!?これ、しょーちゃんの好きなケムリダケじゃないの?煙出すやつ・・・」私。
「ん!?違うよう。だっていつものより大きいし、キレイだもん。イワサキダケになったりして。」娘。
娘には残念ながら。
フクロツチガキ という名前のちゃんとあるキノコでした。真ん中から煙のように胞子も出すそうで。

けむり、煙、ケムリ・・・。
iwasakiの織物、考えてみたら・・・どれもこれもみーんな巻きつけるモノでして。
sunnriseもボワーンとしておりますが。
もっとスモーキーな・・・帯だったりショールだったりを作ってみたいかも。
趣味がいいのか、悪いのか、オシャレなのか、そうじゃないのかもワカラナクナル、ミラクルな
けむりのような織物を。
by senshoku-iwasaki | 2013-12-12 21:05 | 工房周辺
岩田屋さんの『小麦マンヂウ』
岩田屋さんの『小麦マンヂウ』_f0177373_20261572.jpg

工房は山の上にあって、冬は日照時間がふもとの集落よりも長いのが魅力なのですが。
雨が降ったり、曇りの日は・・・床下からも冷たい空気が・・・。
この家が建った、130年前のままだからなぁ・・・。
床暖房とか入れちゃう、本格的なリノベーション、したかったなぁ・・・。
どのタイミングでもムリだったし、今もムリなんだけど(笑)。

『ランナーズハイな織物』とか『織物機関銃』とか言って・・・(笑)。
大して作れないのだけれど、キモチだけはせっせとエンドレスで・・・。
とにかく手指を止めないiwasakiなのだけど。
寒いと杼(シャトル)を落っことすわ、荒れた指先に絹糸が引っ掛かるわ・・・(涙)。

「うーん。『何がイイ』ってわかんなくなるね。」私。
「色がたくさんあってもイイし、ストイックに無いのもイイ。」クニヒサ。
「そーなの。『コレだ!』って自信持って言えるのはアタシ、『中華まんはこしあん』ってコトぐらいだわ」私。
「エツコさん、それは『確信』じゃなくって、『好み』ですね。」クニヒサ。
「そー。好みなんだね。あーたがこの前買ってきてくれた中華まん、つぶあんだったじゃん。
つぶあんだったら、中華まんじゃなくて『小麦まんじゅう』だろう!って思ったときからずっと・・・
岩田屋さんの小麦まんじゅうが食べたかったんだわ。」私。
「あのときはハフハフ・・・どう見ても、美味しそうに食べていましたけどね。
でもたしかに・・・つぶあんは、小麦まんじゅうですねー。」クニヒサ。

岩田屋さんの小麦まんじゅう、黒糖、うぐいす、つぶあんに芋餡・・・などなど
取り混ぜの5個セットは、竹の皮に包まれて・・・南部町スイーツの人気者。
岩田屋さんではいつも、大きな銅鍋でこっくり炊く小豆のいい香り。
道の駅とみざわでも売っているので、
今日みたいな寒い日は・・クニヒサに所用のついでに買ってきてもらいます(笑)。
自分で車を出さないからダメなんだわねぇ・・・と思いつつ(トホホ・・・)。
by senshoku-iwasaki | 2013-12-10 21:19 | 工房周辺
次から次から・・・。
次から次から・・・。_f0177373_1913965.jpg

裏山からパラパラカサカサ・・・落ち葉が止まらない・・・。
このところ急に冷え込んできて、薪ストーブの焚きつけ用の小枝も用意しなきゃ・・・。
あぁ・・。まだ子供たちの真冬用の衣類も出してなかったっけなぁ・・・。
っていうか、それを取り出すには最近友人のところから戴いた・・・お下がりの子供服を整理しないと。
サイズがイロイロ・・・。季節もイロイロ・・・。
いやいや・・しかしだねぇ・・・。織らなきゃ、先に進めないんだけどなぁ。

「こんなコト、してる場合じゃないんだけどなぁ・・・。」
最近気がついた、幸せな逃げ言葉(笑)。
テキトー過ぎるお掃除も、子供らのコトも。
言い訳の木枯らしを、ピューピュー吹かせて

早くしないと、年が明けちゃう(涙)。
庭に一粒、寒そうな赤い実が 初日の出に見える師走の日。
by senshoku-iwasaki | 2013-12-02 19:54 | 工房周辺
きのことみかんとかめむしと。
きのことみかんとかめむしと。_f0177373_19113572.jpg

朝 登校する我が家の子供らと・・・1キロ山道を下ったバス停まで同行するのが
僅かばかりの私(エツコ)の運動でして。帰りの登り道は、なるべく大股で(笑)ロングブレス~。
雨上がりの朝は、キノコとの遭遇率が高い秋。

「うわぁ・・・。かぁつん、このキノコ、紫色でキレイだね。」娘。
「なんとなく食べられそうな感じのキノコだね~。
でも、ムラサキシメジとコムラサキシメジは食べられるけど、ウスムラサキシメジだったら毒キノコ
なんだって~!!残念ながら・・あたしゃ、ぜーんぜん区別つかないけどね。」何にも詳しくない私。
「うひゃ~っ!!ヤダやだ。オレは給食のシメジだって困ってるのに。
危険を冒してまで野生のキノコにトライするってゆーのは、まーったく理解できない!」キノコ嫌いの息子。

今年は(南部町だけ!?)山の実りが豊作なのか、この山道途中の柿の実もまだたわわに生ったまま。
いつもだったら、サルの大群があっという間に持って行っちゃうところだけれど。
そういえば先月も、この坂道の山栗を数粒だけど(笑)、娘が拾ったなんてのも・・この数年来初めて。
そんなわけでなのかなぁ・・・?
我が家の庭に、もともとあった温州みかんの木。
本来サルは、酸っぱいみかんはあんまり好物じゃないらしいのだけれど、ドングリや柿が不作のときには
黄色に色づき始めたところで・・・食い荒らされてしまうので。
青いうちに採って『自家製みかんポン酢』を作っていたのだけれど。今年はなにやらチョット違う感じ。
こんなに樹で黄色に熟すまで生っているなんて!
一つたべてみてビックリ!子供の頃食べた、ちょっと酸っぱい懐かしいみかんっ!
いつもならチョットどころじゃない(笑)超酸っぱいみかんなので・・・。
超酸っぱくてもOK!な、我が家のチビッコたちだったけど、これならギリギリまで甘さを狙うコトに・・・。

みかんが豊作だからかなぁ・・・。
カメムシがいっぱい。
洗濯物に、干した布団に、工房内にもブイーンと・・・。
怒らせないように・・・ほうきに移動させてお外にポーイと逃がすのだけど・・・しばらくするといつの間にか
また家の中に・・・。今日だけで20匹は移動させたんだけどなぁ・・・。
怒らすと臭いし、苦手なムシなんだけど・・・。
なーんか無碍に出来ないのはアタシ、前世はカメムシだったりして!?オヨヨ・・・。
きのことみかんとかめむしと。_f0177373_2103263.jpg

by senshoku-iwasaki | 2013-11-05 21:01 | 工房周辺