菱綾 8寸帯
f0177373_18254363.jpg
半巾帯で作っていた菱綾の帯。
Hさんから「8寸の帯で」というご注文でお作りさせていただきました。
絹を使った素材感のある帯、
Hさんのおかげでiwasakiのレパートリーが増えました。001.gif

ステキな方に締めていただくと、帯もステキ×2になります。

ありがとうございました。





f0177373_1829919.jpg
経糸・銀河シルク、横糸・苧麻
詳しく言うと杉綾の菱綾8寸帯。
# by senshoku-iwasaki | 2009-07-01 19:44 | 着尺・帯
朝、工房へ行くため自宅を出ようとした時
なにやら玄関隅に黒い虫。
ゴキブリ?
・・・・・・・?

クワガタ。

あまり驚かない。
この季節ぐらいからよくある、家の中のクワガタ。
飼ってる訳ではなく、同居。

「行ってきます。」
「・・・・・・・・・・。」
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-30 20:13 | 岩崎のある日
ファンタジーがある。
1969年生まれのイワサキ夫婦。
20年ちかく一緒にいるせいか、もともとだったような・・・好きだと思うツボがだいたい同じ。
工房では、1950年代~70年代の北欧デザインの椅子を使っている。
特に北欧好きではないけれど。(なんて言いながらYrjo Kukkapuroのremmi sofaは最高!)

音楽をずっとかけて仕事をしてるけど、語れるような音楽好きな訳でもない。
たまに、ムショーに60~70年代ソウルなんか聴きたくなったり・・・。
Sly & The Family StoneのCDを引っ張り出してきてかけると「イイネ!」と盛り上り・・・、

「エツコさん、これはやっぱりファンタジーでしょう!」
「そうかぁ!ファンタジーがあるんだ!この時代って。」
「なんか息子(小1)くらいのときくらいから、近未来って宇宙みたいなイメージじゃなかった?」
「そうそう!ドラエもんみたいなんだけど、電気自動車に車輪なんかついてなかったよね~!飛んでたもん。」
「そういうときに、Earth, Wind & Fireの「Fantasy」なんかが兄の部屋から聞こえてきたんだよなぁ・・。
まさにイメージにピッタリで。なんか、早く大人になりたかったんだよなぁ・・・私。」
「イメージに近いのが携帯電話なんだろうけど、オレは持ってないし・・・。持っても使いこなせない(笑)」

イワサキで作っているものは、全くそんな近未来のイメージとは違うみたいだけど(むしろ逆!?)
こんな古臭い自家織物のなかにこそ、ファンタジーを感じるものにしたいなとつくづく思っています。
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-29 22:21 | 岩崎のある日
大きくてビッキュウリ
昨日の午後は、私(エツコ)が工房に残り・・・クニヒサが畑の草取りを担当。
前回、私が草ボウボウの畑を二日がかりでやっつけてから早、4週間。
今回こそ クニヒサさんにやってもらうゾ!と、企んでおりましたのでヒッヒッヒッ・・・。
貧相とはいえ、さすがは殿方です。帰ってくると、「おおっ~!!」
私の二日分を、ほぼ半日でやってくれておりまして。
草にまみれて、何にも見えなかった中にちゃんと、ショウガもいっぱい芽を出していました。
Tさんに頂いた「キタアカリ」という名前のジャガイモもたくさん収穫できました。
(Tさん、ありがとうございます~)Tさんがそのときくださった、
「シカクマメ」という名前の豆も芽を出してまして・・・
さて・・これからが楽しみで~す。058.gif

しかし・・・。
たまに畑に出たりすると、ご近所からもお野菜をいっぱい頂きまして。
手入れの出来ないイワサキは、ほったらかしでも大丈夫なイモ類やショウガくらいしかやりませんので、
ナスやキュウリは有難いのですが・・・。
例年、キュウリの波は ひと夏に3回。今回は最初の波。
キュウリがあんまり得意ではないクニヒサさんでも食べられる、ショウガをたっぷり入れた(キュウリの匂いを消すくらい!?)キュウリのQちゃんのような漬物(煮物)をさっそくに作って食べてます。
せっせと食するのがポイントです。(笑)

