<   2019年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Rさまのご注文の『あかい八寸帯地』をお納めして。
iwasakiの織物を、イロイロお使い頂いているRさま。

お世話になっている染織こうげい・神戸店さんでの展覧会で、吉野格子の九寸帯地だったり。
山形斜文の八寸帯地だったり。
iwasaki定番の杉綾織の着尺と山形斜文の八寸は、タテヨコ色違いで2本ずつ既にお持ちで。
勿論、お着物は他にもたくさんお持ちでいらっしゃると思うので・・・。
杉綾織の着尺をお作りさせた翌年に、またご注文いただいたときには。
嬉しくて有難いキモチと同時に、恐縮なキモチと・・・。

でも、お納めさせて頂いた後にRさまから必ず温かなお便りが届くのです。
季節のお花が描かれた、ステキな便箋と封筒に万年筆の美文字で。
Rさまならではの言葉と、Rさまならではの心の籠った文字と。
それを目にして手にする度に、大袈裟ではなく本当に。
あぁ。生きててヨカッタ、この仕事が出来てとにかくヨカッタとつくづく実感するのです。

そして今回は初めての「ざっくりとした平織りの無地の」八寸帯地。
お色味の感じは、Rさまの愛読本の中から「この赤を」。
うむむ。。平織りで無地で赤なんだけど、茶を感じて・・いや、茶とは違う朱かな。。
実はこの手のモノは、つくるのが容易いようでヒジョーに難しいタイプ(笑)。
ややもすると、
仲居さんの仕事用化繊の帯のようにも見えてしまうような・・危険性を孕んでいる気がして。
iwasakiでは今までに手掛けたこと(勇気⁉)がありませんで。

「ざっくりとした」は、単に粗目というコトではなくて。糸味が最大限出るような規格に。
マットな糸味ならば・・・。
クニヒサ、以前に「これだけしか無いんですけど」と言われて分けていただいたものの・・。
帯地1本分くらいしか作れないくらいの量しかなかったからストックしていた、双糸のキビソ
糸をタテ糸にしまして。ヨコ糸には太目のキビソ糸で。
かなりRさまのイメージに近いんじゃないかなぁ・・・と二人で話しつつも。
やっぱりドキドキで先日、こうげい・神戸店さんにお送りしたのですが。

昨日。
紫陽花の描かれた封筒が届きまして。
Rさまから「本の中の写真一枚からよくぞここまで・・・予想以上の出来上がりにとても満足
しています・・・きっと愛用する帯になる予感がします・・・」と嬉しい言の葉たちが。
そして「こうげいさんでご縁を得て、織物や染め物に真摯に取り組んでおられる制作者の方々
の作品を身にまとう幸せを感じていますが、一方作品の持つクオリティにふさわしく装えてい
るかははなはだ疑問でして・・・こうげいさんで着付けを習い始めました・・・私なりの
制作者・作品に対するささやかなリスペクトです・・。」とありまして(涙)。

ひゃ~。。。ありがとうございます!恐れ入ります(汗)。
Rさま、『お柱織り』もご注文くださっておりまして。
それも一見どうってない、iwasaki的にはどストレートな格子でして・・・。これはまた。
じっくりと悩んで取り掛かりたいと思っております!

Rさま、ありがとうございました。
f0177373_20040394.jpg


by senshoku-iwasaki | 2019-06-29 23:16 | 着尺・帯
博多・鈴懸の『鈴乃最中』と『鈴乃〇餅』。
増孝商店・梅雨場所中には間に合わなかったのですが、ご注文頂いていたNさまの
『チョコミントな崩しの生紬』の湯のしが上がりまして。
Nさま、早速に蔵前までいらしてくださいました。

出来上がった反物をとても喜んでくださいまして・・。
制作者といたしましてはもう、これ以上の幸せはありません。。。

Nさまは、まだウチの子供たちがチビッコだった頃に、南部町の工房までお出でいただいてから
かれこれ10年ほどのお付き合いを頂いておりますが。
Nさまはいつも控えめで、ナチュラル。
初めてお目にかかった日からまず・・・Nさまの見た目が全く変わらないのと(笑)、
Nさまのお好みも全く変わらない、という稀有なタイプのおひとり。
(でもiwasakiのユーザーさんには、Nさまのようなタイプの方は割と多いのかもかも・・)

