<   2020年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
久々にショール『sunrise』に掛かろうと思います。
sunriseは、移りゆく時の色。ココロの色。
織りでしか表現できない、絶妙な色の変化です。
二度と同じモノが出来ないのは、エスキースも
何も作らず、ただ心のままに杼(シャトル)を
走らせるから。

iwasakiにしか作れないと自負しているのは・・。
使う絹糸は全て、今までに着尺や帯地、ショール
に使った糸たちで形成するということと。
何より私(エツコ)が織るわけなので、ほんの
少し残っている糸も確実に、更に効果的に・・
使い切るということも重要なポイント(笑)。

今回は秋冬向けの『sunrise』なので、まわたの
つむぎ糸も多めに入れようかと。。。
久々にショール『sunrise』に掛かろうと思います。_f0177373_19100267.jpg
大管に、ベースになりそうな残り糸を巻いて。
ここに同系、反対色の細め太め生糸に玉糸・・。
あれもこれも・・と大体8~10色の杼が並び。
ほぼ一越ずつ変化するので・・・。
一枚約2メートルのショール、本体を一枚織る
のに二日~三日かかりまして。
更に房のヨリヨリまで入れると・・・。
あらあら、iwasaki織物の中で
採算度外視枠ダントツの横綱です(笑)。

それでも作り続けたいと思ってしまうのは、
やっぱり。
自分でもキレイだなぁ、幸せだなぁと一番実感
させてくれるのも『sunrise』だったりするのです。

50を過ぎてから。
始末良く生き切ることが目標の私。
つくることと、生きることが一緒の私にとっては
糸も食材も道具もココロも全部一緒。
無駄にしない、無理をしない、ムキにならない、
今この一瞬の、移ろいゆく景色を閉じこめて。







by senshoku-iwasaki | 2020-06-23 22:48 | 纏う布・暮らしの布
『阿波藍とアイボリー』イワサキ式ドロップス八寸帯地を広げて。
染織こうげいさんでの作品展から戻ってきた
帯、着尺などを仕舞うために巻き直しながら。。
今回も実は(!?)結構新しい試みがイロイロ。
しみじみ眺めて、自分で作っておきながら・・
おぉぉそうだった!と改めて(笑)。

新型コロナウイルスの影響で。
残念ながら今回の作品展では、あまりご覧いた
だくことの出来なかった新作たちでしたが。
今現在制作中のモノたちも含めて、近いうちに
蔵前の、年に数回のiwasakiのshop「増孝商店」
でもご紹介できたらと思っております!
また日程が決まりましたら、このブログでも
ご案内させてくださいませ。

『阿波藍とアイボリー』イワサキ式ドロップス八寸帯地を広げて。_f0177373_19075909.jpg
イワサキ式ドロップスは、空羽の緯吉野。
少し透け感のある爽やかな縞の部分は、徳島の
森くみ子さんに阿波藍で染めていただいた玉糸
です。


『阿波藍とアイボリー』イワサキ式ドロップス八寸帯地を広げて。_f0177373_19082702.jpg
50歳の年のときに50本の半巾帯を作ろうと、
どうにか作り終えてふと。
iwasakiの半巾を組み立てている、八寸帯地
のときの残糸が底を尽き始めたことに気づき。
あれれ、私たち今年51歳ということは?
来年はiwasaki結成30周年になるのかぁ。。。
ふむむ。
『30周年に30本の八寸帯地つくる!』企画を
したらまた半巾もいっぱい作れるなぁ。

かがるだけの八寸も。
半巾と同じ、織りっぱなしでも帯になる織地。
ミミもカワイイ見どころのひとつ。
うむむ。。。
性懲りもなく(!?)
新たな目標が、生まれてしまったかもかも。







by senshoku-iwasaki | 2020-06-17 23:04 | 着尺・帯
梅雨入りとともに『雨音拍子』な経吉野着尺に掛かりました。
『ゼリーのミルフィーユ仕立て』な緯吉野の着尺を
織り上げてすぐに。
クニヒサとあれこれ考えながら、今度は経吉野着尺。

今回は実験的に小さな縞をたてまして、その上に
ちょうど組織がかかるように・・・。
静かな雨音の拍子のような着尺です。
梅雨入りとともに『雨音拍子』な経吉野着尺に掛かりました。_f0177373_17210059.jpg
縦長な楕円が、雨垂れのようにも雫のようにも。
タテ糸が飛ぶ部分と、そうでない部分の光沢が
違うので緯吉野とはまた違う奥行きがあります。

本格的な梅雨入り前日の晴れの日に。
ひと月ぶりに千葉の実家のお掃除に行きまして。
一人暮らしの母は、今年米寿を迎えます。。。
2ヶ月間お休みをしていたリハビリテーション。
出掛けることが面倒臭くなって、このまま
やめようかな・・と言う母に、頼むから週1で
いいから行って欲しいとお願いして。
布団に洗濯もの・・干せるもの全て干して(笑)。
草だらけの庭の草刈りと。

クッタクッタにくたびれて。
コロナの影響で2月から行けていない山梨の、
南部町の家も。草が凄いことになってるのだろ
うなぁ。。。
梅雨入りとともに『雨音拍子』な経吉野着尺に掛かりました。_f0177373_17200943.jpg
実家のあじさいを一枝貰って帰って。
南部町の町の花は、紫陽花だったなぁ。