ジャガイモもいっぱい頂きました。
でも今日は、ウチで収穫した「キタアカリ」を使って、いかにジャガイモを食べるか?です。
大きめなジャガイモ5つ使って、マッシュポテトにしてから(玉葱も入れないで)豚肩ロースの薄切りで巻いて
コロッケにしてみました。外のお肉の皮がパリパリして、以外にも家族には好評でございました。
ステキな写真を載せられないのが、ド素人かぁちゃんの創作料理のツライところです・・・・。

旬の野菜のように 珍しさがない分、あまり有難がられないかわりに普通においしい、
波が過ぎると、なんか寂しい・・・。私にとっては、チビッコ達が。チビッコ達にとっては、私という
「かぁちゃん」でありたいなぁ・・・と思いつつ。それにしても・・・頂くキュウリは大きいなぁ・・・026.gif
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-28 20:09 | 岩崎のある日
小山 泰之展  A color of aluminum 2009
工房入り口の引き手を作ってくれた小山泰之さん(同じ南部町在住)が展示会のDMを持ってきてくれました。


伊豆高原GALLERY  ZERO
2009年7月2日(木)~7月20日(月)
12:30~17:00 火・水曜日定休

静岡県伊東市八幡野1283-92
tel 0557-54-0117


f0177373_18302484.jpg

# by senshoku-iwasaki | 2009-06-26 19:36 | いわさきのつながり
緑の中のキノコ
f0177373_18324194.jpg
緑の多いところで生活していると
逆に緑が目に入ってこないものでして・・・。

この季節、湿度があるからでしょうか
あちらこちらにキノコが出てきております。

緑の中のキノコ
小さくてもかなり目立ちます。




f0177373_1840502.jpg
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-25 18:44 | 工房周辺
Iさんのブルゾンになる生地。
f0177373_20545635.jpg
ジャコブウールと、南部茶で染めた絹糸。
緯糸にはそれに古式ゆかしい(!?)久米島式まわたつむぎ台にて私が手つむぎした、車輪梅グレーのマーブル糸とタッサーシルク。
久米島式まわたつむぎ台、私たちの大師匠である 故 宗広力三氏が晩年愛用していた道具です。
結城のように、節のないキレイなつむぎ糸をつむぐには不向きでして。
そのかわり(今は帽子まわたを買って使っていますが)
たまたま繭が少しばかり手に入った折など・・・私がつくった、ヘタクソな角まわたでも糸にする事のできる、
実に自家織物にピッタンコの泥臭さが大変気に入っています。
真っ白なまわたを、糸にしてから染めるというのが主流ですが、イワサキではまわたを先に染めてから、何色か合わせてわざとマーブルにつむいでいます。
糸つむぎは私、(エツコ)の趣味みたいなものでして・・・。
ただただ・・・手指だけでつむぎだすマーブル糸。着尺向きの3~6匁くらいの細いものから
極太手編み糸以上の太いものまで・・・こんなふうにこのつむぎ台を使いこなしているのは、
日本広しといえども、たぶん私だけよ~ん。と、ちょっとだけ自負しています。(笑)
この生地の場合、中太くらい。太くなればなるほど、腱鞘炎になりそうになるくらい(!?)手首が疲れます・・・。
おばあちゃんになったら、着尺用ばっかりつむぐようになるでしょうね・・。
わりと近い将来かもしれません・・・。
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-24 22:15 | ekka
雨の中、染色。
染め場にしているところは、もと馬小屋だった所。
洗い場は、外。
馬小屋と洗い場をいったりきたり。

染め上がった糸は自宅に持ち帰り、除湿機で乾かす。
この季節、いつもこんな感じ。
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-22 18:55 | 工程
月桂樹を買った。
一緒に入っていたしおりによると
記念樹として・・・
とある。

何を記念して植えようか。
何も記念がない。

まっさらだ。

マッサラダ記念日だ。


40になるとこういうのが自然に出てくる。
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-20 19:52 | 岩崎のある日
マントになる布。
f0177373_18444353.jpg
糸の通し巾100cm。
これ以上巾の広い織物は、iwasakiでは出来ません。

最近まで帯を織っていたので、慣れるまで肩がこりそう。

素材は、ジャコブウールとシルク。
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-19 18:57 | ekka
シュワシュワにする前のマコロン。
f0177373_18275972.jpg
楊柳のストール・マコロン、第2弾織りあがる。