そんなNさまから頂いてしまった、素敵な籠を開けると・・・。

f0177373_18282664.jpg
えっ!!「ドラえも~ん!?」
かわいいサイズのどら焼きに、これまたかわいい鈴のカタチの最中です!!
「鈴懸(すずかけ)さんって、エツコさんはご存知かしら?」Nさま。
初めてですぅ~!カワイイですぅ~。おぉぉ、本店は博多なんですね。。。

こちらの『鈴乃最中』、種(皮)がとてもしっかり厚めで香ばしいお餅を感じます。
そして餡が!これまたしっかり練りあがった粒あんで、さくっとふわっと美味しい最中です。
鈴懸さんの鈴乃最中、まさに直球。。。
小さなどら焼きの『鈴乃〇餅』は、もっちりと。
京都の阿闍梨餅のような食感のどら焼きです。

これを見た我が家の旧チビッコ(!?)の子供たち。
高2息子、中3娘共に、この籠を開けた瞬間「ドラえも~ん!」(笑)。
鈴乃最中に手を伸ばしながら「しょーこ、マジメにドラえもん欲しいのよ。」娘。
「期末テストだから暗記パン?」私。
「違うよ~。『のび太クン、偉いっ!キミは天才だ!』みたいに慰めてもらいたいの。」
勉強ギライな娘だけれど、行きたい高校にどうしても受かりたくて(笑)。
仕方なく(!?)勉強を頑張ってるものの。そろそろ息が切れそうで。。。
東京は2学期の成績が内申だそうで。今から失速とはちょいとマズいかも(汗)。

幸せなキモチになる・・・鈴乃最中と鈴乃〇餅食べて、iwasaki夫婦も一家も。
ココロにドラえもんも持って(!?)頑張ります。
Nさま、ごちそうさまでした。




by senshoku-iwasaki | 2019-06-27 23:04 | 最中
『増孝商店・梅雨場所』お陰様で終了いたしました。
3日間限りの、僅かなスペースの僅かな営業時間(笑)でしたが。
更にお天気も悪いなか・・・
お越しくださいました皆さま、本当にありがとうございました。

昨日閉店後の片づけをしておりましたら・・・。
部活帰りの中3の娘に「えっ!?もう終了なの?やる気あんの?」と笑われて。
やる気はあります!
ただ不器用なので、あれもこれもは出来ないだけでして(トホホ・・・)。
それにマニアックな織物ですので。
お好きな方に、ゆっくりとお手に取ってご覧いただける『増孝商店』でありたいと。

商品についてのご説明はさせていただきますが、それ以上のお勧めは致しません。。。
なんせ自分たちで作ってるものですから(笑)。
自分たちの中では勿論!イイと思っていないと作れません。。。

次回は12月。
冬向けの織物も(これから制作することになりますが)用意して。
またオープンいたしますので、お出で頂けましたら幸いです。

f0177373_20045245.jpg
横浜からお出でくださったYさま。
先月の三溪園での『日本の夏じたく』のときに選んでくださった、織り半襟をされて。
とてもお似合いで嬉しかったですっ!!ありがとうございます。

f0177373_20042139.jpg
『増孝商店・梅雨場所』前日までかかっていた、Rさまの「あかい八寸帯地」。
赤なんだけど、茶のような、素朴で糸味があって、平織りで・・・。
かなり近いものになったのではと思っておりまして。

ひとつずつ、一越ずつの前進しか出来ないiwasakiですが。
『増孝商店』も織物制作も、カメの歩みで進めてゆこうと思っております。

ありがとうございました。



by senshoku-iwasaki | 2019-06-24 22:58 | 増孝商店 KM
2019『増孝商店・梅雨場所』始まりました。
本日より23日(日)までです。

久しぶりの増孝商店。
いつも制作している場所なのに、こうして店開きをすると
季節の移り変わりの速さを改めて痛感したりして。
あっという間に月日は過ぎ去っていってしまうから、今場所の色や空気を
どうにかアタマに留めておきたい私(エツコ)です。。。(でも忘れやすくって・涙)

先週の6月12日から日本橋三越・本館5階では『日本の夏じたく』にも出展されている方々
による『夏を愉しむしつらえと装い』という展示会をしております。
通期のアトリエkinamiさん、limulの片桐さんのほかに・・今は後期の方々で新啓織物さん、
飯島桃子さん、大き令子さん、樋口佳苗さん、峯史仁さんが出展されていますので。
蔵前と日本橋三越とセットで(!?)お楽しみいただくのも良いかもしれません。。。

