<   2021年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
蔵前の工房
蔵前の工房周辺は、ビルの一室の保育園がいくつかあり。。
工房向かいの「御蔵前公園」には入れ替わりで園児たちが
遊びにやって来ます。
年中年長さんは一列に並んで、年少さんの手を引いて。
未満児さんは車に乗って。。。

蔵前の工房_f0177373_18450374.jpg
懐かしいなぁ。かわいいなぁ。
我が家の子等も6年間南部町の保育園でお世話に
なったからなぁ。

何か自慢出来るような我が子たちではないけれど。
病弱だった親たちとは違って、毎日休むことなく
元気に学校に行く礎は。ウチの場合は親ではなくて
きっと、保育園で築いて頂いたんだと思っていて。
ただ、
広い園庭に果樹があったり、隣接する畑にさつま芋
を植え、収穫もさせてもらった南部町の保育園とは
かなり環境が違うんだなぁ・・と眺めていると。

大抵の子と必ず目が合います(笑)。
ぐるぐると糸を巻いていたり、トントンと機を織っ
ている姿は「何してんの?」って思うわなぁ。
「エツコさん見て、鶴じゃねーじゃん!って
思ってるのかもよ。タヌキじゃね?みたいな(笑)」
クニヒサ。

都会のチビッコたちにはどう映っているのかなぁ。





by senshoku-iwasaki | 2021-01-16 22:48 | 工房周辺
新しい年になってからの織り半襟は・・・。
昨年生まれた着尺の新シリーズ、『雨音拍子』の
経吉野でまた違う感じがつくれないかなぁ。。と。
試行錯誤をしながら織っています。

織り半襟は、約110cmの中で。
色や組成がビミョーに、時にガラリと変化します。
襟に出てくる部分は少しだけれど。
出したい部分をずらして出してもらえればと・・・。
平織り、綾織り、、緯吉野そしてこの経吉野と。
最初から最後まで!いろんなリズムを刻みます。
新しい年になってからの織り半襟は・・・。_f0177373_16521171.jpg
「襟に出てくる部分だけ柄を入れればいいじゃん」
ってよく言われるけど。そのほうがもっと作れる
かもしれないけれど。イロイロ試してみたくて。
ついつい全部が柄になっています(笑)。
でも今後は、部分的にこってりと織り柄の半襟も
作れたらいいなぁ。。と思っています。

緯吉野はヨコが出ますが、経吉野はタテ糸が出る
ので、奥行きがまた違います。
ただ、
たった1メートルのこの織物が一日かかります。
10枚分のタテ糸をかけていますので、10日後には
新しい表現がひとつでも見つけられたら・・・。
今年は春から縁起がいいヤァ~となるのですが。
大寒の頃までに、芽吹きのエネルギー感じる・・
新しい織り半襟を織りあげたいと思います!



by senshoku-iwasaki | 2021-01-08 21:52 | 着尺・帯
2021あけましておめでとうございます
本年が皆さまにとりまして・・・
どうか穏やかな良い年になりますように。。。

蔵前に工房を移して3年目になりました。
織物のタテ糸を準備する「整経」する際に最初
に引っ掛ける部分。本来は特に使い道も無く・・
切った後おそらく捨てられる部分なのですが。
私(エツコ)にそんなコト出来ませんで。(笑)
『ピコタン』と呼んで繭皿に集合させています。
この春にちょうど3年分になります。


2021あけましておめでとうございます_f0177373_14223846.jpg
iwasakiは
夫婦二人っきりの小さな織物工房ですが。
着尺に帯にショールにマフラー、半襟も。
小ロットの手織りならではの規格で、
いろんな織物をつくっています。

同じ絹でもセリシンの残った硬いコ(!?)
(糸なんですけどね・笑)
精練して柔らかいコ、太いコに細いコに
ウールのコも。みんなカワイイです。

また一年かけて。
iwasaki、精一杯仕事したところで・・・
今年『ピコタン』、何人増えるかなぁ。
出来れば来年も。そして再来年も。
大して変わらないこの集合写真を撮れる
ように(でも確実に増やしますよ!)
頑張りたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。




by senshoku-iwasaki | 2021-01-01 15:13 | 岩崎のある日