織りたてのホヤホヤ。


すぐに房のヨリヨリ。
   
      ↓

















f0177373_18354020.jpg
重しは、キットカット
の詩集。

ヨリヨリする
のにちょうど良い重さ。
詩集
の中身を時よりチラチラ。

・・・・・・。

スピードを増すエツコさん
のヨリヨリ。
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-18 20:04 | 纏う布・暮らしの布
工房も夏じたくです。
f0177373_21161312.jpg
格子戸から障子を外しました。


これから織るのは冬じたくモノ。
今年は、ブランケットを充実させる予定。
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-16 21:21 | 岩崎のある日
東京から山梨の田舎にお引っ越し。
f0177373_18523887.jpg
先日、染織家・吉田美保子さんから譲り受けた鉢とメダカ。

吉田さんのメダカ、東京の水も山の水も両方イケル口のよう。良かった。001.gif

水草も立ち上がれ!
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-15 19:57 | iwasakiの持ち物
みかん山の木箱
三渓園・日本の夏じたく展でご一緒した染織家・牧山花さん宅にお邪魔してきました。

湯河原にあるご自宅・アトリエのスバラシイ!こと。
建築家・葛西潔さんが設計されたお家で、海の見える開放的な景色と開放的な空間。

2匹の大きめなワンちゃんと花さん、大将さんに出迎えて頂きまして・・・・、
あまりの居心地の良さにかなり長居をしてしまいました。(息子、娘も同伴してたにもかかわらず)

話の内容は、ズバリ!作戦会議(笑)。同世代・同業ならではの。
来年の三渓園・日本の夏じたくが楽しみになってきました。
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-13 23:59 | いわさきのつながり
陶芸家・酒井隆夫さんのエッチな林檎。
f0177373_19543045.jpg

なに風でもない
酒井隆夫の器を製作している作家。
(「ばかやろう!器だけじゃねぇぞ。現にこれはリンゴじゃねぇか。」と言われそうですが。)

大好きです。

iwasaki家には、この林檎3個あります。
もっと欲しいなぁ。
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-12 20:23 | iwasakiの持ち物
た工房 酒井隆夫
f0177373_18555488.jpg
陶芸家・酒井隆夫さんに作って頂いた表札。

酒井さんとは
染織iwasakiとして活動し始めた頃
松本クラフトフェアでお隣になって知り合い
それから何かとお世話になっております。

なに風でもない
酒井隆夫の器を製作している作家。
(「ばかやろう!器だけじゃねぇぞ。現にこれは表札じゃねぇか。」と言われそうですが。)

大好きです。

また、白州の工房に遊びに行きまーす。
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-11 20:38 | いわさきのつながり
反物箱
清水市のKさん宅にタピストリーを納品後、
反物を収める箱を注文しに、富士市の紙器工場へ。

今回お願いした箱は、紺色

新しく織り上げた着尺・帯地はこの箱に。
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-09 20:26 | 岩崎のある日
チクリン
f0177373_1642287.jpg
サボテンからサボテンが出てきて
ひげが出てきた。

理由はないが
何か良いことがあるかも。056.gif
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-07 16:48 | 岩崎のある日
6月6日
工房裏の草を刈り
思った通りヤマヒルにひっつかれる。

子供がシェーンベリーを摘んできて
生クリームを買ってきて
ケーキを作ってくれた。

「40歳、おめでとう!」 

「ありがとうございます。」

次はエツコさんの番。

f0177373_21484111.jpg
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-06 21:53 | 岩崎のある日
なかなか進まない改築。
f0177373_18508100.jpg
工房入り口に、
B級の大谷石を張ってもらう。