といいましても。
増孝商店は3人でいっぱいになってしまうような、小さな小さなお店ですが・・・。
よろしければお出かけくださいませ~。



f0177373_18273493.jpg



by senshoku-iwasaki | 2019-06-21 19:12 | 増孝商店 KM
明日より『増孝商店・梅雨場所』始まります。
久しぶりの『増孝商店』なので、今日は猫の額ほどのスペースをつくる為に・・・二人大わらわ。
整経台を分解して片付けて、制作中は引っぱりだしてる糸の箱を仕舞って、床を出して。
いつもはお掃除しない外窓や、アプローチのタイルも拭き掃除。
さっぱりキレイになりまして、お迎えの準備ができました!

南部町の工房時代と比べると。
それでなくとも仕事場のスペースが狭くなってしまったものだから・・・更に展示スペースまで
確保しようとなると、かなりキビシイ状況ですが(笑)。
3日間限り・・ぐらいが、ちょうどいい『増孝商店』かもしれません。
f0177373_19080325.jpg
写真は、織り上がったばかりの最新の半巾帯。

半巾は残り糸を駆使してつくるのが私(エツコ)流。
ちょっとずつ残った、微妙に色の違う糸たちを集めて。
手織りであること自体非効率的だけど、この半巾帯のつくり方は更に極めて非効率的(笑)。

なんだけど。
これをつくるコトでしか得られない発見と、喜びが必ず毎回あるのです。
きっとこれこそが、お祭りよりもワクワクで、ジェットコースターよりもスリリングな
iwasakiの日常なのだと思っております。

iwasaki夫婦の日常がいっぱいの『増孝商店・梅雨場所』。
明日より日曜日までopenしております。よろしければお出かけください!!






by senshoku-iwasaki | 2019-06-20 23:08 | 着尺・帯
久々に、『増孝商店・梅雨場所』開催いたします!
6月21日(金)・22日(土)・23日(日)の3日間。
ココ、蔵前の染織iwasaki工房にて。
狭ーい猫の額ほどの会場ですが、よろしければお出かけくださ~い!
11時~18時半までopenしております。

増孝商店(ますこうしょうてん)は、クニヒサのお爺さんが昭和元年に創業した玩具問屋で。
この家の屋号となっております。
玩具問屋時代取り扱っていたおもちゃは、「箱もの玩具」と呼ばれる主に誕生日やクリスマスに
登場する、チビッコたちにとっては心躍る・・ハレの日のおもちゃたちでした。
大正の頃・・ウチの高2の息子よりも若かったお爺さんが、房総から浅草に一人上京して。
玩具問屋に長く奉公をして・・独立したのだと聞いて。さぞや心細かったろうなぁ。。。
でも夢のある、平和なモノを仕事に選んだんだなぁ・・と。

3代目の業種はかなり変わってしまいましたが(笑)、天国の祖父と父の想いも込めて。
夢のある、平和な織物を作り、ご紹介できる『増孝商店』にしたいと思っております!!
・・・が。つくるコトに時間がかかって、『増孝商店』開店は年に1週間ほど・・のレアな(!?)
shopとなっておりますので。ご興味がございましたらお見逃しなく・・・。
次回は12月の「師走場所」となる予定です。
f0177373_18342762.jpg
Nさまにご注文頂いていた、生紬のチョコミントな崩しの格子。
ようやく織り上がりまして、湯通しをしてから砧打ちを・・・。
それを2回繰り返しまして。
f0177373_18350374.jpg
だいぶ柔らかくなりました。
これから湯のし屋さんに出しまして、湯のしが済んだら完了です。
それでも夏用の生紬なので、まだまだ硬さを残しています。
そこから先は、ユーザーさんであるNさまに。着て頂いて、洗って頂いて、育てて頂いて。

ずっと欲しかった、夢にまで見たおもちゃを手に入れたときの喜びと。
その喜びを、使い続けていくことで自分だけの歴史も刻む愛着のある喜びにも変えてもらえたら。

古びた昭和のビルの1階で、新しい織物を並べてお待ちしております!





by senshoku-iwasaki | 2019-06-16 23:48 | 増孝商店 KM
再開発ラッシュ。
iwasaki工房のある蔵前周辺は、只今再開発ラッシュでして。
あっちもこっちも。
四方八方ビルの取り壊し、そして建設中・・・。
まるで高度成長期のような、働く車のオンパレード。。。

