<   2015年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
岐阜・起き上がり本舗の『起き上がり最中』と、蔵前・榮久堂の『褒められ最中』。
岐阜・起き上がり本舗の『起き上がり最中』と、蔵前・榮久堂の『褒められ最中』。_f0177373_20231548.jpg

縁起招福といえば、ダルマ。
私(エツコ)はダルマも大好き。なんてったって転びませんから(笑)。
息子の、超がつくほどの不器用さに・・・日々オヨヨ(涙)の私ですが。
私自身若いころから何をやっても上手くいかない、必ず転んで傷ついて・・・。
最近になってようやく・・・転んでも大怪我にならないように転ぶ(!?)
コトが出来るようになった気が・・・(笑)。
埼玉のIさまから頂いたのは、そんなトホホな私に元気をくれる一品。
『起き上がり最中』は、あの織田信長が岐阜城(稲葉城)を攻略するために
7回戦って、8回目にしてやっと手に入れたと。その間部下に「我正に起き上がり
の最中也」と言ったという話が由来とか。
株式会社・起き上がり本舗の『起き上がり最中』。社名にもなってる起き上がり。
たしかに、イイ響きです。
そんな縁起招福・ユーモラスなビジュアルで、更に最中!あぁぁ・・・。たまりません。
しっかりとしたダルマさんの中には、どっしりとあんこがぎっしり。
「大粒栗」はぜんざいのような小豆あんに、大きな栗がごろりんと。
そのほかに小倉・挽茶・きんとんと。挽茶、きんとんは、いつの間にか我が家の
子供たちのお腹に入っていったらしく・・・。「おいしかった~!大粒栗と同じくらい!」
あらあら・・・全種食べたのは、あーたたちでしたか(笑)。
不器用な母にも父にも。息子にも。誰に似たのかチョットだけ小器用な娘にも。
これから・・・どんだけ転んでも大丈夫。
「我ら起き上がりの最中也!」と立ち上がりますっ!
Iさん、ありがとうございました!!
岐阜・起き上がり本舗の『起き上がり最中』と、蔵前・榮久堂の『褒められ最中』。_f0177373_20244416.jpg

増孝商店のときに、お茶請けのお菓子として・・・ご近所でもある、榮久堂の半生菓子
が季節感があってカワイイのでよく利用させてもらっているのですが。
榮久堂さんの最中といえば、以前登場した『柳多留もなか』のほかに『褒められ最中』
というのがあるらしく。お品書きにはあって、ずっと気になっていたのですが。
「『褒められ最中』は、お客様から前日にご注文いただければ、お作りしております。」と
伺ったもので、今回お願いしてもらいました。
「栄」の字が、なんかシュッとして・・・柳腰な感じです。
この最中、コピーが昭和っぽくてまたイイのです。
「東京名物 献上 褒められ最中 一度食べたら誰でも褒める」
しっかりとした皮は、口にしたときに一瞬・・・
「あれ!?ひょっとして湿気てる!?」と思うような食感で、・・・はて?と思った瞬間
なるほどぉ~!と合点。
最中ギライの人がニガテな、「皮が上あごに付く感じ」が無いのがこの、『褒められ最中』
の特徴なのだと思います。
私の好きな、はみ出し気味のあんは、上品なつぶあん。
「商標登録 第四八六〇号  浅草三筋交差点 菓匠 榮久堂」に・・・。
浅草が東京の中心地だった時代を感じます。
食べやすく、たしかに誰もが好きな最中かもしれません・・・。
by senshoku-iwasaki | 2015-08-09 23:32 | 最中
武蔵村山・紀の国屋の『たんざく最中』と、神楽坂・梅花亭の『飛躍うさぎもなか』。
武蔵村山・紀の国屋の『たんざく最中』と、神楽坂・梅花亭の『飛躍うさぎもなか』。_f0177373_21572192.jpg