少しずつ・・・。
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-05 19:17 | 工房改築
楊柳のストール・マコロン
f0177373_18491918.jpg
伊と忠さんの展覧会に向け、昨年からいつもより増してグレー系ばかりにかかっていたせいか・・・。
「なんかさぁ。お父さんとお母さんのお仕事はさぁ・・・」うわっ!息子がなんか言ってきた。
「もっと、ぱっと明るい感じがいいんじゃないのぉ?例えばゴールドとか・・」
「ムムム・・・ゴールドだぁ?またわかったようなことを ぬかしてくれるわね~。
だいたい6歳のお前に何がわかるっつーの!」
息子はでっぱたお腹をポリポリかきつつ、
(やめてくれ~)更に・・
「あとさぁ。DSが高くて買えないっていうくせに、お母さんそれ、高いんじゃないの?
せめて5000円くらいにならないの?」
「それはムリ。あのね、これ素材も高いんだってば。」
「ふぅ~ん。」
あら・・もう興味ないらしい。価格はともかく、色は私もちょっと気持ちを高揚させたいなぁ・・・と。
年のせいかしら!?花粉症のせいかしら!?なんだかずっと調子が出ないのよね・・と思っていた頃
Hさんがマカロンをくださって。
「きゃ~!!カワイイ!おいし~!」こーゆーの作っちゃおぅ!
                                       ・・・・と、楊柳・コロンならぬマコロン、できました。
# by senshoku-iwasaki | 2009-06-03 19:49 | 纏う布・暮らしの布
楊柳ストール・マコロン
f0177373_1255517.jpg
新宿・伊勢丹 本館5階=ザ・ステージ#5
「裏地桂子好みの夏の愉しみ方」 
6月3日~6月29日
クリエィティブコーディネーターの裏地桂子さんにiwasakiの楊柳ストール・コロンがセレクトされまして、展示・販売されることになりました。

先日、Hさんに頂いたDalloyauのマカロンに元気をいただきました。 
このマカロンの様にかわいくて、美味しそうなストールを作ろう!
と思いつきまして、
最新作 楊柳ストールマコロンが誕生しました。
どうぞ、新宿・伊勢丹でご覧下さい。
# by senshoku-iwasaki | 2009-05-31 14:18 | 展示会・お知らせ
日本の夏じたく展で、エツコさんが着ていた杉綾の紬。
f0177373_9182112.jpg
夏じたく展なので、生紬にすれば良かったか・・・。
会場は、クーラーが効いていたので着心地的にはちょうど良かったようですが・・・。

ガチャガチャ感が面白い。
と思っています。
# by senshoku-iwasaki | 2009-05-29 09:27 | 着尺・帯
結びにくいネクタイなのに・・・。
f0177373_2031294.jpg
日本の夏じたく展に、ekkaのさかたもiwasaki製を身に着けてきてくれました。



青木間道をモチーフにしたネクタイ。
世界で3本しかない。・・・3本もある。(笑)
# by senshoku-iwasaki | 2009-05-27 20:43 | 纏う布・暮らしの布
織物から帯に。
f0177373_18151026.jpg
三渓園・日本の夏じたく展にiwasaki制作の帯を締めてきて下さったKさん、ありがとうございました。

織物を、素敵な帯にして下さるのはお客さまだと思っております。

大変、素敵です!001.gif
# by senshoku-iwasaki | 2009-05-26 19:53 | 着尺・帯
初日 シウマイ弁当、2日目 若葉、3日目 季節の弁当、最終日 ひなぎく
f0177373_1975611.jpg
三渓園・日本の夏じたく展は、天気に恵まれた4日間でした。

お弁当係としての任務も無事こなすことが出来まして、自分で自分を褒めております。(笑)

私の選択したお弁当に、何ひとつ文句をつけてこられなかった関係者の皆様ありがとうございました。
# by senshoku-iwasaki | 2009-05-25 19:56 | 展示会・お知らせ
日本の夏じたく展にお越しいただきました皆様、ありがとうございました。
本日、夕方こちらに戻ってきました。

今年の夏じたく展もたくさんの収穫がありました。001.gif
# by senshoku-iwasaki | 2009-05-24 22:23 | 展示会・お知らせ
表現する素材 日本の夏じたく
2009年5月20日(水)~23日(土)

10時~16時30分 (20日は、13時~)

横浜三渓園・鶴翔閣にて

http://nihonnnonatsu.cocolog-nifty.com/ をご覧下さい。

お待ちしております。
# by senshoku-iwasaki | 2009-05-19 15:09 | 展示会・お知らせ
かなり素材感のある帯。
f0177373_18401866.jpg
絹とジュートの単帯を仕上げ、
夏じたく展の準備。

さぁ~これから!
# by senshoku-iwasaki | 2009-05-18 18:48 | 着尺・帯
木苺狩り?木苺採り?
f0177373_124744100.jpg
大人たちは、夏じたく展の準備に忙しく。
子供らは、工房裏になっている木苺採りに忙しい。

「マムシに気をつけろよ~。」
# by senshoku-iwasaki | 2009-05-16 12:57 | 工房周辺