以前、オールドキリムを取り扱う方から
「絨毯の世界では、50年でオールド。」「100年でアンティーク。」と呼ぶと聞いたけど。
岩崎家と同じくらいの、築50年のオールドなビルが2.3棟まとめて買い取られたらしいとか
私(エツコ)の耳に届いた頃には・・・こんな具合に景色が変わっていまして。
f0177373_18123101.jpg
町会の交通安全運動は、江戸通りの交差点付近だったのですが。
その辺りもちょうどこんな風に、3棟のビルを取り壊し中。
クニヒサ、60代以上の方々から「懐かしいよな~。」と同意を求められたものの。
「いや、ボクが物心ついた頃には、ここにビルありましたよ・・。」
「え!?いくつ?あー。50歳?じゃ、知らねえか・・・。」

岩崎の母は、お話好きで。
毎朝私が母のいる階の、お風呂とトイレ、洗面所をお掃除する間中ずっと。
脱衣所の辺りでおしゃべり(笑)。
私はブラシをかけたり、水を流したり・・よく聞こえないのもあって「ふんふんふん・・・」
と相槌を打つだけの、ほぼ聞き役なのだけど。
ばばちゃん、全くお構いなしに昨日の出来事(もちろん昨日中に2回は聞いてる・笑)
昔の出来事(これについてはたぶん相当回、でも私がほとんど覚えてない・笑)
ついさっきTVでやってた事の話・・・とあっちこっちと飛びまして。
なので。
クニヒサが知らない昔の景色も、実は私は(ぼんやりだけど)知っている。
あそこにラーメン屋さんがあって、あっちに組紐屋さんがあって、あの辻には駄玩具問屋が
あって。少女時代のばばちゃんが、おはじきが弱くて手持ちが無くなる度にお爺さんが箱で
買ってきてくれたのよね。
小さな木造住宅兼お店が、成功して土地を広げて小さなビルが建ち始めた高度成長期。
昭和元年創業の、お爺さんの玩具問屋も。
何度かこのご近所にお店と家を構えてから・・・。
50年前に、現在の場所に娘婿のお父さんと一緒に建てたビルが『増孝ビル』。

絨毯だったら、「オールド」よりも「アンティーク」のもののほうが値が高いものだけど。
ビルはそうはいかない(笑)。だけど周りが新しくなれば「オールド」の魅力も出てくる
かもかも!?京都の町屋のようなビルを目指して(!?)・・・。
雨が降ると、外壁伝いに雨漏りする場所にタオル置くのも手慣れた私(笑)。



by senshoku-iwasaki | 2019-06-11 23:04 | 工房周辺
嫁いでいった『御柱織り』第一号の、嬉し過ぎるその後。
長野の宮坂製糸所さんで、デッドストックの節だらけの玉糸の原糸に出会ってから生まれた
『御柱織り』シリーズ。
イメージは、古き豊かな家内制手工業時代の素朴な太織りです。

この第一号は、糸の太さや密度・・規格を決めるのも、iwasakiの織物はすべてそうなのですが。
今後定番として作り続けたいから、柄だったり色だったり・・・一発目にどうするか?はいつも。
二人であれやこれやと・・・延々悩むところでして。

ざざんざ織りや伊兵衛織りをリスペクトしているからこそ、かつてのそれらには無いであろう
カラーリングの崩しの柄に決まりまして。制作したのが2017年の今頃でした。
f0177373_17444151.jpg
昨年春の、染織こうげい・浜松店さんでの展覧会に出品いたしまして。
それまでにもiwasakiの八寸帯地『青木間道をモチーフにしたメンデストライプ』をお選びくださっ
たり、淡墨桜のような杉綾織りの着尺を制作させて頂いた札幌在住のHさまが浜松店にいらして。
私たちもそのときに初めてHさまにお会いすることが出来たのですが。。。
Hさまがそのとき迷わず手に取られたのが、この『御柱織り』でした。

