この夏の杉綾織りの着尺、もう一つは木綿の『はしり雨』。
縞の中にも小さな縞があり、パラパラサーッと。
本降りがやってくる前のはしり雨のような。。。

小さな切り返しで生まれる菱は、雨の雫。
なんか時代小説も似合いそうな木綿着尺の新作です。

この夏の杉綾織りの着尺、もう一つは木綿の『はしり雨』。_f0177373_18212778.jpg
木綿でも絹でも。
タテ糸本数の多い綾織りは、織りにとても時間が
かかります。
木綿の着尺をずっと作りたかったのだけど、価格的
に受け入れられにくいんじゃないかなぁ・・とか。
ナカナカ打ち出せずにいましたが。
糸とその密度、試行錯誤を繰り返しながら今年春に
『蔵前の炭酸水』シリーズとして3反うまれまして。
今回は前回とは違う綿糸をタテ糸にしまして。

一越一越重ねながら一粒一粒の雫を織り出しながら。
iwasaki結成30年目の今年に、これらの木綿着尺を
作れたことが本当に嬉しいです。
この『はしり雨』も染織こうげい神戸店さんでの
作品展『絲ぢから』に出品いたします。

岩崎訓久・悦子織物展
『絲ぢから』

10月14日(木)~18日(月) 
染織こうげい神戸店
14日・15日・16日
はクニヒサが在店します
# by senshoku-iwasaki | 2021-10-11 22:38 | 着尺・帯
今年の夏は綾織りに明け暮れておりました。
10月は今年も。
染織こうげい神戸店さんでの作品展『絲ぢから』
10月14日(木)~18日(月) 
(14日・15日・16日はクニヒサが在店します)
に向けて。
夏の間にしつこく取り組んでいたのは綾織り。
杉綾織りは、タテに3色の縞を経てた着尺と。
『色硝子』シリーズの八寸帯地と。

今年の夏は綾織りに明け暮れておりました。_f0177373_18434852.jpg
やわらかな春の光や、一雨ごとに暖かくなる頃
の優しい雨のようなイメージで織っていた着尺は
久しぶりにヨコ糸にまわたつむぎ糸を使って。
温かみのある紬になりました。
植物に芽吹きを促す『万糸雨』(ばんしう)と
いうタイトルになりました。こちらはヨコにグレー
ですが、紺を入れた『夜来の雨』も。
共にヨコにマットなつむぎ糸を使ったのですが、
タテ糸の密度が高いので、光沢感がとてもあります。

今年の夏は綾織りに明け暮れておりました。_f0177373_18440026.jpg
『色硝子』は、シンプルなステンドグラスをイメ
ージして生まれた格子です。
綾織りの格子は、タテとヨコの組み合わせの見え方
が平織りとは異なって。タテの色を孕んだ独特の色
に見えます。今回はタテ糸を変えて4種類。ヨコ糸
を変えて8本制作しました。

10月は染織こうげい神戸店さんの作品展のほかにも。
染織こうげい浜松店さんでの「染織こうげい展」、
青山のitonosakiさんでも。iwasakiの着尺や帯地を
ご紹介頂いております!

一日のほとんどの時間を工房で過ごすiwasaki。
繰り返しているようで少しずつ変化しながら・・・。
搬入に向けてタグを付けたり最後の仕上げをしながら
並べてみると。
結構(!?)仕事をしていたんだと実感。(笑)




# by senshoku-iwasaki | 2021-10-07 23:56 | 着尺・帯
今年の織り半襟のテーマはギフトです。。。
経吉野の凹凸と、絹の光沢感と。
今回はタテがぼかしたようなグラデーション。

クニヒサが経てたタテをあんまり邪魔(!?)し
ないように(笑)、ヨコは私(エツコ)シックに
大人っぽくしました。

織り進みは悪いけど、織ってる自分もうっとりし
てしまう(バカですねー・笑)気品がありまして。
織物の神様からのギフトかもかも・・・。

わざわざ半襟に手織りじゃなくても全然いいもの
なんでしょうが、単純にこんな小さな、それも
見える部分なんてほんのちょっぴりにも拘らず・・
コレ!って、チョイス出来ることが自身に対する
ギフトだったらイイなぁって思いながら。


