お散歩コースの老舗、亀屋大和さんの『万年最中』。
iwasakiが暮らす蔵前1丁目は、浅草橋に近く。
神田川に架かる浅草橋は、台東区側から見ると左に
柳橋。右には左衛門橋。柳橋浅草橋を渡れば中央区。
左衛門橋を渡ると千代田区。

柳橋を渡って道なりに行けば浜町方面。
浅草橋を渡って直進すれば馬喰町方面に。
左衛門橋を渡って直ぐの靖国通りを道なりに行けば
神田方面。靖国通りを横断して路地に入ると東神田。
馬喰町の通りに建つ、ファッションの問屋ビルの裏
辺りにひっそりと佇む和菓子屋さんの亀屋大和さん。
創業は江戸中期で、なんと九代目なんだそうで。 
岩崎家ではよくここの美味しいお団子が登場していて
名前は知っていたのですが、場所は私(エツコ)は
わからずにおりましたが。最近たどり着きました!

お散歩コースの老舗、亀屋大和さんの『万年最中』。_f0177373_21093357.jpg
お団子もお饅頭も季節の和菓子も美味しいのですが。
ありました、最中は『万年最中』。娘のペットの
カメの名も「万年」でマネ。で、娘にも(笑)。
餡は粒あんでしっとりなめらか。
こちらのお赤飯もとても美味しいのです。。。
それにしても。
九代に亘って愛される御菓子を作り続ける、その時
の長さ・・・あぁぁ。私には万年に値します!
出来たらずっとこの先も続いて欲しいお店でした。


ずっと続いて欲しい名店といえば。
柳橋を渡って直ぐ、両国橋のたもとにこれまたひっそ
りとした佇まいであった七味唐からし屋さんがある日
長い歴史を終えていまして。

お散歩コースの老舗、亀屋大和さんの『万年最中』。_f0177373_21092028.jpg
大好きなお店でした。お店のシャッターに貼られて
いた張り紙がコロナで休業中なのかと思っていて、
前回多めに買って冷凍庫に保存していてヨカッタと
思いつつ。いつから営業かしらと行ってみたら。
7月31日をもって閉店しましたとのことで、暫く
ぽっかーんと喪失感で。。。

江戸時代。
隅田川に一番最初にかけられた橋が両国橋だそうだ
から。当時の賑わいといったら相当なものだったか
と。ずっと変わらないなんてあり得ないけれど。
少しずつ変化してゆくその一端一瞬を、感じ取りな
がらの私のお散歩にしたいと思っていまして。
今日も絶滅危惧な名店に出会えるかも?と路地裏
に入り込んでは道に迷って(涙)歩数を稼いでいる
私。



# by senshoku-iwasaki | 2021-09-13 23:40 | 最中
しばらく『増孝商店』は、ご予約で開店いたします。。。
9月に入りまして。

本当に有難いことに、iwasakiのshop『増孝商店』
のオープン日をお問い合わせいただいたりと。
毎月開催と思ったのですが、現在のコロナの状況
を考えると、元々ほぼ暇な『増孝商店』ですが。
稀にお客様が重なる時間帯があると心配で。。

そんなわけでしばらくはご予約制でオープンいた
しますので、お気軽にメール等でお問い合わせく
ださいませ。

少し秋風を感じ始めてから・・・iwasaki夫婦の
週末散歩も範囲が広がってきました。

しばらく『増孝商店』は、ご予約で開店いたします。。。_f0177373_18061515.jpg
不忍池の蓮を眺めながら。それにしても。不忍池が
琵琶湖を模したものだったとは・・・。近所に暮ら
していても知らないコトばかり。
池之端、谷中方面と・・・ずっと上る感じです。

