<   2020年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
半巾に始まり半巾に終わる2020。。。
昨年秋からのiwasaki企画(!?)
「50歳のうちに二人で50本の半巾帯を作る」で。
とにかく楽しく作りまして。その半巾帯たちに
救われた今年のiwasakiでもありました。

コロナ禍で予定していた作品展としては違うカタチ
になってしまったりしたけれど。

ハレよりもケ。
日常が何より大好きなiwasakiの、iwasakiらしい
自家織物の凝縮のような半巾帯たちが、コロナ禍
の「おうちきもの」に多くご用命頂きました。
それは思ってもみない展開で。二人51歳を迎えて
からも引き続き半巾を作り続けています。
半巾に始まり半巾に終わる2020。。。_f0177373_19103487.jpg
今日織り上がった(ということは今年最後かな)
半巾は、ヨコ糸の8割が繋ぎ糸というマニアック
な一品。それも銀河シルクの繋ぎ糸で!
こんな半巾を作れるようになったことが
私(エツコ)にとっては何より嬉しいのです。。。

つくるということは同時に何かを壊してもいて。
まずは糸を染めるときから、真っ白なあの絹糸
ならではの美を、穢してはいないかと恐れて。
機にかければ、織り付けと織り上げにどうしても
織れない部分の5㎝~20cmのタテ糸の切り糸が。
それは絶対に捨てられない、私にとっては。
もしかしたら自分はそこの部分の人間かもしれ
ないと、織りを学んだ18歳のときからずっと。
今も思っていることだから。。。
半巾に始まり半巾に終わる2020。。。_f0177373_19100544.jpg
定番として制作している『銀河絹の山形斜文八寸
帯地』ではたくさんの銀河シルクを使うので。
切り糸もたくさん出ます。
半巾に始まり半巾に終わる2020。。。_f0177373_19095528.jpg
だいたい似たような色ごとに繋げてこんな風に・・
まとめておくとお宝に。
このお宝を、次はどんな風に使おうかしら!?と
考えながら繋ぎながら高校生の子供らの弁当を考え
ながら。
私にとって食材と糸が全く同じ線上にあり、つまり
生きることと織物をつくることが全く一緒になった
今年という年が、半巾帯のお陰でやっと。
夢を指先に感じられる年となりました。
(私の居場所!?も随所に散りばめられます・笑)

今年もたくさんの方々に支えられてiwasaki、織物
を制作発表することが出来ました。
感謝しております。ありがとうございました。



by senshoku-iwasaki | 2020-12-30 22:45 | 着尺・帯
毎月初めに近正千広さんの「コノミノコヨミ」を、
終えた月を名残り惜しみながら、新しい月をワクワク
しながらめくるのが私(エツコ)の楽しみで。
12月はクリスマスプレゼント包装の手順なのね~!
と、はしゃいでからはや19日・・・。ってことは。
今年もあと10日ほど?(涙)うぅぅ。。。

毎月初めに近正千広さんの「コノミノコヨミ」を、_f0177373_18253685.jpg
そして先月。私にとっては衝撃的な「コノミノコヨミ」
が、来年2021版をもって終了というお知らせが!
悲しすぎる~っという物凄く残念なキモチと、16年間
続けてこられた千広さんの新たな制作活動の始まりの
ワクワクのキモチが、まるで私にとっての「コノミノ
コヨミ」そのもののです。。。

毎月初めに近正千広さんの「コノミノコヨミ」を、_f0177373_18254525.jpg
近頃は子供たちの帰宅が遅いので、夕食は8時前。
7時前くらいまで機に座って・・・。あともうちょい、
そして「コノミノコヨミ」にほっこり。

一人暮らしを強行中(!?)の実家の母。アタマは
私よりよっぽどチャキチャキで、目標は漢検1級だけど
眼が見えなくてイライラの88歳。骨がもろくなって、
気づかないうちに圧迫骨折を繰り返しては動けなく
なって・・・。月イチだった片道2時間の実家行きが
月ニとなり・・最近は月サンのペースに。。。
となると。
仕事が出来る日は、出来る限り織り進めたくなって。
子供たちがチビッコだった時と同じか、それ以上に
日々が一杯一杯で。そんな日に、
頼んでいた「コノミノコヨミ 2021 the last」が
届きまして。
来年の12月、大ラスを見て涙が止まりませんで(笑)。
私の、なんでかずっと続く・・トホホな日々も。
落ち葉のように静かに降り積もる、愛おしい日々と
言ってもらっているような。。。

