<   2013年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
たねやの『ふくみ天平』、胡麻と。
たねやの『ふくみ天平』、胡麻と。_f0177373_19304021.jpg先日Nさまに戴いた・・・たねやさんの『ふくみ天平』。
こちらの最中を見るたびに・・・以前見た、浜松市美術館
での志村ふくみさんと洋子さんの展覧会を思い出します。
あのときには、志村さんとのコラボパッケージの『ふくみ
天平』
がありましたので。
先々週でしたか、NHK・プロフェッショナルをたまたま・・
見るコトができまして。
88歳にお成りになった、師であり母である志村ふくみさん
を支える洋子さん、お二人のお姿に・・・ただスゴイなぁ~
と眺めいっていた私(エツコ)。
お二人のような生き方や、お仕事は到底出来ませんが。
なんでか18才の頃から染織の世界に迷い込んでしまっ
たiwasakiにとっては、大師匠とともにこのお二人もずっと
輝き続けている『星』の存在であります。

今年・・・2分の1米寿のiwasaki夫婦。
今回経てている、綾織りの着尺は、経糸本数1,474本。
鯨寸間70羽の筬に2本ずつ通すのですが、私(エツコ)は
苦手な作業なので(笑)、いつもクニヒサの担当。ところが
「ヤバイっ!!全然見えないっ!」クニヒサ。
とうとう近眼のクニヒサにも老眼が・・・。当然、綜絖通しを
何度か間違え・・・かなり機嫌悪し。これはマズイ(汗)。
苦手と言って逃げられなくなるかも!?ここはひとつ胡麻
すり大作戦!とびっきりのお茶タイムでゴマかそう(笑)。
by senshoku-iwasaki | 2013-06-05 20:24 | 最中
繋げて繋げてグルグル巻いて。
繋げて繋げてグルグル巻いて。_f0177373_19222630.jpg先週から私(エツコ)は、チョット
だけウェイティング状態でして。
何を待っていたかというと、これ
から取り掛かる・・綾織り着尺の
最終的な色だったり、段取りだっ
たり。ご注文いただいている、綾
着尺は、サンプルしかなかった
にもかかわらず3反も。コレは、
ゼッタイはずせないし、ドキドキ
ものです(汗)。こんなときは心
鎮めて・・糸繋ぎ。過去に織った
着尺の切り糸をひたすら繋ぎ。
「あれ?かぁちゃん、コレやって
るってコトはひょっとして忙しい
?」息子。「察しがイイねぇ。」私
「挑む山の頂が高いほど・・・
遠回りしたくなるダメなタイプなのだわよ。」私。   「三浦(雄一郎)さんとは違うんだねぇ。かぁちゃんも。」息子。
「まぁ世の中、三浦さんみたいな人ばっかりだったら・・・それはそれで大変だわねー。でも見習いたいものだわね」私。
「オレさぁ、学校で『朝読書』って時間があるんだけどさ、1時間目がめんどくさい科目ほど楽しいのよ。読書が!」息子。
「でも時間たっぷりあるからって、読書が楽しいかっていうと・・・そうじゃないってワケだ。」私。
「そーゆーワケってコトは、オレも『かぁちゃんな人生かぁ・・・』息子。
ムムム・・・なんじゃ、『かぁちゃんな人生』って?いやいや・・・こうやってね、いろんなコト考えながら糸を繋げていると
フツーの糸より面白い糸になる、面白い織物が出来るんじゃないかって予感があって。その楽しい予感が面白くって。
いろんなコトを面白がれる人って、もしかしたら三浦さん級の面白い人生かもしれませんですぞ。少年よ。
by senshoku-iwasaki | 2013-06-02 20:46 | 岩崎のある日