<   2020年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
なるべくいつものテンションで。
先月末に織り上げたショール『繋げてゆく日々』の
房のヨリヨリやら、織り込んだ繋ぎ糸の結んだ糸端
の処理やら・・・。
織りの作業の合間とか、どうにもココロがざわめいて
落ち着かないときとかに進めています。。。
なるべくいつものテンションで。_f0177373_17084771.jpg
iwasakiの大好きな「何でもないフツーの日」を、
そのまま織物にしたようなショールです。

「ものすごく楽しいかって言われたら、そんな
訳でもないけれど。じゃ、つまんなかったのかっ
て訊かれたら、そんなことはない毎日だよ。」
1歳から保育園にずっとお世話になっていた息子
が、たしか6歳の頃の保育園の感想。
それは高2になった現在も。ヘタクソな部活まで
含めて無遅刻無欠席で通う高校生活を尋ねても、
ほぼ同じ回答で(笑)。

「結局はそれが一番なのだと、つくづく思ったよ。
期末テストも無いまま突如休みになって、ラッキー
って一瞬思ったけど、このままじゃなぁ。」息子。

こういう仕事をしていると、世の中の大抵のことに
疎くなるのですが。存続の危機に関わるような内容
になってくると、アタマよりもココロが反応して。

織物はなるべく同じテンションで、同じキモチで、
同じ打ち込みがベスト。
せっかちでイライラしいの本来の私(エツコ)の
性格には向かない手織りの仕事。
30年かかって、焦ったりイライラしてたらゼッタイ
に良いものは作れないことを何度も思い知らされて。
ようやく現在に辿り着けまして。
とりあえず機に向かっているときが一番いつも通り。
何でもないフツーの日のキモチで。

なるべくいつものテンションで。_f0177373_17090715.jpg
グレーの中にもよーく見ると、ちっちゃく色んな色が。
織りを始めた時からずっと、切り糸を捨てることなく
繋いでは織物に戻してきましたが。
今回はとってもイイ感じに活きた気がしまして。
個人的に相当気に入っております(笑)。。。

ナカナカ繋ぐペースが追いつかず30年・・・。
ココロにどうしようもなく波の立つ最近の、寝る前の
30分の糸繋ぎが私の鎮静剤。



by senshoku-iwasaki | 2020-03-28 18:37 | 纏う布・暮らしの布
桜とカメと卒業式と。
娘の通う中学校の、今日は卒業式。
校庭の桜は2分咲きくらい・・。
コロナウイルスで休校中なので、
先生と卒業生と保護者のみで
在校生や、来賓は無しで短縮バージョン。
でも先生方の心づくしの温かな卒業式で。

2年前の春に山梨・南部町からここ蔵前に。
山の中でサルのように育った娘だったから、
お街に来て悩むこと日々。彼女なりにきっと。
かなーりムリもして頑張って。

でも彼女にとって、私たちが思っていた以上に
台東区が癒しのひとつにもなったようで。
美術館に動物園、浅草橋周辺の皮革専門店、
パーツ屋さんに、浅草の製靴関係の工房・・・。

いつか自分も。つくる手をもつ人になりたくて。
どうしても入りたかった高校に、一足早く推薦
で合格出来てから矢継ぎ早に美術予備校の準備
をしていた娘。。。やけにムキになってるなぁ。
でも、熱は大事なのかなぁ。ま、仕方ないか。
と思っていたのだけれど、それもコロナの影響
で体験入学がことごとく中止に延期。
時間があっても美術館にも爬虫類館にも行けず。
南部町から遊びに来るって言ってたお友達も
みんな出て来れず。
頂いたお祝いで・・・念願だったリクガメを
(何故かクニヒサまで同行して・笑)購入。
ヘルマンリクガメの赤ちゃん、名前どうしよ?娘。
万年生きるように『マネ』ちゃんは?と言うと
エデュアールマネみたいでイイかも。と採用(笑)。
小さなママは、マネちゃんの子守りに一日中。
涙目になればオロオロ病気かと心配し、ずっと
スマホで確認。日光浴に温水浴、ゲージの温湿度
管理で手一杯。
おそらく25歳の我が家のミドリガメのミドリちゃん
は遠目に新入りと、娘を眺めて(笑)。

そういやデッサンのこと言わないなぁ。。。
卒業式の帰り、榊神社の桜。
「美術予備校はちょっと考えようかな」娘。
「あら、そーなの。」私。
「わかりやすい目標設定って、頑張った気になり
やすいものなんだよねぇ・・・」娘。
「まずはこれから始まる高校生活を、目いっぱい
楽しんで。だってあーたの最終目標って、
台東区の靴の職業訓練校って言ってなかった?」
「えへへ。そーなの。でもデッサン巧かったら
カッコイイなーって思って。でもね、カメちゃん
のお世話してたら、もっと日々を、24時間を
無駄にすることなく楽しみたいと思ったの。」
そーか、そーか。
人生もカメちゃんもロングブレス。
良き卒業式でした。



by senshoku-iwasaki | 2020-03-19 23:31 | 岩崎のある日
再びの『used denim』な御柱織り。
ご注文の御柱織りに取り掛かっています。
染織こうげい・浜松店の佐浦店長さんの
リクエストで生まれた『used denim』。

