<   2008年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧
火の用心
これから、消防団部長会議に行くところ。
部長、仕事の都合で会計の私が代わりに行くことに。

田舎暮らしの正統派を貫くには、消防団入団は必須。
明日は、町の青年部として秋祭りで、やきとり、おでんの出店。
再来週は、消防団研修旅行に東京へ。(宿泊先は、実家のそば)

来年の3月まで会計としての仕事、目白押し。

どうか、町で火事がありませんように。
by senshoku-iwasaki | 2008-10-17 19:00 | 岩崎のある日
搬入準備
今日、ギャラリーとーくの展示会、搬入準備。
ストール、マフラーの最後の仕上げをし、タグを付ける。などなど・・・。
明日もその続き。



『いわさきのはたおり展』

兵庫県姫路市にありますギャラリーとーくにおいて 染織iwasakiの展示会をいたします。

2008.10.23(木) ~ 10.30(木)
10:00 ~ 18:00

この展示会では、紬の着尺、間道の帯地、シボのある楊柳のストール、絹のショールなど出品します。
会期中23日と24日は訓久がギャラリーにおりますので、ぜひいらして下さい。


ギャラリーとーく〒670-0933
兵庫県姫路市平野町58
tel 079-288-4037


お車でお越しの場合は・・・
姫路南インターを下り、姫路駅方面へ向かう。
ホテル日航姫路の信号を右折し、朝日橋をわたり、突き当たり国道2号線東行きを右折、
中央保健所の南向かいです。
駐車場は平野町パーキングのNo.8、10、23 大橋駐車場とーくパーキングのNo.17、18をご利用下さい。

by senshoku-iwasaki | 2008-10-16 20:43 | 展示会・お知らせ
お電話をいただきました。
お電話をいただきました。_f0177373_20562576.jpg

吉野格子の紬、Kさん大変喜んでいただきました。
ギャラリー工さんでの展示会の時、お召しになっていらして下さるとのこと、楽しみデス。
この紬を織らせていただいて、iwsaski広がりました。ありがとうございました。





『ekkaのコート展・2  kazumiとiwasakiのおあつらえ』  ギャラリー工 東京・高円寺

2008.11.21(金) ~ 11.27(木)
11:00 ~ 19:00
by senshoku-iwasaki | 2008-10-15 21:54 | 着尺・帯
休日も改築
休日も改築_f0177373_20123455.jpg

昨日、休日にもかかわらず もちえんさん作業してくれる。
脱衣場の壁に張る板に、柿渋・弁柄・松煙を混ぜたものを塗っているところ。

この後姿にウチの子供らは、「お仕事してカッコイイ!」

私の機織り姿は、「のんびり、まったり、楽しそう」

だそうです。

その通り。

ということにしときます。
by senshoku-iwasaki | 2008-10-14 21:00 | 工房改築
平織り だけじゃない着尺
平織り だけじゃない着尺_f0177373_18103727.jpg

Kさんの吉野格子着尺、郡上より仕立て上がってきました。

これまであまり平織り以外の着尺は織ってこなかったのですが 今回織らせていただいておもしろくなってきました。
次は、ヘリングボーンの紬着尺、経吉野(沖縄のロートン織りに似ている)の紬着尺、山形斜文の着尺などなど・・・
来年、春頃の展示会までにぜひ織りたいと計画中です。無地の中に、地紋としてひかえめに柄が浮かびだすような着尺を。
by senshoku-iwasaki | 2008-10-13 18:37 | 着尺・帯
さむい遊園地
今日、前から子供達と約束していた ぐりんぱ(裾野市にある遊園地)に行って来ました。
霧が出てるは、寒いはで・・・参りましたの半日。
それでも いろいろと乗り物にも乗ってきました。1時間40分ほど車を運転して来て、なんでまたゴーカートを運転するのかと思いながらも・・・。

帰り道のお約束。
「何がおもしろかった?」

娘 「あのねー。ポップコーンの販売機」

息子「大怪獣バトルのゲーム」

君達も本当は 遊園地どうでもいいんじゃないの。

寒いはずです。富士山の麓にある遊園地、紅葉が始まっておりました。
by senshoku-iwasaki | 2008-10-12 20:03 | 岩崎のある日
二家本亜弥子姉さん
今年、三渓園の「夏じたく展」でご一緒させていただいた二家本亜弥子さんから作品展のDMが届きました。

二家本亜弥子作品展 「大島紬と芭蕉布」  ギャラリー旬・東京広尾
                             03-3444-7665
11月5日(水)~11月9日(日)  12時~19時

二家本さんの大島紬の絣糸で織られたショールは、必見です。絣のランダムな連続性は増殖性に変化して、ずーっと見ていてもあきません。
by senshoku-iwasaki | 2008-10-11 19:59 | いわさきのつながり
もちえんさん
もちえんさん_f0177373_18454056.jpg

トイレの床板に楠の厚い板が張られました。
これには、私達もびっくり。

大工仕事をお願いしている もちえんさんは、本業が造園家でして・・・。工房の庭を頼んだのがきっかけで、何でもお願いしております。

この楠、もちえんさんがご自分の山から切り出したものだそうです。

もちえんさん_f0177373_19342029.jpgもちえんさん_f0177373_19344358.jpg






                     ↑染め場も もちえんさん。


ただ者ではない もちえんさんです。
by senshoku-iwasaki | 2008-10-10 19:54 | 工房改築
紬アンサンブル
紬アンサンブル_f0177373_2145959.jpg

Fさんの紬アンサンブル、エツコさんが織り始めました。

経糸に梅、矢車附子、桜で染めた 青味がかったグレー、茶がかったグレー、少し赤味のあるグレーの3つをとりまぜて構成させた無地です。

Fさん ご身長が189cmある男性でして、筬の通し巾が1尺1寸5分もあります。
iwasakiの織物がこれほど目立つ方はいらっしゃらないのでは・・・。

「秋の花粉症と闘いながら、しっかり織り進めます。」 と鼻声で言っております。
by senshoku-iwasaki | 2008-10-09 21:45 | 着尺・帯
工房のみかん
工房のみかん_f0177373_19512357.jpg

工房の庭にあるみかんの木。
今年もたわわになっている。

もう少し黄色くなってくると 猿に食べられてしまうのでそろそろ収穫。

それほど甘くなく、すっぱい。いまどきのみかんでは ぜんぜんない。
が、猿には渡したくない。 
by senshoku-iwasaki | 2008-10-08 20:08 | 工房周辺