しばらく『増孝商店』は、ご予約で開店いたします。。。_f0177373_18062223.jpg
谷中にあった「ギャラリー工」さんで作品展をさせて
頂いていた頃からとびきりイケてるEXPOさん。現在
は池之端に。でも雰囲気は当時と全く同じで。面白い
お宝がわんさか。大好きです!
しばらく『増孝商店』は、ご予約で開店いたします。。。_f0177373_18060872.jpg
ところ変わって、こちらは奥浅草の銭湯です。
おぉぉ。常連と思しきお母さんの前掛け姿もステキ。
最近私(エツコ)は、奥浅草にドハマり中でして。
何ででしょうかね。まだこの辺りには暮らしとお店
が一緒に生きている気がします。
昔からあるパン屋さん、大学芋屋さん、まめかん屋
さん、かりんとう屋さん。。。。観光の人向けでは
なくて、地元の人に愛され続ける現役のお店がまだ
まだ健在なのです。
残念ながら近頃の蔵前周辺は。新しいオサレなお店
たちは地元密着型とはチョット違うので。。。
イマドキのオサレなshopが並ぶ国際通りをスタスタ
と・・浅草を抜けてわざわざこの辺りまで。パンを
買いに。そしてキョロキョロ。美味しそうなお店を
鼻腔を広げて(笑)、スマホには頼らずに直感を信
じてなのだけど。。。現役のお店は、夕方や日曜は
閉まってることが多いのがチョット残念。


# by senshoku-iwasaki | 2021-09-06 23:13 | 増孝商店 KM
工房の外で育てているのは・・・。
美味しく実を食べた後のパインたちです。
昨年、宅配の野菜・果物セットに入っていた石垣パイン。
葉っぱがシュッとして、キレイだなぁ。。と水につけて
いたところ根っこが生えまして。
そうなったらもう愛着が湧きまして。生ゴミには出せなく
なり、鉢植えにして愛でておりましたが。一年でかなり
大きくなり、植え替えをしたのが上段左のコです。

こうなってしまっては、今年はパインを見かける度に。
実よりも葉っぱに目が行くようになってしまいまして(笑)
石垣産の他にも台湾産やフィリピン産の、似ているけれど
チョット違う葉っぱたちがココロを癒してくれています。
石垣の海を妄想しながら、台湾の鉄道旅行を妄想しながら、
フィリピンの早朝のビーチでヨガをする美女を妄想しなが
ら・・・。全て妄想、全て行ったこと無いけれど(笑)。

工房の外で育てているのは・・・。_f0177373_18064927.jpg
工房の外で育てているのは・・・。_f0177373_18063387.jpg
鉢植えにするまで・・キッチンの窓辺はこんな感じで。
(奥は、娘のリクガメたち専用のリーフレタスです)

葉っぱが育ってくると、カーテンが閉めにくくなって。
これ以上はやめておこうと思うのだけど、つい・・・。
「遥々フィリピンからやって来たのに、198円って!」
「まさかエツコさん、また買ってきたんですか?もう
ムリって自分で言ってたくせに・・・・。」クニヒサ。
意外にも。
その激安スウィーティオパインが今季一番美味しかった
ものだから、やっぱり生ゴミには出せず(笑)。

そして文句垂れてたクニヒサでしたが、ネットで土やら
鉢やら細々と調達をして鉢植えをし、朝は外に出して。
夜は工房内にしまって。そのクニヒサの愛あってか
最後にやって来たにもかかわらず、上の写真では上段右
の2番目に大きなコになっております。


# by senshoku-iwasaki | 2021-08-30 23:40 | 岩崎のある日
「働く日の紬と織物」というテーマで。。。
『美しいキモノ」秋号で
『呉服屋で働く方々のON/OFFコーディネート術』
というコーナーで、染織こうげい浜松店の佐浦店長
さんがなんと!iwasakiの御柱織りで佐浦さんの
「洗いざらしのデニムのような」リクエストで制作
させて頂いた着物を取り上げてくださいました。

仕事着として一日中着物を着るプロに、お持ちの
たくさんの着物の中から一日着ていても心地よいと
チョイスして頂いて。
これ以上のお褒めの言葉は無いと思います。。。


「働く日の紬と織物」というテーマで。。。_f0177373_19114377.jpg
「働く日の紬と織物」というテーマで。。。_f0177373_19113661.jpg
しかも佐浦さん、帯揚げにもiwasakiのストールを
しっかりとご紹介してくださってますっ!
ありがとうございます(涙)!!