そして先日。
東京に来られるということで!こうげいさんの社長さんと工房にいらしてくださいまして。
ひとときでしたが、本当に楽しい時間を過ごさせていただきまして・・・。
Hさまが最初にお選びくださった『メンデストライプ』も、実はiwasakiの中では思い入れのある
シリーズのひとつ。「どうってこと無いような・・でもたぶん、同じモノはゼッタイ無いだろうけど、
物凄くクセが強いかっていうと全然そうじゃない」がテーマ(笑)。
それは杉綾織りの着尺もそうでして。どうってない綾織りの無地、なんだけど角度によって日差し
によって・・色味も光沢も驚くほど変化するのが杉綾織りの着尺のシリーズ。
Hさまはiwasakiの冬の定番ブランケットもお気に入りとのことで・・・。

あぁ嬉しい。
何気ない日常の、何気ない織物が、何よりも愛おしい日々の、かけがえのない景色と手触りと
なってくれたなら。。。
iwasakiにとってこれほど幸せはありません。
f0177373_19141280.jpg
後日Hさまから届いた画像を見て、二人でしみじみ嬉しくなってしまって。。。
Hさまらしい、なんとも爽やかなお召し姿で。
思い入れのある第一号の『御柱織り』が、Hさまにこんなに素敵にしていただいて。

Hさま、工房にいらしてくださったときも。
この春、iwasakiが一番チカラを入れて作ってきた・・・『阿波藍とアイボリー』シリーズの
八寸帯地と、楊柳のストールをお選びくださって。

生きるコトとつくるコトが一緒のiwasakiにとって、Hさまのチョイスは何より・・・。
iwasakiの存在理由になりまして、原動力となります!Hさま、ありがとうございました。







by senshoku-iwasaki | 2019-06-07 22:25 | 着尺・帯
『日本の夏じたく』からの山梨からの榊神社御祭禮。そして6月に突入、祭りの後。
目まぐるしく非日常な2週間でした。。。
ホントにいっぱいいっぱいの時って、写真を撮るのも忘れていまして。

昨年恐れていた通り(!?)町会と、更に青年部にも籍を置くことになったクニヒサは。
この土日に行われた、お向かいの第六天榊神社のお祭りの準備に木曜日から稼働となりまして。
なんせ地元とはいえ・・・30年以上離れていたし、元々お祭り気質が全く無いクニヒサ。
何もわからず、訳のわからないままの数日間。
婦人部の私(エツコ)も。1日だけでしたが、てんやわんやな初体験。
f0177373_18313586.jpg
蔵前一丁目なので蔵壱。40年前に亡くなったお父さんの半纏。
お父さん、2代目青年部長だったそうで。。。ただ、現在の青年部は・・平均年齢60歳を超え、
50歳のクニヒサでも貴重な若手(笑)。
白の鯉口シャツに白パッチに足袋にこの半纏じゃないと、お神輿は担げないそうなんだけど。
「いやいや、お神輿は担ぎたい人がいっぱい来るんだから(笑)、私じゃなくてもと思って。
今年は一連の流れを・・お神輿以外で覚えたいのでって、今回は逃げました。」Tシャツにジーンズ
にスニーカーにこの半纏を纏って・・クニヒサ。
お神輿の担ぎ手さんは、様々な団体で300人ほど集まるそうで。水給与の仕事のあった私(エツコ)
もビックリ。一時だけですが麦茶注ぎが間に合わない!また、お弁当の振り分けも大仕事なのです。。
f0177373_18310025.jpg
4日間の神様へのご奉仕を無事終えまして、今日最後のお片付けのあとに神様からのお駄賃。
お供え物の鏡餅を頂いて。
スニーカーでも歩きすぎて足にマメをつくったクニヒサは、ぐったり。
「来年は、エアーソールの足袋にしようかなぁ?もしくはよく考えたら私、
町会の役員ということにもなるので。旦那衆のようにゆかたに半纏にカンカン帽・・という
飛び級の(!?)荒業もあるかも(笑)」クニヒサ。
「あっ!それなら町会長でお洒落だったお爺さんの、上布のキモノがあったわよ。ゆかたより
上級だわね~。カンカン帽もパナマ帽で、最若手の趣味人を気取ってみる?」私。
「あ、でも雪駄じゃ歩けないし、キモノじゃ雑用もこなせない(笑)」クニヒサ。

約半年ぶりの鏡餅。
あっという間に上半期も終盤だけど。
神様からのおこぼれで、心新たに今年を仕切りなおすつもりで。
でもなんか・・・二人して。慣れないことして身体の節々が痛いような・・・。
調子狂いながらも。
さっそくフツーに、何事もなかったかのように仕事に戻った午後。





by senshoku-iwasaki | 2019-06-03 23:37 | 岩崎のある日