<   2020年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
渋滞と草刈りと収穫と。
連休中の晴れ間を狙って・・・山梨・南部町へ。
6月に大変な思いをして取った草が、また茫々(涙)。
それでも
お隣の、集落のシンボルのような大きな銀木犀と、
我が家の庭先に植えた白い彼岸花がお迎えしてくれて。
秋のお彼岸を、ひしひしと実感したりして。
渋滞と草刈りと収穫と。_f0177373_18034490.jpg
連休でレンタカーも近隣では空きが無く、市川まで
行きまして。午前中に出たものの、南部町に着いた
のは夕方でしたが。それでもすぐさま庭の草取りに。
やぶ蚊はブンブンしていましたが、前回恐怖でしか
なかったヒルの姿は無く・・安心しての草取り。(笑)

渋滞と草刈りと収穫と。_f0177373_18040546.jpg
翌日は朝から裏庭や、家の周りの草刈りと。
庭のカボスは今年は豊作で!
渋滞と草刈りと収穫と。_f0177373_18043960.jpg
裏庭の山椒は、青い実を醤油漬け用に・・。前回かなり
採ったつもりでしたが、こんなに残ってたのかぁ。。。
赤く色づいて、また鳥たちがいろんな場所に運んでくれ
そうです。
渋滞と草刈りと収穫と。_f0177373_18050824.jpg
裏の土手を、草刈り機を回していたクニヒサがおおっ!
キイロスズメバチがブンブンしてると思ったら、大きな巣。
刺激しないようにそーっと、周りの草を取って・・・。
程々(!?)で終了(笑)。

連休中なら草取り人員として子供らも?と思ったものの。
高3息子は、連休明けに大事なテストがあるからとパス。
高1娘は大切なペットの、ヘルマンリクガメの万年(マネ)
ヒョウモンリクガメの最年(モネ)のお世話があるからと。
コロナがなければ、幼馴染みにも会いたいところだろうけれど。
南部町は感染者ゼロだそうで、私たちもほとんど人に会う
ことなく・・いつもの弾丸で。

だったら平日でもよかったなぁ。。。
行きも帰りも渋滞で、ヘロヘロのiwasaki夫婦の休日。


by senshoku-iwasaki | 2020-09-25 22:14 | 岩崎のある日
秋風感じてiwa散歩。言問団子の『言問最中』。
「健康診断が9月末までなんだよねぇ・・」私。
「このところ歩いてないからなぁ。きっとまた
運動不足指摘されるなぁ・・。」クニヒサ。
「今日は久々に、隅田川沿いを浅草方面に行き
ましょう!」私。

蔵前橋から大川(ここいらのおとーさんたちは
必ず隅田川を大川と古い言い方をしまして。
流石だなぁなんて感心してたら、結構お婿さん
率が高かったりして・笑)を浅草へ・・・
厩橋、駒形橋、吾妻橋を過ぎたら、言問橋。そして
人しか通れない桜橋を渡って「ご隠居、団子屋が!」私。
「エツコさん最初っからそのつもりでしょーが。」

えへへ。
言問団子は、30年ほど前クニヒサから貰って。
柳橋梅花亭の三色梅最中とともに、その餡子の
絶品さに腰を抜かした(ホントです・笑)私の
中では両横綱でして。そういえばこちらにも
最中があると知りまして・・・。
秋風感じてiwa散歩。言問団子の『言問最中』。_f0177373_16252171.jpg
都鳥を象ったカワイイ最中。
お店では頼んでから餡を詰めてくれます。
小豆餡と白餡がありまして、やっぱりスゴイ。
皮(種)がまた美味しい。香ばしいんだけれど
餡と一体化していて。そこに絶品の餡なのです。
小豆餡もちょっと違うのです。。大納言の粒餡
なのだけど所謂粒餡じゃないのです。
白餡のほうは、言問団子と同じ手亡豆の後から
お豆の香りがスーッと鼻に抜ける、上品だけど
しっかりパンチもある餡で。
良質の素材を活かしきった仕事が伝わってくる
オリジナル性の高い、他に無い最中だと思います。
秋風感じてiwa散歩。言問団子の『言問最中』。_f0177373_16255435.jpg
お店の暖簾もステキ!
有名な書家の方の字だそうです。。。
秋風感じてiwa散歩。言問団子の『言問最中』。_f0177373_16253317.jpg
お店ではオリジナルの器で、言問団子とお茶が
いただけます。
このお団子が3色どれもそれぞれ、材料の違い
と仕事とであぁ・・たまらない。お茶がほんと
よく合う!と思ったら、言問団子に一番合うよう
に厳選した契約農園の川根茶だそうで、
なるほどー。と鼻が膨らむ私。