増孝商店・夏場所の前日『日本の夏じたく』のスタッフ会議がありまして。
リーダーの紀波さんにいただいたのは、古今和歌集にある武蔵野ゆかりの
「むらさき」の歌がモチーフの『たんざく最中』。
食べやすい、小ぶりのたんざく型の最中は四種類。
つぶあん、こしあん、栗あん、ゆずあんと。
栗あんは、白あんに刻んだ栗が入っておりまして。
ゆずあんは、白あんに柚子の香りが爽やかにいたします。
皮は硬過ぎず、柔らか過ぎず・・・あんと一体になってお口に幸せを運びます(笑)。
短冊にさらさらと想いをしたためられたらイイなぁ・・・と思いつつ。
なんでか私(エツコ)の手にはもう一つの短冊じゃなかった、たんざく最中が。
紀波さん、ごちそうさまでした!!
武蔵村山・紀の国屋の『たんざく最中』と、神楽坂・梅花亭の『飛躍うさぎもなか』。_f0177373_215858.jpg

神楽坂に暮らす兄嫁さんが、陣中見舞いに持ってきてくれたのは・・・
なんとも愛らしいウサギの最中。その名も『飛躍うさぎ最中』。
能楽師の兄も、アウトローな織物作家のiwasakiも。縁起モノ、ご利益モノは大好き!
以前登場した・・・『招き猫最中』もですが。
カワイイ、縁起が良い、そして美味しい・・・ときたら、そりゃもう・・・
私の鼻腔は広がりっぱなし(笑)。
白うさぎはこしあん、茶うさぎはつぶあん、薄紅うさぎは白あんに柚子の香り。
「あ~ん、カワイイなぁ。どこから食べていいのかしら?」なーんて言いつつ。
なんでかいつの間にか・・・私は口福に。
ぴょんぴょんと。ピンチも乗り越えられるような気がします。
義姉さん、ごちそうさまでした!!
by senshoku-iwasaki | 2015-08-08 22:00 | 最中
先日の『増孝商店・夏場所』で・・・。
iwasakiの半巾帯をお召しのお客様。
暑いなか、遠方よりお出でくださいまして。
さらにiwasakiを纏っていただきまして・・・。
感謝感激(涙)のひとときでありました。
先日の『増孝商店・夏場所』で・・・。_f0177373_20441669.jpg

埼玉のIさまの半巾帯は、カラフルなタテ糸の緯吉野。
「ヘビロテですよ~!私のコレを見て、今日ご一緒させていただいたHさまが
ぜひiwasakiさんの増孝商店でご覧になりたいとおっしゃって・・・お連れしたんですよ。」
と。有難いお言葉を頂戴いたしまして。
先日の『増孝商店・夏場所』で・・・。_f0177373_20443535.jpg

ご一緒にいらしてくださったHさまは、Iさまと同じタイプの緯吉野をお選びくださって。
「今日これから落語の会に行くのですが、締めてきた帯よりもこちらが気に入ったので
こちらを締めて行きますね。」と、さっそくお召し換えを・・・。ありがとうございますっ!
先日の『増孝商店・夏場所』で・・・。_f0177373_20445885.jpg

いつもスマートでシャープなHさま。
この日はiwasakiの半巾でも初期のころの、無地ライクなものを歌留多結びで
すっきり、きりりとクールなお仕度でした。

実は夏場所が終わってから、東京での所用を何個か済ませて・・・。
南部町に戻ってきた翌々日の、8月2日からこのところ毎年恒例(!?)のiwasaki
夏の研修(!?)ビンボー旅行に、瀬戸内しまなみ方面に・・・出かけておりました。
昨晩遅くに帰ってきまして、今日からまた大好きな『フツーの日』となりましたので。
遅くなりましたが、これから少しずつ増孝商店・夏場所でのことや、そうそう!最中
ネタも!!アップしていきたいと思っております!
by senshoku-iwasaki | 2015-08-06 22:14 | 増孝商店 KM