近正千広さんの来年の「コノミノコヨミ」もサイコー
です!ぜひ!





by senshoku-iwasaki | 2020-12-19 22:41 | いわさきのつながり
日本橋浜町・きもの円居さんでの作品展、お陰様で終了いたしました。
お運び頂きました皆さま、感染予防に細心の注意を
払ってくださった円居さんのスタッフの皆さまに
感謝の想いでいっぱいです!ありがとうございました。

土・日と円居さんにお邪魔させて頂いたクニヒサ、
ギャラリートークではiwasakiで使う糸のはなしなど
させて頂いて。
最新の経吉野着尺『雨音拍子』や、写真の山形斜文
の八寸帯地『秘密裏』も。
これまた直前まで織っていた『大きな楊柳ストール』
などなど。。。素敵な方々の元に嫁いでいったこと
をクニヒサから聞きまして。
用事以外のほとんどの時間を、工房で過ごしていた
甲斐がありました(笑)。


日本橋浜町・きもの円居さんでの作品展、お陰様で終了いたしました。_f0177373_18420715.jpg
ほとんど違いが無いようだけど、チョットずつの
変化や工夫を凝らすと終わらなくなって(笑)。
今年はそれをしつこくやっている年でして。
それは現在も進行中・・(ということは今年も
きっとこのまま終わりそうもないのかなぁ。。)

日本橋浜町・きもの円居さんでの作品展、お陰様で終了いたしました。_f0177373_18422201.jpg
きもの円居の斉藤さん。山形斜文の八寸帯を
ご愛用くださって。(前回のときも「とって
も好き!」と私が勝手に思った・笑)大島の
残糸で作られたという大胆な段のお着物に。
本当に嬉しいです!

きもの円居さんでの作品展、次回は再来年に
また・・とお声をかけて頂きました。
次回きもの円居さんで皆さまにお会い出来る
頃には、コロナもすっかり消えて無くなって
安心してお目にかかりたいです。。。

ありがとうございました。


by senshoku-iwasaki | 2020-12-14 22:17 | 展示会・お知らせ
『ふい絹の山形斜文八寸帯地・秘密裏』。
『秘密裏』なんて、チョット思わせぶりな(笑)。
前回登場の色違いは、白黒パンダカラーです。
このシリーズは、お太鼓裏だけ色を変えたかったので。
とりあえず第一弾として・・・
タテ色を黒っぽくしたかったので、ふい絹を使いました。

宮坂製糸さんの銀河シルクも碓氷製糸さんのふい絹も。
同じような技法で生まれるそうなのですが。
やはりそれぞれに特徴があり、それが良いのです。。。
ふい絹はやや硬めなので、濃いめの色に染めるときに
向いているように感じます。

一見は同じような織物ばかりを・・・30年近くも!
凝りもせず(笑)作っているiwasaki夫婦ですが。
毎日の小さな発見と、結構大きかったりする忘却と。

でも変わらない、きっと無くならない・・・
いや、無くすもんか!と熱き想いは秘密裏に(笑)。

『ふい絹の山形斜文八寸帯地・秘密裏』。_f0177373_18212113.jpg
月日が経ってiwasakiが絶え果てて・・・。
どこの国の誰が織ったものかもワカラナイ、なんて
日がきても。どなたか知らない後の人の誰かが
「おっ!イイじゃん」なんて思ってくれたなら。。。
『ふい絹の山形斜文八寸帯地・秘密裏』。_f0177373_18210230.jpg
草葉の陰ならぬ、菱の隙間からきっと私は喜びます!
いよいよ12月4日から。
日本橋浜町の「円居」さんでの作品展が始まります。
今年は本当に。
古今東西妄想の世界旅行を繰り返しながらどっぷりと。
新しくて懐かしくて愛おしい。(だとウレシイ)
iwasaki織物が並びます!
『ふい絹の山形斜文八寸帯地・秘密裏』。_f0177373_18345814.jpg
染織iwasaki 用の美
12月4日(金)~13日(日) 於 円居 
(火・水曜は定休日)
※5(土)6(日)12(土)13(日)は
クニヒサが在廊いたします。

12月5日(土)14時よりギャラリートークも予定
しております!
予約制となっておりますので、ご参加ご希望の方は 
TEL 03-5623-9030 メール: info@madoi.co.jp
までご連絡下さい。

感染防止に努めて開催いたします。

by senshoku-iwasaki | 2020-12-02 21:45 | 着尺・帯