一日中着ていても心地いい、しょっちゅう着ていて
も飽きない、iwasakiの目指す『定番』です。
地味過ぎず派手過ぎず、でもせっかく時間をかけて
作るのだから、つまらないのはつまんない(笑)。
ユーザーさんと共に、様々なシーンで一緒に歴史を
重ねていけるような織物をと思って制作しています。

お陰様で染織iwasaki、来年は結成30周年。
今私たちはフル回転で、改めてiwasakiのド定番を
含めたラインナップを制作中です。
佐浦店長のお墨付き(!?)の『御柱織り』も!
更に充実させたいと思っておりますっ!

# by senshoku-iwasaki | 2021-08-23 23:30 | 着尺・帯
夏、真っ最中 浜松・まるたまの『緑茶あん最中』と、江の島・紀の国屋本店の『江の島最中』。
8月に入ってからiwasaki家には最中の頂き物が
ぽんぽんぽん!と3連発。。。
それも全部意匠系です。

まずは千葉の兄嫁さんから頂いたなごみの米屋の
ぴーなつ最中』からはじまったのですが。
以前このブログにも登場したことのある
『ぴーなつ最中』、なんと進化していまして。
甘煮落花生が餡に加わり、一段と美味しくなって
おりまして。おぉぉ。

そしてお世話になっている染織こうげい・浜松店
さんから頂いてしまったのは・・。
夏、真っ最中 浜松・まるたまの『緑茶あん最中』と、江の島・紀の国屋本店の『江の島最中』。_f0177373_17351069.jpg
こちらのかわいい猫の種(皮)の手作り最中。
まるたまさんはお茶屋さんとのことで、メインは
緑茶あんなのです。抹茶餡じゃない緑茶あん。
しっかりと苦みもあるこの緑茶あんが、本当に
美味しいのです。そこに同封のもち花入りの玄米
を緑茶あんに散らして種に挟んで食すとのことで。
そうするとあら不思議!あんだけつまみ食いした
ときの緑茶の苦みは消えて鼻から抜ける香ばしさ
と優しい甘みに・・メロメロです。。。

最後は前回『ぴーなつ最中』を一緒に食べた時に
はまだ小6だった息子から。
現在大学生なものの、コロナで大学生らしい活動
はほとんど皆無でして。この夏も山梨の幼馴染に
会いに行くことも、高校や大学の友人たちと遊ぶ
ことも出来ないまま。。。
夏、真っ最中 浜松・まるたまの『緑茶あん最中』と、江の島・紀の国屋本店の『江の島最中』。_f0177373_17351869.jpg
「ホントはさ、高校のときの仲間で海行きたい
ねーなんて言ってたんだけどね。ムリじゃん。
湘南にキャンパスのある友達と近況を話しながら
江の島を、ひたすら歩いてきたのよ。あとで
スマホ見てびっくり!18,000歩超えてた(笑)。
前に旅行で直島に行ったときにお母さん買ってた
みたいな最中売ってたから買ってきた~」息子。
『江の島最中』は3種類。はまぐり形はつぶあん
で、さざえはこしあん、ほたてはごまあんです。
餡はやわらかめで種の貝としっとり馴染んで。
海のある、観光地の和菓子屋さんの作る最中な
らではのカタチでしょうか。。。

あぁ。家族で夏休みにビンボー修学旅行をして
いた頃が懐かしいなぁ。直島また行きたいなぁ。
でも次行ける時には老夫婦だけかぁ。。。
子の成長は早いなぁ。。。





# by senshoku-iwasaki | 2021-08-15 19:47 | 最中