言問団子は、出来た日その日限りの粋な味。
団子も最中も、ちょっぴり高価なのはきっと
素材の良さ。江戸末期からずっと変わらずこの
団子だけで今も作り続けて。。。やっぱり凄い
ことです。こんな凄い仕事が食べられる幸せ♡

「エツコさん、歩いた意味全然無くなってます
よねー。」クニヒサ。
「おぉぉ。お向かいは長命寺の桜餅だ!」私。

向島三大和菓子といえば、この言問団子さんと
長命寺の桜餅と、志満ん草餅と言われていますが、
向島にはあの菊最中の青柳清家もあってうふふ。
秋はお散歩が楽しみです。


by senshoku-iwasaki | 2020-09-14 18:11 | 最中
織小紋な経吉野着尺『雨音拍子』の新色を織っています。
シルバーグレーとピスタチオの小さな縞に、
ヨコ糸はターコイズグリーン。

タテ糸が密に出てくる組成なので、シルバーグレー
が出てくる部分と、ピスタチオが出てくる部分で
ギラっと見え方が変わります。。。
織小紋な経吉野着尺『雨音拍子』の新色を織っています。_f0177373_17574082.jpg
6月に制作した『雨音拍子』はチャコールグレー
とシルバーグレーの組み合わせで。渋い江戸小紋
のような風情でしたが、それは今回も。

シボ感と、独特の光沢は、絹量によるもので。
贅沢な絹織物ならではの垂れ感がたまりません。。。

「織小紋」シリーズとして
今年産声をあげた、この新シリーズ。
iwasakiらしい、どうってない無地ライクな着尺
でありながらしっかりと(!?)織りならではの
質感と色味を出せているのでは・・・?と。
着尺の新シリーズは久しぶりです♡
平織り、綾織り、緯吉野、吉野格子に、経吉野。

それにしても。
手織りは時間がかかりまして。
今日はとても捗って5尺。
おぉぉ、よくやった(笑)。つもりだけれど。
一反約12メートルのうち、一日2メートル織れない
現実(涙)。この、じれったさも愛おしくて。

いくらこの仕事に定年がないといっても。
いつまでこの細い糸の仕事が続けられるかは・・
分からないので。作れるうちは出来るだけ細かい
仕事を進めたいと思っております!



by senshoku-iwasaki | 2020-09-09 22:07 | 着尺・帯
Eさまの『地紋のある着尺』。
Eさまは以前、格子に緯吉野を入れた『入り江の波
シリーズの着尺を作らせて頂きまして。

「次回は無地ライクな着尺も」と嬉しいお言葉を。
そしてこの度ご注文頂きましたのは紺色系。。。
地紋のマルのサイズは、やや大きめです。

Eさまの『地紋のある着尺』。_f0177373_18303556.jpg
『地紋のある』シリーズの魅力は、無地でありながら
見る角度によって・・・こうしてゆらゆらと気球のよ
うなマルが浮かび上がったり、タテ糸とヨコ糸の色の
違いから玉虫のように見える色が変わるところです。

Eさまのこちらは、タテがチャコールグレー。ヨコには
赤味のある紺です。写真では紫っぽく見えますが、
グレーのようにも見えるけど、やっぱり紺です(笑)。

こういった深みのある無地は、お召しになる方の
持ち合わせた本来のお色、ピンク系だったり黄色系
だったりを引き出して見せたり。また、合わせる帯
も赤味、青味、反対色それぞれに合ってしまう寛容
さがあると思っております。

何色ともいえない、織りでしか出せない色があると
したらこういった事なのだろうと。

Eさまのこの着尺を織りながらつくづくと。
この不可思議で曖昧で寛容な(!?)織りのチカラ
に突き動かされ続けている幸せを実感した私です。




by senshoku-iwasaki | 2020-09-01 22:25 | 着尺・帯