この『雨音拍子』の着尺が織り上がったら
梅雨の晴れ間をめがけて何としても!
一度、150歳の南部町の家のお掃除にも
行かないと。。。



by senshoku-iwasaki | 2020-06-12 22:51 | 着尺・帯
『半巾50+』の50本目とうとう織り上げました。
iwasaki夫婦、ともに50歳のときに
50本の半巾帯を作ろう!と始まった企画。

iwasakiにとって半巾帯は特別な存在。
なんといっても
iwasakiの大好きな『何でもないフツーの日』の
とびっきりのアイティムだと思っていて。
着尺や帯地を織った残りの糸から生まれることが多々。

白洲正子さんの著書の中で
「織物の魅力は良くも悪くも同じものがないことだ」
という一節があって。
私たちが目指す自家織物は、まさにそれでして。
定番としてシリーズ化して似たようなモノを作ること
はあっても、全く同じは存在しない。
それは
今日と昨日は似てるけど違うのと同じなのです。。。

この50本の中でも。「以前制作したあの感じで」など
お客様からリクエスト頂いて作ったものもカウント
しています。
この50本目も。Tさまにリクエストされていたタテ糸
の姉妹です。
『半巾50+』の50本目とうとう織り上げました。_f0177373_21314817.jpg
紺とピンクのはっきりとしたツートンで以前制作
した『色硝子』のサンプルからお好みを伺って。
今回はグレーを挟んだのはTさまの雰囲気がそんな
感じだったから。
柔らかで優しいTさま仕様の『色硝子』のタテに。
ヨコ糸の配色を変えて。

リクエストといえば。
iwasakiの半巾を何本もお持ちのSさまも。
昨年制作した『阿波藍とアイボリー』の半巾帯を
リクエストしてくださいまして。
緊急事態宣言が解除された先日、お着物姿で
お出でくださいました。それもiwasakiの緯吉野
の半巾帯を締めて!!


『半巾50+』の50本目とうとう織り上げました。_f0177373_21312926.jpg
うは~!ウレシイですぅ!
とってもお似合いでした。
Sさま、お仕事もずっとテレワークだそうで。
お家でも毎日お着物生活なのだと伺いまして。
「半巾、大活躍です」Sさま。
ありがとうございます!

『半巾50+』の50本目とうとう織り上げました。_f0177373_21320407.jpg
Sさまの『山形斜文の阿波藍とアイボリー』は菱が
細かく変化するタイプ。
この『山形斜文の阿波藍とアイボリー』は、ほぼ
同じように阿波藍の段が入ったものがもう1本作り
まして。それは若干菱が大きく変化しています。
ものすごく似ているけれど、やっぱり違うのです。。


『半巾50+』の50本目とうとう織り上げました。_f0177373_21311359.jpg
Sさまの後ろ姿。
私(エツコ)の、半巾帯が好きな理由のひとつに
織りっぱなしでそのまま(仕立てることなく)帯に
なることでして。こうして生地感のある締め方は、
より織物の全貌が見えるようで・・・しみじみと。
あぁ。やっぱりヨカッタなぁ。と自画自賛してしま
います。。。
Sさま、ありがとうございました。




by senshoku-iwasaki | 2020-06-07 00:34 | 着尺・帯
ちょっと贅沢な織り半襟を再び作っています。。。
緯吉野のミルフィーユな着尺を、私(エツコ)が
掛かっている横の機では。。。

クニヒサが取り掛かっているのは、経吉野。

吉野織りには、タテ糸が密になる経吉野と。
ヨコ糸が密になる緯吉野。
そして
タテヨコともに密になる吉野格子があります。

どれも凹凸が出来る組成になるので、仮に無地
であっても無地ではない、糸味の出せる魅力が
あります。

ただ経吉野、実はiwasakiではまだシリーズ化
したことがありませんで。
新しいシリーズの開発中なのです。。。

ちょっと贅沢な織り半襟を再び作っています。。。_f0177373_17582758.jpg
ただのサンプルではつまらないので、ならば!
織り半襟を作ろう・・となったのですが。

随分と前から
Aさまから江戸小紋にある「茣蓙目」のような
地紋が出来ませんか?とリクエストを頂いていて。
そんな文様が織りで出来たらイイなぁ、と。

Aさまは永らくiwasakiの織物をご愛用頂いている
ユーザーさんのおひとり。このブログも始めた頃
よりずっとご覧いただいておりまして。
トホホ過ぎる子育ても仕事も、iwasakiの歴史も
まる見えのこのブログですが(笑)。
iwasakiの憧れだったり、持ち物だったりに被る
コトが度々。学生の頃から憧れていて結局買えな
かった鳥取民芸家具や、つい先日も。
山陰のリアルな亀の絵絣の、全く同じ亀の絣の
座布団をお持ちと知り・・・。ビックリ!
iwasaki夫婦と同じツボを持つ!?Aさまの
イメージに近いものが出来るとイイなぁ。。。









by senshoku-iwasaki | 2020-06-02 22:53 | 着尺・帯