今年の織り半襟のテーマはギフトです。。。_f0177373_18155391.jpg
今年の織り半襟のテーマはギフトです。。。_f0177373_18160715.jpg
織り半襟は、毎年20枚作れるか作れないかの
iwasakiでもレアアイティム(!?)のひとつ。
にもかかわらず、在庫はほとんどありませんで。

今まで制作したものも様々なユーザーさんの
もとでお使い頂いているのかと嬉しい限り。

今回の織り半襟は、今までになくシックですので
初めましての方もリピーターさんにもおススメ
です!


# by senshoku-iwasaki | 2021-10-03 00:19 | 着尺・帯
今年のブランケットも仕上がって。
お彼岸を過ぎたら、ちゃーんとやって来る秋。

今年は6月の下旬からウールの織物にも取り掛か
っておりましたが。
ショール類は、織り上げて直ぐに完成とはいきま
せんで。房をヨリヨリ、湯通し、仕上げと。

他の織物の作業と並行しながらようやく仕上がり
ました。

今年のブランケットも仕上がって。_f0177373_18365405.jpg
コシのある英国ウールを使って。
トラディショナルな感じのタイプや、ナチュラル
なライトカラーのタイプ。シルクも入れた光沢の
あるタイプなどなど。


今年のブランケットも仕上がって。_f0177373_18364337.jpg
毎年、似ているけれどチョットずつ違うのは
着尺や帯地と同じ、iwasakiならでは。
杉山の巾であったり、切り替えしであったり
素材のウールの種類だったり。

絹もそうだけど、素材である糸がいつも同じ
クオリティーで永続的に手に入るものでもない
ものだから。その年々のiwasaki的にベストな
組み合わせと思って制作しているものなので・・
肌触りや、重さとともにその辺りも感じて頂けたら
ウレシイです。。。


# by senshoku-iwasaki | 2021-09-27 23:11 | 纏う布・暮らしの布
綾織りの八寸帯地『色硝子』、新色にかかります!
今年も染織こうげい神戸店さんで、10月に作品展
を開催します。

春に染織こうげい浜松店さんで作品展をしてから
ずっと。イロイロ作り続けております。。。

八寸帯地では。
綾織りの『色硝子』シリーズもモノトーン系で。
実はこういった色系は『色硝子』では初でして。
チョット新鮮。
アタマの中では、小雪の舞うような寒空の日に
纏っていたブランケットを外したらこんな帯が!
なイメージで(笑)。分量的には多くは無いの
だけど。。。
やわらかな黄色は、やがて来る春のエネルギー。

綾織りの八寸帯地『色硝子』、新色にかかります!_f0177373_17460489.jpg
アレヨアレヨ・・・と月日は瞬く間に過ぎて。
気が付けば今日は彼岸の入り。
iwasaki工房はいつも通りのタイムテーブルで。

『色硝子』のほかにも。
今年は定番の『山形斜文の八寸帯地』も無地
の生糸バージョン、キビソバージョンとテクス
チャーを変えて。定番だけど毎回チョットずつ
違う、今日という日と同じように。同じ日なん
て一日も無いから。
もしかして。
「10年前にも似たような帯地作ってたでしょ」
って記憶力の素晴らしい方があったとしても。
ひょっとしたら10年経って、見え方感じ方も
変わっているかもしれませんヨ。。。

制作しているiwasaki夫婦は。
ほとほとバカなのか(笑)すぐに忘れちゃって
毎回の事ながら、おぉぉ新鮮!なんて二人して。
こんな調子なのできっと。30年やっていても
飽きないのかもしれません。。。


# by senshoku-iwasaki | 2021-09-20 23:01 | 着尺・帯