1969年生まれのiwasaki夫婦なので。。。
ジーンズといえば、着古したリーバイスの
ヘヴィーオンスのジーンズならではの、たて落ち感
は、カッコイイ!というのが条件反射なのです(笑)。
それは古い紬などにもいえまして。
着こんでゆくうちに、ほんのりと縞がたってくる・・
昭和50年代の郡上紬もまさにそんな織物たちでした。
佐浦店長が愛してやまない、古いざざんざ織りや、
伊兵衛織りもそういった織物たち。
もちろん!iwasakiはそれらすべてをリスペクト。

再びの『used denim』な御柱織り。_f0177373_18400459.jpg
御柱織りは、iwasakiの織物のなかでも一番
ヘヴィーデューティーなシリーズですから。
織り進んでくると、織り手前はどんどん膨らみます。。
再びの『used denim』な御柱織り。_f0177373_18394347.jpg
双子の繭の節がたっぷりと。
味わい深いけれど、織りにくいのがこの織物の特徴で。
糸は太いのだけど、サクサクとは織り進まず・・・。
ちょっとずつ。

この4月から高3になる息子は最近、ファッション通!?
おしゃれ情報収集に余念がない様子(笑)。
何をするにも取りあえず知識からの楽屋師匠タイプ。
彼のおしゃれ理論からすると、
たて落ち感ある、本当のビンテージセルビッチデニム
は円熟期の大人にこそ似合うものだそうで。。
若者には細番手で織られた、たて落ちしないタイプ
のほうが魅力的なのだそう。
「ただね、
着たい服と体型が合わないのが問題でさ。」息子。
「ほぅほぅ、なるほど。それはわかる。」私。
「そりゃ、わかるでしょーよ。
あーたの骨格のせいでしょーが!」息子。
私(エツコ)の家系、ジーンズは絶望的な純血の!?
日本人体型(笑)。う~ん、ひょっとしたら着物
だったらワンチャンス・・・やっぱり無いかぁ(笑)。










by senshoku-iwasaki | 2020-03-16 22:38 | 着尺・帯
2020『阿波藍とアイボリー』は、透ける九寸帯地が仲間入りです。
藍の研究家でもある、徳島の森くみ子さんに
iwasakiで厳選した糸を藍染めして頂いているシリーズ。
今年で4年目となりました。

今までに生紬着尺、八寸帯地、九寸帯地、半巾帯と制作
してきましたが、夏用の九寸帯地はお初です。。。

2020『阿波藍とアイボリー』は、透ける九寸帯地が仲間入りです。_f0177373_19210661.jpg
タテに赤城の節糸、ヨコに宮坂製糸さんの玉糸と
赤城の節糸。
ここ数年、赤城の節糸は入手困難となっていまして。
iwasakiでは、何年か前に購入したストック分を
染めて頂いたもので、
織りはスウェディニッシュレース織りという
技法を用いています。

4月23日(木)~4月27日(月)に今年も。
染織こうげい・浜松店さんで作品展をさせて頂きます!
今回は、透ける帯地をイロイロ・・・。
夏向けのiwasaki定番シリーズになるとイイなぁと。
でも第一弾は、いつだって悪戦苦闘のiwasakiなので。
オヨヨ…と二人であたふた繰り返しながら生まれる
新作たちを、これから少しずつアップしたいと思って
おります!!




by senshoku-iwasaki | 2020-03-09 23:08 | 着尺・帯
2020『日本の夏じたく』の重要なお知らせ。
5月22日~24日まで予定しておりました今年の『日本の夏じたく』ですが、
新型コロナウイルスの終息状況が現時点で予測出来ないことから・・・。
中止ということになりました。

今年は園内の古建築を使って、出展者各自でお話会や、ワークショップを
予定しておりました。
iwasakiも蓮華院という、三渓も愛した茶室で50本の半巾帯を並べて・・・
自家織物好きのiwasakiならではの視点で作られる、iwasakiの半巾帯の
お話会の準備を進めていたところでした。

2020『日本の夏じたく』の重要なお知らせ。_f0177373_18303583.jpg
2月に屋根の改修工事をしていた蓮華院の下見に行きまして。

2020『日本の夏じたく』の重要なお知らせ。_f0177373_18305336.jpg
ここが原三渓が自らの構想で大正6年に建てたという茶室。
2畳半のこのスペースを、三渓はこよなく愛したと言われています。。。

今年は叶いませんでしたが、来年は!
パワーアップした『日本の夏じたく』と、パワーアップした
iwasakiで皆さまにお目にかかりたいと思います。





by senshoku-iwasaki | 2020-03-02 22:59 | 展示会・お知らせ